スタッフがお届けする現地ブログ

鬼怒川

2021/10/24

陶芸の街 益子町へ行ってきました!

皆様、こんにちは。フロントの和氣です。 段々と冬に向け寒くなってまいりました。 先週の23日(土)は鬼怒川も10度を下回り、アウターなしではとても過ごせませんでした。 今年は昨年よりも寒いので、冬は大雪になるかもしれませんね。。。⛄💦   さて、本題ですが、先日栃木県東南にございます益子町に行ってきました。   益子町は、江戸時代末期陶芸の産地として、益子焼が有名な町です。   益子駅から徒歩15分のところに「城内坂」という 陶芸工芸品を扱うお店が立ち並ぶ約500メートルのなだらかな坂の通りがございます。   販売店約30店が軒を連ね、中にはカフェもあり、益子焼の食器でお食事をお楽しみいただけます。   「城内坂」の詳細は こちら   「城内坂」のあとは、実際に陶芸体験をするため「陶芸体験教室よこはま」へ♪   数ある体験プランの中で、私は「女性限定!ろくろ体験レディースプラン」を体験してきました!   まずはDVDで基本的な作り方を覚え、その後実際にろくろ体験に移ります。 40分間作り放題で、実際に焼いてもらえるのは2~3個までです。(大きさによっては1個しか焼いてもらえません。)   完成までには2~3ヶ月かかり、出来上がったものは宅急便で郵送されて自宅に届きます。   私はろくろ体験が初めてで力加減が難しかったのですが、 作りたいものをスタッフの方に伝え手伝っていただけたこともあり、 とても満足のいくものができました。   小さな一輪挿し用の花瓶と、パスタ用の皿を作りました。 届くのが年末年始頃になりそうですが、できあがりがとても楽しみです!   また、陶芸教室の敷地内にはパン屋さんやカフェ、陶芸販売店もございます。   「陶芸体験教室よこはま」の詳細は こちら   当館からですと益子町まで車で約1時間半となかなか遠いですが、 お時間のある方は是非益子焼を肌で感じてみてはいかがでしょうか?

  • 1

  • 61

斑尾

2021/10/15

陶芸体験へ行って来ました

皆さま、こんばんは! フロントの 細田 と申します。 秋の風物詩である芸術作品を作りに、プライベートで松代陶苑へ行って来ました。ここは、長野県伝統工芸品に指定されている松代焼の窯元でもあります。 人生初の陶芸体験でしたが、講師の方がとても分かりやすく教えていただいたので、思った以上の作品に仕上がったと思います!! とても親切でフレンドリーな方でした♪ 作陶後、工房や松代焼の特徴について案内していただきました。松代焼は、化学薬品を一切使わず、灰や銅をメインに独自調合した釉薬を塗ることで、美しい青緑色の光沢を放つそうです。しかも、二度と同じ模様は再現が難しいらしく、焼成の火加減や天候により、配色バランスも左右されるみたいです。 風邪で窯内の熱が逃げてしまうため、台風が多い今の時期は、火力調整が大変だとおっしゃってました・・・ どんな出来上がりなのか、とてもワクワクしてます。 ​​​​​​完成品が届きましたら、後日アップしたいと思います!!  

  • 8

  • 85

伊東

2021/09/22

じゅんなの(みず)うみ日記③

皆さまこんにちは!レストラン石渡純奈です。 今回は過去2回と少し変わってじゅんなの湖日記です! ここ静岡県伊東市には、一碧湖という湖があります。 一碧湖は「伊豆の瞳」とも呼ばれ、周囲4㎞の周遊歩道があるので、美しい景色を見ながらお散歩を楽しむことが出来ます。 夏の日差しも弱まり、涼しい風が少しずつ吹き始め、お散歩にピッタリの時期だと感じました。 皆さまも秋を感じに、ぜひ一碧湖へ足を運んでみてください♪ 実は、当館では今年の春から定期的に【朝活!スタッフと一緒にウォーキング】という一碧湖の周りをウォーキングするイベントを開催しており、次回は10月24日(日)の開催を予定しております。 湖畔にある テラスカフェ一碧湖 さんのご朝食がついており、毎回人気のウォーキングイベントです。 こちらのご参加もお待ちしております☆   また、じゅんなの海日記①で紹介させていただいた「陶芸 えんのかま」は一碧湖から車で10分ほどの場所にあります。 陶芸体験をさせて頂いた際の完成品がついに手元に届きました! お茶碗とお湯呑みを作ってみましたが出来栄えはいかがでしょうか。 素敵な食器を迎え、生活がより豊かなものになる予感です♪

