スタッフがお届けする現地ブログ

南紀田辺の記事一覧

2022/05/16

はじめまして!

皆さま、はじめまして。4月より東急ハーヴェストクラブ南紀田辺のフロントとして入社いたしました坂本と申します。まだまだ緊張してばかりですが、少しでもお客様が快適なお時間を過ごすことに、お力添えできたらと日々勉強しております。どうぞよろしくお願いいたします。 さて、今回私がご紹介するのは、田辺市本宮町にあります湯の峰温泉でございます。硫黄の匂いが漂う温泉街に、ゆの花いっぱいの温泉!昔からの古い造りの宿が川沿いに並び、目を奪われる景観です。川沿いには湯筒があり、近くのスーパーで購入した卵や野菜を、湧き出る温泉で茹でて食べることができます。 川のせせらぎを聞きながら食べる茹でたての卵は格別で、旅の良い思い出になること間違いなしです。茹でる時間は卵が11分、野菜が1時間ほどかかるのですが、手が空いてしまうその時間で、世界遺産に登録されている唯一の温泉「つぼ湯」に足を運んでみるのはいかがでしょうか。湯船は大人が2名も入ると満杯の大きさです。しかし湯ざわりはとてもよく、1日に7回も湯の色が変化すると言う濁り湯も堪能できますので、ご夫婦やご家族、カップルでもお勧めです。 当館に宿泊の際は、ぜひ風情いっぱいの湯の峰温泉も行き先の候補に入れてみてくださいね。   当館より車で約1時間 住所  和歌山県田辺市本宮町湯の峰110番地 つぼ湯 営業時間 6時~21時   湯筒 営業時間 5時~22時                                                  

  • 0

  • 0

2022/04/29

海鮮ランチ CBASE

皆様こんにちは、フロント山田です。   最近まで暖かい陽気が続いていたかと思えば、突然の雨続きで朝晩の寒暖差により体調を崩しやすくなっております。 皆様どうぞお身体にはお気を付けくださいませ。   さて、今回ご紹介するのは白浜町にあります「CBASE(シーベース)」です。   こちらは昨年の11月よりオープンした海鮮ランチを提供する食堂です。   こちらは鮮魚の卸売や加工を行う「カネヒロ水産」のオーナーさんが経営されており、同社で扱う魚介類を使った料理の提供や冷凍の魚介・加工品を販売されています。   今回私は「海鮮ユッケ丼」をいただきました。 こちらなんと海鮮ユッケ丼だけでなく、小鉢数種とお味噌汁も付いてきてボリューム満点で950円と大変お手頃でした。   お腹を空かせてから行きましたが、完食後は夕飯が不要なほどお腹いっぱいになりました。笑 大変美味しく、ボリューム満点で大満足でした!!   皆様も行く際はお腹を空かせてから行くことをオススメします! 是非鮮魚ランチをご堪能ください!   ●インフォメーション 場所:白浜町3300-14 一際目立つ外観の為目につくと思います。笑 ※2階はゲストハウスです。   営業日時:毎週金、土、日曜日 11:30~14:00 ※新型コロナウイルスに伴い急遽変更になる恐れがある為、行く際は店舗へお問い合わせください。 TEL:090-4564-0050   席数:12席 お席のご予約は受付不可 お越しいただいた方から順番にご案内   駐車場:斜め向かいのOSパチンコ屋さん提携中   メニュー インスタグラムにて掲載中。 https://instagram.com/cbase1013?igshid=YmMyMTA2M2Y=

  • 0

  • 0

2022/04/10

パンとカフェの店 nagi

皆様、こんにちは! フロントの福田です! 寒さもまだ少し続きますが、以前より暖かくなってきたかなと思います。最近目が痒く、病院へ行きアレルギー検査をすると、花粉症だと言う事が判明しました。元々は花粉症ではなかったのですが…。体調管理にも気を配り気持ちの良い接客をしたいと思います!   さて、今回私がご案内するのが串本町にある「パンとカフェ nagi」という焼きたてのパンが食べることができるお店を紹介いたします。お店はご夫妻でされており、「木陰」をイメージした木造造りをしていて物凄くお洒落です。奥様に聞いたところ、「パンは日常のもので、パンをお持ちかえりしてもらったり店内で食べて欲しい…」という思いでお店をOPENしたそうです。   店内に入ると、すぐ正面には沢山の美味しそうなパンが並んでいます。中央テーブルにはタルトやデニッシュ、季節限定のパンなどがメインに沢山並べられていました。 一度外に出て裏庭へと回ると、カフェ屋さんもありました。購入したパンを持ち込みをすることが出来るらしく、購入したパン、それからおすすめのピザと期間限定ドリンクを頂きました。   店員さんも笑顔がステキで、ずっとお店の中でゆっくりと出来る、時間を忘れてしまう一日でした。お洒落なカフェに行きたい、パン好きの方は一度行ってみてはいかがでしょうか! ------------------------------------------------------------------------------------- ■住所:和歌山県東牟婁郡串本町大島1158 ■TEL:0735-65-0065 ■定休日:月曜、火曜(祝日の場合は営業) ■営業時間:9:00〜18:00 *カフェは10:00〜18:00(L.O.17:30)

