スタッフがお届けする現地ブログ

京都鷹峯 & VIALA

丹波ワイナリー見学【ワイン樽の香りと不思議】

2021/10/05

  • 0

  • 0

皆様こんにちは!

レストラン副島です('◇')ゞ

 

今回はワインの樽の隠れた香りと不思議な音についてです(^^)/

 

丹波ワインナリーさんでは

多くは、オーク樽でワインを熟成しています。

オーク樽はカシの木で作られていて

1つの樽で約300本のワインが出来るそうです。

樽の隠れた香りの正体それは、、、、

【バニラの香りです!】

ちょっとピンとこないですよね。

樽の木にはバニラの香りとなる、バニリンという物質が含まれおり、

そのおかげでバニラの香りが、ワインにほんのりつくそうです。

バニラの香りも無限ではないので、

香りが薄くなると樽の中の木を削って

また香りがつきやすくなるようにするそうです。

逆に香りを薄くしたい時は樽の中をしっかりと焼くそうです。

香りを楽しむお酒のワインでは

こういう知られざる工程が大事なんだなと勉強になりました。

 

次は不思議な音についてです(≧▽≦)♪

その音は白ワインの樽から

シュワシュワと聞こえてきました。

「なんだこの炭酸ジュースみたいな音‼︎‼︎」

この音は発酵の段階で発生する炭酸ガスの音で、この音こそが発酵ができているサインだそうです。

なんだか生きているみたいですね!

 

今回は本当にワイン作りのごく一部を

書かせていただきました。

 

次回《ワイン造りは子育てみたい!》


  • 0

  • 0

この記事が楽しめるのは京都鷹峯 & VIALA

京都鷹峯 & VIALA

〒603-8451 京都府京都市北区衣笠鏡石町47

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

施設一覧(ブログ数)