スタッフがお届けする現地ブログ

京都鷹峯 & VIALAの記事一覧

2022/05/19

庶民派フロントスタッフのお店紹介

楽しかったゴールデンウィークも過ぎ去り、皆様如何お過ごしでしょうか。 京都市内も少し落ち着きを取り戻し、青々とした新緑が目にしみる季節となりました(*^_^*) そんな時期に訪れるラーメン店がございます(/・ω・)/サッソクデスガ 京都のラーメン好きなら誰もが知っているラーメン店「中華そば ますたに」です。 創業は昭和23年、鶏ガラ醤油の背油チャッチャ系、所謂京都ラーメンの元祖ともいうべきお店です(; ・`д・´)キター 場所は銀閣寺の近く、今出川通りの疏水沿いにある小さなお店なんですが、少し離れた場所からでも濃厚で、どこか野性味漂う匂いを辿れば暖簾の前に着くはずです( -_-)クンクン ランチ時間も過ぎていたので少し待つだけで即入店、ラーメン麺固ネギ多めとライスを注文し、店内を眺めながら暫し昭和風情を楽しみます(*^_^*) 常連客の方々がラーメンを美味しく啜る音が心地よく、空腹に耐えかねた私のお腹までその波長に合わせて鳴り出しているよう... さながらヨハン・シュトラウス2世作曲の「美しく青きドナウ」の旋律とシンクロするような( ̄▽ ̄)ノタララララ-ン♬ …そんな夢見心地な世界に浸って暫くするとラーメンが着丼(lll ̄□ ̄)ハッ!! いただきます(^_^) 先ずはレンゲで背油がのったスープを一口(。-`ω-)ズズズ 濃厚な旨味が舌の根本まで広がり 美味い(うまい) 続いて中細麺をお箸でリフトアップ、勢いよく口に入れ、音を立てながら流し込み 美味い(マジうまい) 野性味溢れる背油濃厚スープと麺のからみが絶妙です やっぱ美味しいわ(o´_`o)シアワセー 京都の鴨川の源流を辿れば志明院があるように 京都ラーメンの源流を辿ればますたにに行きつくのではないかと思ってしまいます。 店構えはこじんまりとしてますが、銀閣寺方面にご観光の際に良かったら一度ご賞味下さいませ(*^_^*) 食後は軽く運動が必要ですね。 食後にカフェ茂庵まで行ってみるのも良いかも(; ・`д・´)ヨッシャイコー ※写真はラーメン大、麺カタ、ネギ多めとライスです。 ※背油多めもお薦めします。   【中華そば ますたに】 住所 京都市左京区北白川久保田町26 電話 075-781-5762 営業時間 平日10:00~19:00、日・祝日10:00~18:00 定休日 月曜・第3火曜 駐車場 3台(場所離れてますのでご注意下さい)

  • 0

  • 0

2022/05/16

齋藤総支配人、お元気ですか?

齋藤総支配人お元気ですか? 御朱印帳でございますが、おかげさまで皆様に好評でございます! それはさておき、、申し遅れました!こんにちは、フロントの中西です。   御朱印帳の販売より約3週間が経ち、ご購入頂いたお客様にお喜びのお言葉を頂きました! ありがとうございます☺   今回は、その御朱印帳が完成するまでの経緯(物語📚)を皆様にご紹介させて頂きます!! ハジマリハジマリ~👏   初めに、、 入社して3年目の私事でございますが、以前より旅のしおりを担当しておりました。 (今現在も、担当しております!!) それをきっかけに、那須へ移動されました齋藤が、 「京都鷹峯でオリジナル御朱印帳を作成できないかっ!」と考えたようです。   それからと言いますと、 何もない真っ白の用紙から、デザインを考え、試行錯誤を何回も繰り返し、 打ち合わせを重ねて、今のデザインを完成させることができました。 始めてのデザイン作成に、私は終始楽しく、作成に挑んでおりました🔥   表紙以外にも、 中に描かせて頂いております、ハンコのデザインや、 ご購入頂いた方には、お分かりだと思いますが、 左上にある紹介の用紙のデザインも全て担当させて頂きました(`・ω・´)ゞ 描いた絵が、そのまま採用されたことは、ものすごく良い経験だと実感しております。     ~ご購入頂きましたお客様へ~ またご来館頂いた際にお持ち頂きますと、次のページに一筆描かせて頂きます。 旅のしおりとしてでも承っておりますので、フロントスタッフまでお声がけ下さい。 ご購入を検討されている方もぜひ、 旅のしおりをきっかけに、御朱印帳のご購入を検討されてみてはいかがでしょうか(o^―^o) 本館スロープカー乗り場にて、サンプルもございますので、 ご来館の際は、ぜひお手に取ってご覧下さい!   皆様のご来館をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