  • 0

  • 0

2022/03/13

シーカヤック体験イベント

こんにちはフロントの杉山です。 先日6日をもって和歌山県は蔓延防止が解除となりましたが、まだまだ全国的にも感染者も増えております。 皆様もどうかお身体にはお気を付けください。 今回は4月に行いますシーカヤックイベントをご紹介いたします。 4月17日にホテル近くの海にてシーカヤックイベントを開催いたします。 シーカヤックに乗りながら波の音、豊かな自然を満喫しましょう。 知識豊富なガイド付きで、初めての方でも楽しめます。 お子様連れも歓迎! ご参加お待ちしております。 【シーカヤックイベント】 日時:2022年4月17日(日) 8:00 ~ 12:00 場所:ホテル周辺の海にて 募集人員:10名 (2名未満中止) 締め切り:4月7日(木) 参加料: ■金額は1艇の利用人数により次の通り 大人1名で利用・・・8,000円 大人2名で利用・・・13,000円 大人1名と小学生1名で利用・・・10,000円 大人2名と小学生1名で利用・・・15,000円 ※当日レイトチェックアウト17:00まで無料 ご予約・お問い合わせ: 東急ハーヴェストクラブ南紀田辺 フロント TEL0739-25-6109 お客様のご参加お待ちしております。

  • 0

  • 0

2022/02/27

紀州石神☆田辺梅林☆

紀州石神 田辺梅林  皆さまこんにちは、フロントの松本です。   新型コロナウィルスの第6波がいまだ猛威を振るっており、和歌山県はまん延防止措置が3月6日(日)までとなってます。 感染者が少しずつしか減らない中、政府は10都府県の延長で調整しているとのニュースを目にしました。 和歌山県は解除されそうですが、まだまだ感染対策は必須ですね! ホテルでもマスクの着用、手洗い・うがい・消毒の徹底をお願いしています。 どうぞよろしくお願い致します。   さて今回、ご紹介させていただくのは、紀州石神田辺梅林でございます。   田辺梅林は梅の産地・田辺市を代表する梅林で「一目30万本」と謳われます。 眼下に広がる梅畑が太平洋に向かって山々と共に折り重なる様は、梅林の醍醐味となっています。 ※田辺観光協会ページより抜粋   本年度も2月11日~3月6日までの開園を予定していたそうですが、残念ながら開園は中止になりました。 売店やイベントも中止ですが、園内は自由に散策できますので、梅のお花を一度見に行かれてみてはいかがでしょうか♪ 私が行った2月23日はまだ咲き始めだったので、少し残念でした。 今週から気温が上昇すれば、梅の開花が進むと思います。   南紀田辺ICから 国道42号バイパスを串本方面へ走り、秋津町交差点を左折し、県道29号を龍神方面へ。 奇絶峡トンネル通過後、すぐ左折して県道208号へ。 ICから約30分ほどかかります。カーナビ利用の際は田辺梅林で検索してください。 駐車場 約30台あり(無料)   ◆お問い合わせ◆ 紀州田辺観梅協会事務局(田辺市観光振興課内) TEL0739-26-9931

  • 0

  • 0

2022/02/15

ひな人形 3月3日まで展示しております☆彡

皆様こんにちは。 暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いております。 皆様どうぞご自愛くださいませ。 コロナ禍で毎日、嫌なニュースばかりで少々滅入っている野口ですが、今回は毎年恒例のフロント前に飾ってある「ひな人形」をご紹介して皆様と共に「ほっこり」と癒されたいと思います! この大きなひな人形ですが、なんとお客様にいただいたものです。 「そんなに大きいの?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますので、お越しの際には是非お写真をお撮り下さい☆ 3月3日まで展示しております!! ちなみに、雛人形の並べ方ですが、関東と関西で違いがあるのをご存知でしょうか? 厳密に言いますと関東雛は向かって左側に男雛(お殿様)が座っておりますが、京都雛は向かって右側に男雛(お殿様)が座っております。 日本古来から、左は右より格が高いとされ(左方上位)、お殿様が左側(向かって右側)、お雛様が右側(向かって左側)に座っていました。しかし、明治時代、西洋文化が伝わると右が上位という国際儀礼の考えが入って来て、大正天皇が即位する時に、洋装の天皇陛下が西洋スタイルで、皇后陛下の右に立たれたことから、関東では新しい考え方を取り入れた風習が広まったと言われています。   関西など、古来の習慣を大事にする地域では、現在でも昔風に左上位で飾っているんですね♪ 南紀田辺は関西ですが、現在の主流の飾り方とさせていただきますので悪しからずご容赦ください!!笑  

  • 0

  • 0

週間人気記事ランキング

月間人気記事ランキング

施設一覧(ブログ数)