スタッフがお届けする現地ブログ

軽井沢 & VIALA

2022/05/10

ワークショップに参加してみました!

こんにちは、スタッフの鈴木です。   今年のゴールデンウィークは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか? 軽井沢は少し賑わいを取り戻した印象で、とても嬉しく感じました😆   ハーヴェストクラブ軽井沢では定期的にワークショップを開催していまして、 ゴールデンウィークを含む先週いっぱいも様々な先生をお招きしておりました😄 ちょうどその時期に休みがありましたので、ワークショップを体験して参りました❣   今回体験したのは、国産のロウを使った、美しいキャンドルを作れるワークショップになります😆 並んだ見本のキャンドル達を見ているだけで満足してしまいそうになりますが… 作ってみてこそより楽しめますので、チャレンジして参りました!😄   様々なテーマのキャンドルがある中、お手本の作品に目移りしつつ… 「キャンドルの森」作りに挑戦してみました! (見本のキャンドルは、枝や葉を取り入れ、柔らかな森の雰囲気を表したキャンドルでした✨) 作りながら先生にお話を伺ってみると、工房のお名前である「キャンドルの森」から インスピレーションを膨らませて生まれた作品だそうで… 暮らしと緑が溶け込む軽井沢にも、とても親しみのあるテーマなのかなと思いました😌   初夏と湖をイメージしながら、1時間半ほどで完成しました✨💪 素材があまりにも多くて焦りましたが、先生が私の定まらないイメージを導くように丁寧にアドバイスをしてくれたので、どうにか形になりました! 容器や中に入れる素材は変動があるようで、一期一会の出会いを楽しめます😍 (今回の私の推しはミモザでした☆   作りながらどんどんイメージが湧いてくるので、 気になっていたけれど難しそうで…という方はぜひご体験ください! とても楽しいです!! 実は私2も回目のリピーターです🤭 休みがあえば、また行っていると思います😋 (5回以上体験頂いているお客様も居らっしゃるそうです!)     ドライフラワーから酸素が出るので、キャンドルを作った後しばらくは気泡が目立ちますが… (一昨年の冬に作ったものは1年かけて気泡が抜けました) 光を含んだ、大小様々な気泡は、水の底から上を眺めるようななんとも言えない輝きを放ちます😌 また、どうしても色味がくすんでしまうドライフラワーがロウの中で鮮やかさを取り戻していく様も、 個人的にはお気に入りの経過です😆😆😍😍     今回ご紹介したのはキャンドル作りでしたが、他にも魅力的なワークショップを定期的に開催しています! 軽井沢の思い出づくりにいかがでしょうか? ホームページにイベント情報として順次掲載しておりますので、ぜひご覧ください😆😆  

  • 0

  • 0

斑尾

2022/05/06

ゴールデンウィークイベント【こいのぼりをつくろう!】延長のお知らせ

皆様こんにちは! フロントの永坂です。   若葉萌える好季節…というには少し暑すぎるくらいの5月ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。   現在斑尾ではゴールデンウィークイベント【こいのぼりをつくろう!】を開催しております。   既に沢山のお客様にご参加頂き、お陰様で写真の通りタングラム棟のラウンジを彩るこいのぼりは見事に三密状態となっております。 本当にありがとうございます。   イベントの開催期間につきまして、予想を超える沢山のお客様からご好評頂き、当初ゴールデンウィーク限定でしたが5月いっぱいまでイベントを延長することが決まりました。 斑尾にお越し頂いた際は、是非オリジナルこいのぼり作りに挑戦して下さいませ。   参加したかったけど、ゴールデンウィークに斑尾へ行けなかった…そんなお客様、まだ間に合います。お子様も大人の方も大歓迎です。 ハーヴェストクラブ斑尾では、スタッフ一同、そして色鮮やかなこいのぼりが皆様のお越しをお待ちしております。

  • 0

  • 0

伊東

2022/04/24

修善寺で紙漉き体験!!

皆様こんにちは! 今回は修善寺にございます「紙谷和紙工房」さんで、紙漉き体験をしてきましたので、ご紹介いたします。 ここは古くから全国的に名が知られている、伝統のある修善寺紙を今なお、継承している工房です。 修善寺紙の起源は定かではありませんが、1444年に出版された『下学集』に修善寺紙の記載があります。 この時代にはすでに広く知れ渡っていたことがわかりますね。 確証はないのですが、1,000年頃に書かれた「紫式部日記」に修善寺和紙と思われる記述があり、800年頃にはすでに誕生していたのでは?とも言われております。   肝心の紙漉き体験ですが、とても楽しかったです。 最初は先生の補助で紙漉きが体験でき、丁寧な指導がありましたので、何とか形にすることができました。 和紙に花を散らして彩りを加えることができ、世界に一枚だけの自分の和紙を作ることができました。   全国に名の知れた伝統芸能を体験しに、皆さまも是非一度お立ち寄りください。   住所:静岡県伊豆市修善寺1302-1 (ホテルから車で40分程)​​​​​​ ホームページはコチラ!

  • 0

  • 0

那須/那須Retreat

2022/04/22

5、6月コース!陽のコースメインの変更も!?

