スタッフがお届けする現地ブログ

熱海伊豆山 & VIALA

2022/12/05

コート・エ・シエルにてペアリング第②弾 販売いたします🍷

みなさま、こんにちは。 最近は朝夕の気温もめっきり下がり、肌寒く感じるようになりました。 気温の差が大きく、体調を崩す方も多いようです。 健康管理にはより一層気をつけていただきたいですね。 そんな冬間近の季節にぴったりのコースとペアリングワインのご紹介です!   10月、11月とコート・エ・シエルにて ご好評をいただきましたペアリングワインを12月も販売いたします☆彡   ペアリングとは、『お料理に対して相性の良いワインを合せること』です。 お料理に対して、それぞれ違ったワインをご提案いたします。 香り、酸味、渋み、味わい、温度、産地等々・・・   今回は、クリスマス期間限定! ”””贅沢コース「ポエーム ノエル」”””の 料理に合わせたご用意となります。 「ポエーム ノエル」は、クリスマス期間限定のコースです。 ペアリングセットで思い出に残るひとときを楽しんでみてはいかがでしょう♪   ◎販売店舗 グリルフレンチ コート・エ・シエル ◎販売期間 12月1日~12月25日 ◎販売コース  ポエーム ノエル   ペアリング5種セット 5,940円   *ご注文の際は、お1人様1セットずつお願いいたします。シェアはご遠慮ください。 *ワインはグラスワインとして単品でもご注文可能ですが、セットがお得です。

  • 0

  • 0

斑尾

2022/11/15

数量限定販売!「ボジョレー・ヌーヴォー」

こんばんは、レストラン齋藤です! 最近の斑尾の朝はマイナス気温が多くて、雪が降りそうです⛄   本日はレストランより数量限定販売「ボジョレー・ヌーヴォー」のご紹介をします! 皆様、「ボジョレー・ヌーボー」とはご存知でしょうか? 毎年11月の第三週木曜日に解禁され、話題となるボジョレー・ヌーヴォーとはフランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区のこと。ヌーヴォーとはフランス語で「新しい」という意味でその年に収穫したブドウを使用し、作られる新酒です。 日本では日付変更線の関係上、本場フランスよりも約八時間も早く楽しめると言われています! 今年は輸送コストが高く希少価値がとても高くなっています!!   📌販売期間📌 2022/11/17~2022/11/24 📌販売場所📌 ・コースレストラン「ル・タングラム」 ・バイキングレストラン「ZIGZAG」 📌販売商品📌 メゾン・ジョセフ・ドルーアン ボジョレーヴィラージュヌーボー グラス 120ml ¥1.595(税込) ボトル 750ml ¥9.350(税込)   数量限定販売となっておりますので、是非この機会にお楽しみください♪    

  • 0

  • 0

伊東

2022/10/31

かなれっじ新聞 第13号 ふぐのひれを使ったお酒

皆さま、こんにちは! レストランの佐藤です。   朝晩だけでなく日中も冷え込む日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか? これからの寒い冬に向けて、おすすめのお酒をご紹介いたします!   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   【炭火会席 竹のうち】で毎年ご好評いただいている「遠州灘産虎河豚(とらふぐ)会席」が、今年も始まります!   ふぐについてのお話は、2022年1月に掲載した「 かなれっじ新聞 第5号 静岡の絶品とらふぐ 」をご覧ください♪ (メニューについての情報は当時のものです。最新情報は こちら からご確認ください)   そして、毎年虎河豚会席と一緒にお楽しみいただいているのが、「ひれ酒」です。 こちらも、ふぐ料理と共にご好評いただいているメニューです。 ということで今回は、「ひれ酒」についてお話ししていきます!   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   ○「ひれ酒」とは? 温めた日本酒に魚の鰭(ひれ)を入れて飲むものを、「ひれ酒」といいます。   一般的な熱燗は60度前後ですが、ひれ酒は70~80度の“超”熱燗にします。 これには理由があり、ひれの旨味成分であるアミノ酸などが溶け出す温度が、70度以上なのだそうです。高温にすることで、ひれの生臭さが出にくくなるという効果もあります。 とても熱いので、お召し上がりの際は、香りを楽しみながらゆっくりお召し上がりください。   ○蓋をして蒸らす ひれを浸したお酒に蓋をして蒸らすことで、ひれの香りと旨味が溶け出します。 竹のうちでは蒸らさずにお持ちしますが、徐々に香りと旨味が溶けていくので、味の変化をお楽しみいただけます。   ○火をつける ひれ酒をお席にお持ちしたときに、少しだけ蓋を開け、隙間からマッチで火をつけます。 「ボッ」と一瞬青白い炎が上がり、お酒の表面から気化して蓋の中に溜まっていたアルコールが飛んだら、すぐにもう一度蓋をします。   アルコールを飛ばすことで、お酒の味がまろやかになり、熱々でも飲みやすい口当たりになります。 また、火をつけた後すぐに再び蓋をすることで、ひれ酒ならではの香ばしい味わいをお楽しみいただけます。 (コツのいる作業なので、慣れるまで時間がかかります…温かく見守っていただけると幸いです💦)   ○注ぎ酒(竹のうちでは「つぎしゅ」と読みます) 一度使用したひれは、2杯目にもおいしく使うことができます。 1杯目である程度ひれの旨味がお酒に溶け出したら、ひれをお酒から出しておくと、2杯目もひれの旨味を楽しめます。   注ぎ酒をご注文いただいた際は、ひれを一度お預かりします。 熱々の日本酒をお注ぎしてお持ちし、1杯目と同じように火をつけますので、香ばしいひれ酒をまたお楽しみいただけます。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   いかがでしたか? 【炭火会席 竹のうち】にお越しの方は、虎河豚会席をお召し上がりでなくても、ひれ酒をご注文いただけます!   最後までお読みいただき、ありがとうございました! 次回もお楽しみに♪

