有馬六彩

【2020年07月21日】石麻呂に、我れ物申す

石麻呂に、我れ物申す
   夏痩せによしといふものぞ、鰻捕り食せ  
                         大伴家持(おおとものやかもち)

皆様こんにちは。本格的な夏を思わせる厳しい暑さが続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回ご紹介致しますのは、7月21日と8月2日にございます「土用の丑の日」です。

「土用」とは、古代中国における自然哲学の五行思想に基づく季節の変わり目を意味し、立春、立夏、立秋、立冬の直前の約18日間を指します。
一般的な土用の丑の日は夏に用いられ、一年に1日か2日あります。2日ある場合は、初めの1日目を一の丑、2日目を二の丑と言います。
暑い夏に栄養価の高い鰻を食べる習慣は、このブログの初めに書いた和歌の様に、万葉集にも詠まれる程日本古来からの風習です。
土用の丑の日に鰻を食べる習慣となったのは、1822年に当時話題を集めた「明和誌」に、1772年から1788年よりの風習であると記されています。
鰻を食べる風習の由来は諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案した説が最もよく知られています。平賀源内は江戸時代に天才、異才と評される人物で、彼の有名な杉田玄白の友人でした。
源内説はいくつか細かな違いがありますが、要約すると「夏に鰻を売れない鰻屋が、源内の元に相談へ赴いた。源内は店先に「本日丑の日」と貼るように勧め、鰻屋は大繁盛した。他の鰻屋も真似る様になり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した」
約二百年前、最も盛んに土用の丑の日に鰻が食べられた当時において、鰻は暑い夏を乗り切る為の貴重な栄養源だった事が窺がえます。

そして、有馬六彩でも暑い夏を乗り切る為に、美味しい鰻を提供しております。
レストラン万彩では、ひつまぶしを初め、和のメイン付ブッフェのお料理として、鰻の白蒲焼を提供しております。
二の丑、8月2日の土用の丑の日は、是非有馬六彩で美味しい鰻をお召し上がりくださいませ。

※画像 平賀源内
※メイン付ブッフェは前日までの要予約でございます。鰻の白蒲焼は、7月のみの提供となっております。

Entry by レストラン 徳永

最近のブログ記事

【2020年09月25日】【Rapporti(ラッポルティ)】

皆様こんにちは。残暑もやわらぎ、爽やかな秋風の吹く頃となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。朝夕と昼の寒暖差が厳しく...

【2020年09月11日】秋のフルーツ狩り情報

皆様、こんにちは。フロントの住吉です。秋の気配が少しづつ感じられる穏やかな季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょう...

【2020年08月31日】神戸牛をお手軽に…?

皆様、こんにちは。35℃を越える猛暑も終わり、秋の足音が聞こえてくる時期となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。今回...

【2020年08月31日】安心と安全

皆様こんにちは。未だ和らぐ事のない厳しい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。様々な出来事がありましたが、...

【2020年08月28日】秋のオススメ!イタリアンカクテル

皆様こんにちは。夏も終わりに近づいておりますが、まだまだ30度を超える日々が続いております。皆様、熱中症にはお気を付け下...

年別アーカイブ

2020年
2020年09月(2) 2020年08月(9) 2020年07月(8) 2020年06月(7) 2020年05月(4) 2020年04月(9) 2020年03月(8) 2020年02月(8) 2020年01月(8)
2019年
2019年12月(7) 2019年11月(1) 2019年10月(6) 2019年09月(6) 2019年08月(4) 2019年07月(7) 2019年06月(9) 2019年05月(13) 2019年04月(9) 2019年03月(8) 2019年02月(9) 2019年01月(6)
2018年
2018年12月(4) 2018年11月(5) 2018年10月(7) 2018年09月(4) 2018年08月(12) 2018年07月(9) 2018年06月(2) 2018年05月(5) 2018年04月(3) 2018年03月(3) 2018年02月(4) 2018年01月(10)
2017年
2017年12月(11) 2017年11月(9) 2017年10月(5) 2017年09月(10) 2017年08月(8) 2017年07月(12) 2017年06月(4) 2017年05月(11) 2017年04月(4) 2017年03月(8) 2017年02月(6) 2017年01月(4)
2016年
2016年12月(7) 2016年11月(4) 2016年10月(10) 2016年09月(6) 2016年08月(8) 2016年07月(13) 2016年06月(8) 2016年05月(7) 2016年04月(5) 2016年03月(9) 2016年02月(3) 2016年01月(5)
2015年
2015年12月(10) 2015年11月(12) 2015年10月(8) 2015年09月(13) 2015年08月(7) 2015年07月(13) 2015年06月(7) 2015年05月(15) 2015年04月(10) 2015年03月(12) 2015年02月(13) 2015年01月(7)
2014年
2014年12月(8) 2014年11月(12) 2014年10月(8) 2014年09月(7) 2014年08月(6) 2014年07月(10) 2014年06月(7) 2014年05月(10) 2014年04月(2) 2014年03月(3) 2014年02月(7) 2014年01月(3)
2013年
2013年12月(9) 2013年11月(12) 2013年10月(4) 2013年09月(4) 2013年08月(2) 2013年07月(7) 2013年06月(6) 2013年05月(11) 2013年04月(10) 2013年03月(7) 2013年02月(1) 2013年01月(5)
2012年
2012年12月(2) 2012年11月(3) 2012年10月(1) 2012年09月(4) 2012年08月(4) 2012年07月(6) 2012年06月(3) 2012年05月(2) 2012年04月(2)
2011年
2011年12月(2) 2011年11月(4) 2011年10月(1) 2011年09月(1) 2011年04月(1) 2011年03月(2) 2011年02月(1)
2010年
2010年12月(2) 2010年11月(2) 2010年10月(2) 2010年09月(1) 2010年08月(3) 2010年07月(3) 2010年06月(2) 2010年05月(1) 2010年04月(3)
1970年
1970年01月(1)