こんにちは。レストラン小笠原です! お天気の良い日が続き、桜から若葉が芽吹き始め新緑になっていきますね。 桜は散った後、来年の為に咲く準備をする…なんてどこかで聞いたことがあります。 満開の桜を見るとすごく幸せな気持ちになりますよね。 きっと来年に向けて桜は見ている人を喜ばせる準備をするんだなぁなんて、素敵!と感じた私でした。 私たちスタッフもゴールデンウィークに向けて体調管理やサービスの磨きに日々準備をしております。   さて今回ご紹介させていただく内容ですが、5、6月のステーキコース『陽-hinata-』についてです。   ステーキコース 『陽』  食前のお楽しみ 鱸のエスカロップ 浅利のフラン パプリカスープ 霧降高原牛ロース肉のグリル 野菜添え カレーバターソース ソース(カフェドパリ ポルチーニ塩 レモン ガーリックチップ) ティラミスとバニラアイス 小さな菓子とコーヒー、紅茶 又は ハーブティ   以上がお品書きになります。   私が今回一番お伝えしたかった内容ですが、メインのお肉”霧降高原牛ロース肉(150g)”を”霧降高原牛フィレ肉(75g)”に差替えることが出来るということです!   お肉が食べたいけれど、量が多くて残してしまうかも、サーロイン(ロース)の脂が多くて食べきれるかな等、ご意見から陽のコースではサーロインからフィレ肉に変更可能となりました。 コースご予約の際にお申し付けいただければ変更可能です。 また、お肉のグラム数はご入店時にグレードアップもでき、焼き加減はおすすめのミディアムのご用意でございます。 グラムアップ、焼き加減にご希望がございましたらご案内の際にお申し付けくださいませ。   皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております!

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/03/12

4月お花見と草木染体験ツアーのご案内

皆様、こんにちは。 フロントの相原佳奈でございます。 3月に入り、軽井沢も少しずつ暖かくなってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 今回は、4月27日(水)に行う「芝桜を眺めて春を満喫!! ひと味違うお花見と草木染め体験ツアー」のご案内をさせていただきます。 2月末に、ツアーに同行する柳と下見に行って参りました! 今回は、群馬県高崎市の「みさと芝桜公園」や「高崎染料植物園」を訪れます。 みさと芝桜公園では、その名の通り、芝桜をご堪能いただきます! 下見で訪れた際は、地元の方々が花の苗を一つずつ植えており、春への準備をしておりました。 当日は、この場所にきれいな花が咲くと思うと、皆様と見るのが楽しみになります。 高崎染料植物館では、草木染め体験をお楽しみいただきます。 当日、皆様には、コグナグサの染料(画像の黄色)でプチスカーフを制作いただく予定でございます。 バッグに付けたり、手首に巻いたり、是非、いろいろなものに付けてご利用ください♪ こちらでは、植物ごとの案内板に染色に用いられる色名と色見本があり、草木を見て歩くのも醍醐味です。 展示室では、ウメやアンズやトチノキなどの染色糸が展示されています。 それぞれ植物の解説と染料標本が添えられ、媒染剤による色の違いも見ることができます。 私は、昨年、色彩検定を取得したばっかりだったので、すごく興味のあるものばかりでした! 昼食は、「レストラン観音山風車」でランチコースをお楽しみいただきます! 春を、めいっぱい楽しめるツアーになっておりますので、是非ご参加下さいませ。 皆様のご参加をお待ちしております! ※締切:2022年4月13日(水) ―旅行日程― 4月27日(水) 8:30ホテル出発=みさと芝桜公園=レストラン観音山風車=高崎染料植物館=18:00ホテル帰着 ―旅行代金― 15,000円(内訳:食事代、バス代、施設見学料、草木染材料費) 芝桜を眺めて春を満喫!! ひと味違うお花見と草木染め体験ツアー

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/02/05

トンボ玉制作 やってみました

皆様、こんにちは。フロントの竹花でございます。 本日から開催しております「トンボ玉制作体験」を早速、私も体験してみました。 昨年に引き続きの挑戦でしたが、今回は写真を撮ってもらいながらだったので、緊張してしまいました。 一定のスピードで棒を回すことで、きれいな玉の形になるようですが、私のトンボ玉は偏った形になってしまったので、まだまだ修行が必要なようです。 今回は紺色のトンボ玉を作ってみたのですが、作業中は熱したガラスが真っ赤になって、とても綺麗でした。 講師の方もしっかりアドバイスしてくれますので、初めての方でも楽しめるかと思います。 毎年恒例のイベントなので、本日も楽しみに来館して下さったお客様もいらっしゃいました。 皆様もオリジナルの一品を作成してみるのはいかがでしょうか。   ◆期間:2022年2月5日(土) ~ 2022年2月27日(日)の土曜・日曜日 ◆時間  ・土曜日 16:00 ~ 20:00(最終受付) ・日曜日 10:00 ~ 12:00(最終受付)      16:00 ~ 19:00(最終受付) ◆参加費:¥2,000からのご案内になります。 ※2月11日(金)も土曜日と同じ時間に開催いたします。 ※ご予約制ではございません。

  • 0

  • 0