  • 64

  • 128

VIALA箱根翡翠

2021/09/12

世界に一つだけ

みなさまこんにちは!単身赴任6年目川口でございます。 ブログリニューアルにつき、何年かぶりにブログ投稿することになりました。 中身は決して見ないでください!決して。   コロナ禍もあり、最近ではすっかり出控えが続いておりますが、少し前に「どーせ暇なんだから」と妻に誘われ、とある体験教室に行って参りました。 今回はその時のリポートです。 作るのはキャンドル、それもドライフラワーを蝋の中に入れた、なんとも華やかで綺麗な体験教室です。 参加者は私と妻と友人の3名、先生は妻の知人で個人的に趣味としてハーバリウムやいろいろな趣味を始めのめり込んでいる方で今回はその先生の個人宅へお邪魔しての体験教室でした。   その① 世界に一つだけの〇〇とは言いますが、実際に出来上がっているキャンドルを見て自分ならどんなものを作るかイメージします。   その② 大量にあるドライフラワー(造花ではありません)からイメージに沿った花をピックアップ。ここかなり重要みたいです。   その③ イメージに沿うようにあれこれと下からいろいろな花、茎を詰めて配置します。これは思ったよりも花を詰めないと後で流す蝋の重みで下に沈んでしまうとアドバイスを受けアレコレと詰め込みます   その④ 高温で溶かした蝋を流し込み、時間を置いて中の芯、外の筒を外すと・・ほぼ完成   その⑤ ④で完成したキャンドルの外側の蝋をあえて熱い蝋で流し取り、詰め込んだ花が表に出てくるようにします。このどれだけ蝋を流し取るかがなかなか難しいところでクライマックスでもあります。最後に埋め込んだ花が立体的に浮かび上がり、一気に華やいだ姿になります   制作体験は蝋が冷める間のティータイムを入れても90分~120分ぐらい、待っている間に別の小さな飾りも作りました。 感想としては、こんな私でもなんとか見れる物を作れることに驚き。やることはシンプルで簡単、なので選ぶことと詰め込む作業中は意外と悩みます。最後の完成系を見た際にはちょっときれいすぎて感動しました。 今回の体験教室は試験的な体験教室でまだ店舗としてはやってないそうなので、機会があれば先生にホテルまでお越しいただき、体験教室イベントをやってみたいとも考えております。 ご興味ある方は是非、翡翠のイベント担当の岩間、岩田にお声掛けください(笑)            

  • 461

  • 275

伊東

2021/07/12

じゅんなの海日記①

皆さまこんにちは!レストラン石渡純奈(いしわたりじゅんな)です。   地元山梨を離れ、伊東での生活も3か月が経ちました。 海辺までフラッと散歩に出かけることが、日々の楽しみになっています。 そこで、私のお散歩の相棒であるカメラを紹介いたします。 このカメラは、学生時代に自分で購入した宝物です。 名前は【ぺんちゃん】です(笑) これから皆さまに、憧れの海辺での生活を“じゅんなの海日記”と題しまして、相棒のぺんちゃんと一緒に伊東周辺の素敵な景色や魅力をたくさんお届けできたらと思います!   早速ですが、先日「陶芸 えんのかま」にて陶芸体験をさせていただいた時のお話を少し。 「陶芸 えんのかま」は伊東のシンボルとも言える大室山の麓に位置しており、東急ハーヴェストクラブ伊東からも行きやすい場所にあります。 緑に囲まれた自然の中で作品と向き合い、心穏やかな時間を過ごすことができました。 お店の方もとても温かく迎えてくださり、初めての陶芸体験とは思えないような素晴らしい出来になったのではないでしょうか! 約1か月後に焼きあがった完成品が手元に届くとのことでした。 それまでドキドキわくわく、首を長くして待ちたいと思います。 ぜひ皆さまも、伊東での旅の思い出づくりとして利用してみてはいかがでしょうか。 陶芸工房えんのかまHP

  • 13

  • 293

  • 1