  • 0

  • 0

2022/05/16

2024年の大河ドラマ!紫式部ゆかりのお寺

皆様こんにちは! フロント嶋田です♪ 先日、2024年の大河ドラマが源氏物語を著した紫式部の一生を描いた『光る君へ』に決まりましたね! 紫式部が源氏物語を起筆した地と言われている石山寺へ早速行って参りました! 訪れた日は年に一度開催される青鬼まつりが行われる日で、 杉の葉で作られた大きな青鬼や、法要、青鬼踊りなど行われていました。 お祭りの後は青紅葉美しい参道を通り抜けお寺の中へ! 本堂で御朱印を頂き (御朱印帳はもちろん、当館オリジナルの御朱印帳( ´ ▽ ` )  販売が始まってすぐに購入しました♪) 期間限定で青紅葉の印を押した御朱印でした! 境内の奥へと進むと国宝に指定されている多宝塔や紫式部像もあります。 ブログでは紹介しきれない見所もたくさんあるので、 ドラマが始まるまでに是非!実際に訪れ、楽しんでみて下さい!   ○石山寺○ 所在地 滋賀県大津市石山寺1-1-1 拝観時間 8:00〜16:30(最終入山 16:00) 拝観料 小学生 250円 中学生以上 600円 アクセスJR『石山駅』から京阪バスで約10分  又は、京阪石山坂本線『京阪石山寺駅』徒歩約10分 (お車をご利用の際は当館から約1時間)  

  • 0

  • 0

2022/05/09

『鈴木敏夫とジブリ展』

こんにちは、フロント中井です。   本日は、京都文化博物館で行われております「鈴木敏夫とジブリ展」をご紹介いたします。   スタジオジブリの鈴木敏夫さんといえば、高畑勲監督、宮﨑駿監督と共に数々のアニメーション映画を生み出してきた名プロデューサー。   こちらの展覧会では、その生い立ちや時代背景とともに、鈴木プロデューサーがこれまで「読んできた本」が紹介されています📚📚   鈴木プロデューサーが、それらの本からどのような影響を受けてきたのか。 また、それらはジブリの作品たちを世に送り出す際にどのようにつなげられていったのか? 展示を通して、鈴木プロデューサーやジブリ作品について理解を深めることが出来ます!   高畑勲監督や宮﨑駿監督とのエピソードや、作品制作に関する裏話なども展示されていましたので、「鈴木敏夫とジブリ展」を訪れた後は、これまでとは違う視点でジブリ作品を楽しむことができそうです👀   そして、こちらではおみくじをひくことができます! 開運と恋愛、どちらか一方を選んで約3mにもおよぶ大きさの湯婆婆や銭婆の口を覗くと、薬湯の札のようなものに数字が書かれています。 同じ数字が書かれた薬箱を開けると・・・そこには湯婆婆、銭婆からのアドバイスが!!   おみくじをひけるのはお1人様につき1回のみですが、湯婆婆と銭婆からの説得力ばつぐんのアドバイスに大満足でした(^^♪   また、こちらには一部フォトスポットが設けられており、なんとトトロと一緒に写真をとることができます!🍃🍃 平日のみ写真撮影が可能ですので、ぜひ平日に訪れてみてください(*'▽')   わたしのおすすめスポットは1階のチケットうりば前にございます「千と千尋の神隠し」の油屋を千尋が見上げている、大きなタペストリーです。 千尋の横に立って一緒に油屋を見上げたお写真を撮ってみてはいかがでしょうか📸✨     ○アクセス  京都文化博物館   〒604-8183 京都市中京区三条高倉   ⇒地下鉄「烏丸御池駅」5番出口から三条通りを東へ徒歩3分   ○会期  6/19㈰まで   ○休館日  月曜日   ○開館時間  10:00~18:00  金曜日は19:30まで   ※入館は閉館の30分前まで   ※館内の混雑状況により、入場規制や整理券配布が行われますのでご注意ください   ○チケット  一般・大学生1,600円  中・高校生1,300円  小学生1,000円   ※未就学児、障がい者手帳等をお持ちの方と付添の方1名まで無料(要証明)      ※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください   🔗  公式サイトはこちら    

  • 0

  • 0

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

施設一覧(ブログ数)