  • 0

  • 0

伊東

2022/10/30

トリスbarとノチェロ

こんにちは、洋食調理の三浦です! 今回”トリスbar”と言うオシャレなbarと私がおすすめするお酒について紹介したいと思います。 ************************************* 🍷トリスバーの紹介🍷    住所:伊東市 東松原町 16-9 トリスバー    距離:伊東駅から約7分(550m)HVC伊東から約5分400m) ​​​​​​  営業時間:20:00~翌1:00 ※定休日は、変更となる場合がある。   定休日:日曜日(祝前日の場合営業)  電話番号:0557-36-3372   座席数:18席 感染症対策:従業員のマスク、フェイスシールド着用、消毒液の設置、混雑時の入店制限、換気   予約:可  タバコ:喫煙可 1955年に開店、サントリーの”トリスバーチェーン”加盟店でもあるショットバーです。 ************************************* 続いて 🍷おすすめのお酒の紹介🍷 紹介するお酒は【ノチェロ(Nocello)】というお酒です★ ノチェロ(Nocello)とは、イタリア北部にあるトスキ社(Distillerie Toschi)が製造する、クルミのリキュールの銘柄です。液色は褐色で、アルコール度数は24度、エキス分は30%有ります。 まれに社名と合わせた呼称「トスキ・ノチェロ」として紹介されることもあります。 ノチェロの"ノチェ"(Noce)と言うのは、イタリア語でクルミのことで、その名の通り、ノチェロはクルミのリキュールであり、そのボトルのキャップには本物のクルミがあしらわれています。ノチェロは、中性スピリッツをベースとしたリキュールです。製造元のトスキ社の創業が1945年であることからも明らかなように、第二次世界大戦後に開発された比較的新しいリキュールでもあります。製造法は、まだ殻に緑色が残っている状態のクルミの実を破砕して、これを中性スピリッツに浸漬する。この後、一定の割合を取って蒸留の操作を行い、蒸留に回さなかった分は濾過する。これらに、詳細は公開されていませんが、植物性の材料を加える。さらに、シュガーシロップを加え、水で希釈し(加水し)、アルコール度数24度、エキス分30%に調整されたものが製品となるとかいてありました。ノチェロは、そのままストレートで飲用する他にも、カクテルの材料に利用されたり、製菓に利用されたりもします。 一例として、エスプレッソやカプチーノにノチェロを加えたり、アイスクリームのトッピングやスポンジケーキの風味付けなどがあげられます。 ************************************* 🍷ノチェロ(Nocello)を使ったカクテルの紹介🍷 ノチェロ・シェーク (Nocello Shake) ノチェロ・シェークとは、冷たいタイプのロングドリンクに分類されるカクテルの1種である。ノチェロ30ml、牛乳90mlを強くシェークして、氷を入れたタンブラー(容量240ml程度)に注ぎ、適量のナツメグを振りかければ完成である。 プチ・スカーレル (Petit Squirrel) バーボン・ウィスキー2/4、コアントロー1/4、ノチェロ1/4、ライムジュース1tspをシェークしてカクテル・グラスに注げば完成である。 フレンチ・ウォールナッツ (French Walnut) フレンチ・ウォールナッツとは、カクテルの1種である。まず適切なグラスにコニャックを注ぎ、そこに同量のノチェロを加え、ステアすれば完成である。 ************************************* いかがでしたでしょうか!! 私は、ハイボールで割ったノチェロを片手にジャーキーを食べる事が好きです。 カクテル以外にも、ホットミルクやロックで飲むこともおすすめなのでトリスバーに足を運んでみて下さい🍷 ご清聴ありがとうございました。

