スタッフがお届けする現地ブログ

京都鷹峯 & VIALAの記事一覧

2022/09/20

シダネルとマルタン展 最後の印象派

皆様こんにちは!フロントの中西です。 今回は、京都駅にある美術館をご紹介させていただきます。 ジェイアール京都伊勢丹7階に隣接している、美術館「えき」KYOTO 9月10日より開館25周年を記念して、 【シダネルとマルタン展 最後の印象派】が開かれております🖼 19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍した 「アンリ・ル・シダネル」と「アンリ・マルタン」 2人は、共に印象派、新印象派の流れを汲みつつ、 最初の出会い以降、生涯にわたり親交を深めましたが、 北と南に別れ、それぞれ独自の画風を築きました。 本展では、これまで日本で紹介される機会の少なかった、 2人の画家の画業を9つの章に分けて紹介されております。 私が実際に見て思うには、 風景がシダネル、人物がマルタンかなと感じました。 2人の独自の画風が、見る方によって変わってくるので、 とても楽しいひとときを味わえます。 写真撮影は禁止ですが、中には撮影OKの作品もございます📸 ぜひ皆様も、2人の画風に癒されてみてはいかがでしょうか。 ◇会期◇  2022年9月10日(土)~2022年11月6日(日) ◇時間◇  10:00~19:30 ◇休館日◇  会期中無休 ◇観覧料◇  一般 1,100円(900円)  高・大学生 900円(700円)  小・中学生 500円(300円)  ※( )内は前売および身体障害者手帳提示の本人と付添1名の料金 ◇アクセス◇  京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町  ジェイアール京都伊勢丹7階隣接  

  • 0

  • 0

2022/09/15

庶民派フロントスタッフのお店紹介

京都のラーメン店は地元の人達と全国からお越しの観光客の皆様という多くの方々のお腹を満たすために日々精進しております(^_^) そんな強豪ひしめく京都のラーメンを麺で支えているお店がございます(lll ̄□ ̄) エッ?ナニソレ?? 名前は「近藤製麺工場」 創業90年、京都の有名ラーメン店である新福菜館や第一旭を筆頭に全国約200店のラーメン店を顧客にもつ老舗製麺所です(゚ε゚*)ナルホドー 実はその近藤製麺工場が自ら立ち上げた直営ラーメン店が京都にございます(#゚Д゚) ナヌー‼ それが今回ご紹介する「ラーメン藤 本店」です。 製麺工場を営みながら1972年に創業、麺を楽しむのならここを訪れるべし的なお店です( ̄ー ̄)b 店内は長~いL字型のカウンター席になっており、年季の入った熟練スタッフが黙々とラーメンを作っております。 カウンターに鎮座し一声 「ラーメン、バリカタで」 食欲をそそるこのお店の赤いカウンターはいったい何メートルあるんだろうと、50円のゆで卵を食べながら暫し考えていたところで(・~・)ハムハム ラーメンが着丼♫ 「いただきます」ヽ( ̄▽ ̄)ノ♪ 具材はチャーシュー、もやし、そして九条ネギがこんもりと盛られたシンプルなスタイル レンゲで葱を押し沈め、豚骨醤油スープに馴染ませます。 先ずはスープを一口 あっさりとしつつも濃厚な旨味が食欲をそそります。 具材を掻き分け中細ストレート麺を箸で引き揚げます。 表面だけ薄っすらと透明な麺は中の芯を上手く残した茹で加減、綺麗にアルデンテに仕上がっております。 いつものように勢いよくズルズル~と口に入れ、頬張りながら麺を堪能すると、小麦粉の味がストレートに伝わり至福のひと時(o´_`o) スープとの相性もよく、むしろ麺を楽しんでもらう為にこのスープでさえ黒子に徹しているような感じがします。 で、すぐさま「替え玉、バリカタで」( ̄へ ̄)モートマラン 麺以外の具材にあまり手を付けなかったのは替え玉する為です。 麺を食べ終えるタイミングで替え玉到着 器に流し込んで改めて心ゆくまで麺を堪能しました(*^_^*) お車で名神南インター経由でお越しの際、またはお帰りの際に良かったらお立ち寄り下さいませ。 ※写真はラーメン¥800と替え玉¥100です。 【ワンポイントアドバイス】 麺を硬めで注文すると、他のお店の硬めに慣れ親しんだ方には少し柔らかく感じるかもしれません。 硬め好きな方にはバリカタをお勧めします(-人-)♪ゴチソウサマデシタ     【ラーメン藤 本店】 住所 京都市南区東九条南石田町111-1(久世橋通り烏丸東入ル) 電話 075-661-3839 営業時間 10:00~22:00 ※毎月第二水曜日は17:00閉店 定休日 木曜 駐車場 有り

