スタッフがお届けする現地ブログ

伊東の記事一覧

2022/07/23

8月末までの寿司会席紹介!

皆様こんにちは。 竹のうち洋食担当の川畑です。 今回は7月18日から始まった寿司会席を紹介をしたいと思います。 寿司会席は先付け、前菜、焚き物、食事、デザートの順番になります。 まず前菜の内容ですが、地魚の幽庵焼き、枝豆、酢取り茗荷、ちぎり揚げ、金目かまぼこ、とろ湯葉、なめろうフライになります。 焚き物のふじの国ポークの角煮は、和風テイストな白だしの角煮でさっぱりしていて食べやすい仕上がりにしております。 お寿司は握り地魚7種+巻物1種で、握りは金目鯛は必須、その他6種は日替わりの魚となります。絞り用の柑橘も付けておりますので、白身は塩と柑橘でさっぱりと召し上がってみてください。個人的にはおすすめです。 醤油は駿河湾深層水をブレンドした物を使用しており、普通の醤油とは旨味の感じ方が全然違います。今までの醤油の中で一番美味しいと思います。こちらの醤油はお造りにも同じ物を使用しているので、ぜひ召し上がりください。 寿司のシャリで使っている酢は、店で材料を合わせて(酢、砂糖、塩、黒酢、梅、胡麻)1週間寝かせて作っています。シャリを炊く時は昆布茶を少し入れてコクを持たせて、この酢と一緒に合わせています。   デザートは<丹那牛乳アイスと玉蜀黍のエスプーマ>です。 玉蜀黍は静岡県産の物を使用しております。中には牛乳、ハチミツ、生クリームで味を整えてエスプーマ(細かい泡状)にしてみました。軽い仕上がりにしておりますので、お寿司を食べた後の口直しには丁度良いと思います。 料金の方ですが、昨今の食材高騰等により、去年より値上げせざるを得なくなり、7,700円(税込み)にてご用意しております。何卒ご理解賜りますようお願い致します。 寿司会席は8月末までとなってます。年に1回だけの期間限定での寿司会席ですので、ご予約はお早めにお願いします。竹のうちのご来店心よりお待ちしております。

  • 0

  • 0

2022/07/02

伊東のブッフェが変わりました!

伊東のブッフェが進化しております!   どうもお久しぶりでございます。 レストランの井澤です。   私も伊東のハーヴェストに来て早1年。 伊東の沢山の良さに触れながら、なにかレストランで表現が出来ないものかと日々考えて参りましたが、この夏に向けて新たな試みを2つご紹介いたします。   まず1点が、かなれっじ新聞でも紹介した伊東オリジナルの手巻き寿司コーナーです。 地魚のお刺身やねぎとろ、地魚マヨ等海の街ならではの食材を使い皆さまでお好きなアレンジでお楽しみいただきます。 既にスタートをしていますが、初めていらしたお客様はもちろんの事、常連のお客様も新たに変わったブッフェをとても楽しんでいただいております。   2点目は、伊東温泉を使用した地獄蒸しです! 伊東のハーヴェストは自前の温泉を引いておりますが、その源泉を使って夏野菜や魚介、ポークなど日替わりでせいろ蒸しにして、食べても温泉からの元気をもらえるメニューをご用意いたしました。 温泉地ならではのメニューですが、伊東の温泉は硫黄の香りがとても少なく、香りはそこまで楽しむことはできませんが、海に近いこともあって温泉が塩っ辛いので蒸し物にした時には程良い塩味が加わり、味に深みを与えてくれています。   もうすでに暑い日々が続いておりますが、夏本番はこれからです! ドリンクメニューやラウンジメニュー、朝食ブッフェ、竹のうち朝食も含め、まだまだ沢山の新企画を考えて皆さまをお待ちしておりますので、是非この夏は伊東まで足を伸ばしてみてください! ※2枚目の写真は8/1~スタートのブッフェメイン『ふじのくにポーク 塩麹焼き』です。