  • 0

  • 0

熱海伊豆山 & VIALA

2022/10/02

コート・エ・シエルにてペアリング販売いたします🍷

みなさま、こんにちは。 最近は秋らしい気温の日も増え、いよいよ食欲の秋本番ですね! さて、10月からコート・エ・シエルにて 昨年好評をいただきましたペアリングを販売いたします☆彡   ペアリングとは、『お料理に対して相性の良いワインを合せること』です。 お料理に対して、それぞれ違ったワインをご提案いたします。 香り、酸味、渋み、味わい、温度、産地等々 ペアリングのポイントは多数ありますが、 シニアソムリエとSAKEディプロマの資格をもつ 石倉は 『ワインは前に出過ぎないこと、料理を美味しくするための最高の引き立て役』を 念頭にペアリングを考えております。   今回は、贅沢コース「ポエーム」の料理に合わせたご用意となります。 「ポエーム」は、秋を感じていただけるコースです。 ペアリングセットで秋の味覚を存分に楽しんでみてはいかがでしょう♪   ◎販売店舗 グリルフレンチ コート・エ・シエル ◎販売期間 10月1日~11月30日 ◎販売コース  ポエームコース   ペアリング5種セット 6,270円   *ご注文の際は、お1人様1セットずつお願いいたします。シェアはご遠慮ください。 *ワインはグラスワインとして単品でもご注文可能ですが、セットがお得です。

  • 0

  • 0

京都鷹峯 & VIALA

2022/10/01

丹波ワイン ピノ・グリ

こんにちは。 レストランの三林です。     本日はレストランのオレンジワインをご紹介します。   お世話になっている京都の丹波ワインさんのピノ・グリです。   ピノ・グリは黒葡萄の女王とも呼ばれているピノ・ノワールの突然変異によって生まれた葡萄の品種です。実際、ピノ・ノワールを彷彿とさせる優雅なコクを感じました。   丹波さんのピノ・グリは酸味は落ち着いており、まろやかなワインで色味も濃く、日本のワインとしてはしっかりとしたコクがあるのでお魚料理はもちろん、お肉とあわせてもおもしろいと思います。   実はこのワインわたしは今年入社したばかりなので行っていませんが2021年にこのリストランテオルティーヴォのスタッフがお手伝いしたものなのです。   このレストランにも少し縁のあるワインをぜひコース料理と一緒にいかがでしょうか? 現在このワインは2020年と2021年のヴィンテージを取り揃えておりまして、ボトル売りでの販売をしております。 ※数に限りがございますので在庫がない場合はご了承ください。     ホテルハーヴェスト京都鷹峯 リストランテ「オルティーヴォ」 TEL:075-491-0109 営業時間 カフェラウンジ 13:00~16:00 BARラウンジ 18:00~22:00 ディナー(予約、二部制、コース料理) 17:20~                                       19:30~ 10月定休日 3,11,16,25  

  • 0

  • 0

京都鷹峯 & VIALA

2022/09/05

アイスワイン

こんにちは レストランの三林です。   本日はレストランで販売している、ワインをご紹介します。   食後酒、デザートワインのアイスワインでございます。 食後酒は食後のデザートからの流れで甘口のワインをのみ、ディナーの余韻を楽しむという意味合いがあります。   ただいま取り扱っているのはドイツ、南西にあるファルツ地方のフリードリヒ・ベッカーさんの「ピノ・ノワール・アイスヴァイン」です。 真冬にマイナス8度まで下がった葡萄畑で凍結したぶどうをそのまま搾りつくられたアイスワイン。黒葡萄由来のオレンジのような果実味ととろりとしたコクを愉しめる一品でございます。   デザートにコーヒーや紅茶と合わせるのも良いですが、アイスワインと合わせてみてはいかがでしょうか。 興味があればどのタイミングでも良いので「デザートと一緒に、後でアイスワインを」とお声がけ下さい。   ホテルハーヴェスト京都鷹峯 リストランテ「オルティーヴォ」 TEL:075-491-0109 営業時間 カフェラウンジ 13:00~16:00 BARラウンジ 18:00~22:00 ディナー(予約、二部制、コース料理) 17:20~                                               19:30~