  • 0

  • 0

2022/09/05

アイスワイン

こんにちは レストランの三林です。   本日はレストランで販売している、ワインをご紹介します。   食後酒、デザートワインのアイスワインでございます。 食後酒は食後のデザートからの流れで甘口のワインをのみ、ディナーの余韻を楽しむという意味合いがあります。   ただいま取り扱っているのはドイツ、南西にあるファルツ地方のフリードリヒ・ベッカーさんの「ピノ・ノワール・アイスヴァイン」です。 真冬にマイナス8度まで下がった葡萄畑で凍結したぶどうをそのまま搾りつくられたアイスワイン。黒葡萄由来のオレンジのような果実味ととろりとしたコクを愉しめる一品でございます。   デザートにコーヒーや紅茶と合わせるのも良いですが、アイスワインと合わせてみてはいかがでしょうか。 興味があればどのタイミングでも良いので「デザートと一緒に、後でアイスワインを」とお声がけ下さい。   ホテルハーヴェスト京都鷹峯 リストランテ「オルティーヴォ」 TEL:075-491-0109 営業時間 カフェラウンジ 13:00~16:00 BARラウンジ 18:00~22:00 ディナー(予約、二部制、コース料理) 17:20~                                               19:30~

  • 0

  • 0

2022/09/03

ブドウ畑でお手伝いさせていただきました!

みなさまこんにちは。レストランの宮田です^ー^   暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。   少し遡った6月下旬のことですが、丹波ワインさんにお邪魔して畑仕事をお手伝いさせていただきました!   この日お手伝いさせていただいたのは、枝の誘引作業。枝が真っ直ぐ上に伸びるように、そして無駄な所に栄養が行かないよう余分な枝を切り落とす作業です。   この作業をすることで均等に日光が当たるようになり、ブドウがすくすく元気に育ちます。また、病気の予防にも効果的です。   日差しに照らされながらの作業は決して楽なものではありませんが、この日は朝から夕方まで頑張ってお手伝いさせていただきました! 枝が生い茂っている木の誘引作業はなかなか思うようにいかず大変でしたが、なんとかやり遂げることができました。   普段何気なく飲んでいるワインですが、手元に届くまでこうした作り手の苦労や葛藤があり、ブドウに対する様々な想いがこもっていると考えると非常に感慨深いです(°_°)   良いワインは良いブドウから。こういうことなんですね。それを実際に肌で感じることができただけでも大きな勉強になりました!   品種によってまちまちではありましたが、だいぶ結実していたので、今後の成長も楽しみでした。 そして、今年は既に収穫が始まっているそうで、機会があればお手伝いに行く予定です!昨年のように雨に悩まされないことを願います。。。

  • 0

  • 0

2022/09/02

暑い時期こそスープカレーはいかがでしょうか?

夏休みシーズンも終わりを迎えたものの、まだまだ暑さが残る日が続いております。 夏バテで食欲が湧かない方もいらっしゃるかと思いますが、 こんな時期こそカレーはいかがでしょうか?   今回ご紹介するのは、「カレー屋ひろし」さん。 こちらのお店は、ちょっと珍しいスープカレーの専門店です!   私はチキンカレーを注文してみました。 画像でもお分かりの通り、大きな骨付き肉が入っています。 お肉は十分に煮込まれていて、フォークで簡単にほどける程柔らかく、見た目以上に食べやすくて美味しかったです😋   カレースープはスパイスが効いていてどんどんご飯が進みました! スープ状の為、スッと口に含みやすくて食欲のない時でも食べやすいと思います。   スープの辛さは、0辛~50辛まで選ぶ事が出来ます。 辛い物がお好きな方は50辛を挑戦してみても良いかもしれませんね!   もともとカレーが好きな方はもちろん、食欲が落ち気味な方も是非一度お立ち寄りしてみてはいかがでしょうか?   名称  :カレー屋 ひろし 所在地 :京都府京都市中京区西ノ京御輿岡町27−7 アクセス:嵯峨野線円町駅より徒歩10分        

  • 0

  • 0

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

施設一覧(ブログ数)