  • 0

  • 0

2022/07/02

伊東の夏といえば・・・

皆さま、こんにちは(^^) お久しぶりです♪ フロントの杉本です。 毎日暑くてアイスが美味しく感じる季節になりましたね! 今年の夏もコロナ禍で毎日マスクが手放せませんが、いかがお過ごしでしょうか?   今回は伊東の海水浴場の情報をお伝えいたします。   ①オレンジビーチ 2022年7/16(土)~8/28(日) ●レスキュー・監視員配備時間:8:30~17:00   オレンジビーチはホテルから徒歩10分程の場所にある当館から1番近い海水浴場です!   今年も海のアトラクション「ウォーターパーク」が登場します。   縦15メートル、横20メートルの大きな遊具には、すべり台、跳躍器具、大型シーソーなど約20種類のアトラクションが満載です!ぜひお子様とご一緒に遊びに来てください! ※天候により時間変更、中止になることがあります   『利用条件』 ・小学校3年生以下は20歳以上の大人の同伴が必要(大人1名に付きお子様2名まで可) ・定員:1回につき20名 ・1回50分(入れ替え時間込み) 【料金】 大人 1,300円(高校生以上) 子供 1,100円(中学生以下) 伊東市民 一律500円   ②宇佐美海水浴場 2022年7/16(土)~8/21(日) ●レスキュー・監視員配備時間:8:30~17:00   ホテルから車で約10分 宇佐美駅より徒歩5分程の場所にある海水浴場です! 広々とした砂浜の海水浴場で、海水浴シーズン外だとサーフィンをする方に人気になっています(^^)   ③川奈いるか浜公園 2021年7/16(土)~8/21(日) ●レスキュー・監視員配備時間:8:30~17:00   ホテルから車で約15分 川奈いるか浜公園は川奈駅より徒歩20分程の場所にある海水浴場です! この海水浴場の魅力はなんといっても砂浜でなく玉砂利になっているので足が汚れない!というところです! ※ただ砂利が高温になっているのでサンダルは必須です!   伊東の海で夏の思い出を作りませんか? 雨の日でも当施設内の温水プールはご利用いただけます! ※入水される方はスイミングキャップの着用をお願いします   是非伊東へお越しください♪ お待ちしております!!

  • 0

  • 0

2022/06/30

かなれっじ新聞 第9号 ブッフェで手巻き寿司♪

皆さま、こんにちは! レストランの佐藤です。   あまりにも早い梅雨明けと気温上昇に、体がびっくりしてしまいますが、いかがお過ごしでしょうか? 熱中症など、体調不良にお気をつけくださいね💦   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   先日、レストラン【旬彩 tsu・ba・ki】の夕食ブッフェに、手巻き寿司のコーナーができました!! お席には空っぽのおひつ、ブッフェの寿司桶には酢飯をご用意しております。 お好きな具材をお皿に、酢飯をおひつにお取りいただいて、お席で手巻き寿司をお楽しみいただけます♪   ということで今回は、手巻き寿司について調べてみました。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   お寿司の歴史はとても古く、また全国各地に多種多様なお寿司が存在しています。 それらを丁寧に掘り下げると立派な論文が出来てしまうので、ここでは省略します。   太巻きなど多くの巻き寿司は、「巻き簾(まきす)」を使って綺麗に巻きます。 それに対し、手巻き寿司は、巻き簾を使わず手で巻きます。 読んで字のごとく、ですね。   由来について調べたところ、元はお寿司屋さんの裏メニューだった、江戸時代の賭場で手を汚さずに食べるために始まった、など諸説あることがわかりました。   その後、1980年代にお酢メーカーが手巻き寿司をテレビCMに取り上げた頃から、家庭で手巻き寿司を楽しむ文化が広がっていったそうです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   今回ブッフェで始まった手巻き寿司のコーナーには、ねぎとろや地魚マヨ、玉子焼き、グリーンカール(リーフレタス)などがございます。 お造りを隣にご用意しておりますので、こちらを手巻き寿司に巻いてお召し上がりいただくこともできます!   また、レストラン【旬彩 tsu・ba・ki】はメイン付きブッフェですので、途中でメインのお料理をお席までお持ちいたします。   7月10日までの期間限定ですが、「静岡を食べよう第45弾」として「近海お造り5種盛り」をメイン料理としてご用意しております。 ご予約は2日前の17時までとさせていただいており、期間も残り少ないので、ご希望の際はお早めにご連絡くださいませ。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   今回もお読みいただき、ありがとうございました!   【旬彩 tsu・ba・ki】の夕食ブッフェで、手巻き寿司と静岡の食材を、ぜひお楽しみください♪ レストランについての詳細は、 こちら からご覧いただけます。

  • 0

  • 0

2022/06/28

体感型動物園【iZoo(イズー)】に行ってきました!

こんにちは、フロントの大川です。 日暮れが早い季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は静岡県賀茂郡にある 体験型動物園【iZoo(イズ―)】 を紹介させて頂きます。 【iZoo(イズー)】は日本最大の爬虫類・両生類の動物園で、従来の動物園、水族館ではできなかった飼育体験や見学の仕方をご提案する、体感型動物園としてオープンしたそうです! ヘビやトカゲ等に触れることのできる体感ゾーンがあり、確かに体感型と言えます。 室内外に多くのヘビやトカゲが飼育されていて、時間によっては餌やりや講義等も開催されていました。 館内の通路が土で、リクガメが歩いており100円で餌の野菜を買って食べさせる事も出来ます。 またヘビを触らせてもらえ、普通の動物園にはないインパクトのある展示がなされています。 動物に興味のあるお子様はもちろん、大人の方でも楽しめると感じました。 小さなお子様から大人の方まで、普段触れ合う機会のない爬虫類・両生類たちと思う存分触れ合ってみてはいかがでしょうか。

  • 0

  • 0

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

施設一覧(ブログ数)