  • 0

  • 0

伊東

2022/08/28

かなれっじ新聞 第11号 秋の日本酒、ひやおろし

皆さま、こんにちは! レストランの佐藤です。   夏真っ盛りの8月も終わりが近づいておりますが、いかがお過ごしでしょうか?   気象庁のホームページでは、9月から11月が秋と記載されています。 近年9月はまだまだ暑いですが、そんな中でも秋の訪れを感じられる日本酒をご紹介したいと思います。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   ○日本酒の製造工程の1つ、「火入れ」 一般的な日本酒は、貯蔵前と出荷前の2回、火入れと呼ばれる加熱処理が行われます。 一般的に2回の火入れを行ったお酒は、香味が落ち着いて口当たりがなめらかになるとされています。   1回目:貯蔵前の火入れ 濾過して液体となった日本酒に、目に見えない小さな酵母が残っていると、発酵が進み味が変化してしまいます。 これを防ぐために、湯煎のような方法で60~65度で低温加熱します。 また、日本酒を酸化させて臭みを帯びさせる乳酸菌、「火落ち菌(ひおちきん)」が入っている可能性があるので、これを死滅させるという効果もあります。 この火入れのあと、日本酒を熟成させるための「貯蔵」をします。   2回目:出荷前の火入れ 出荷前の最後の段階で、もう一度火入れをします。 瓶詰の工程で、瓶ごと加熱するそうです。   そして、2回火入れをする日本酒の他に、 ・火入れを全く行わない「生酒」 ・火入れを貯蔵前の一度だけ行う「生詰め酒」 ・火入れを出荷前の一度だけ行う「生貯蔵酒」 という種類があります。 このような「生」の字が入るお酒は、みずみずしいフレッシュさが特徴です。   ○ひやおろし 「ひやおろし」は、江戸時代に生まれ、秋の風物詩として親しまれてきた日本酒です。 春に搾ったお酒に一度だけ火入れを行って、夏の間に貯蔵・熟成させ、出荷前の火入れを行わない「生詰め酒」に分類されます。 秋が来て、外気と貯蔵室の温度が同じくらいになる頃に出荷するのが特徴です。 日本酒で常温を意味する「冷や」の状態で「おろす」ことから、「ひやおろし」と呼ばれるようになったそうです。   熟成により搾りたての粗さが取れた、まろやかな丸みのある味わい深さと、あえて二度目の火入れを行わないことによる、生の味わいも堪能できるお酒です。   ○秋あがり 「ひやおろし」と一緒に、「秋あがり」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「秋あがり」は、お酒の種類ではなく、お酒の状態を表す言葉です。 春に搾ったお酒が夏を越して秋になり、旨味がアップした状態のことをさします。 対して、熟成がうまくいかずおいしいお酒にならなかった場合は、「秋落ち」と呼ばれるそうです。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   いかがでしたか? 【 炭火会席 竹のうち 】では、今年の秋も「ひやおろし」を販売する予定です。 お越しの際はぜひお召し上がりください!   残暑は厳しいですが、その中にある秋らしさを楽しみましょう♪ 最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • 0

  • 0

VIALA箱根翡翠

2022/08/24

歴史あるウイスキー蒸留所へ・・・

皆様こんにちは、フロントの岩間です。   先日、周辺散策もかねて、御殿場にあるキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所に行って参りました。   こんなところに何であるのだろうと素人目に思っていたのですが、富士の伏流水や御殿場の気候などがウイスキーづくりにとって理想的な環境が揃っているそうです。 また、仕込みからボトリングまでを一貫して行なっている世界でも稀な蒸留所で、1973年の操業以来、KIRINのウイスキーづくりの拠点として、今日まで続いている歴史ある蒸留所です。 蒸留所見学ツアー(約80分)や有料のテイスティングコーナーもあり、ここでしか買えない限定ウイスキーやオリジナルグッズも購入可能で、ウイスキー好きには堪らない施設です。 綺麗にディスプレイされているウイスキーやどこか大人の雰囲気の漂うテイスティングコーナーを見ると、普段お酒の飲めない私でも飲んでみたくなる気分になりました。   会員様をお連れして、こちらの施設を見学するツアーをしてみるのも良いかなぁ、とも思いました。(現在計画中です、、、!)   ご興味のある方は是非行ってみてはいかがでしょうか。   【所在地】 〒412-0003 静岡県御殿場市柴怒田970番地キリンディスティラリー  富士御殿場蒸溜所 箱根翡翠よりお車で約30分

  • 0

  • 0

軽井沢 & VIALA

2022/08/09

軽井沢駅での待ち時間にいかがでしょうか

皆様こんにちは。 軽井沢はどんどん賑わいを増してきております。 お買い物に行くと、楽しそうに観光をされている方をお見かけして嬉しくなってきます🎵   さてお話は変わりますが… 当館の目の前に着く路線バスですが、軽井沢駅北口4番乗り場より発車でございます。 バスの時間まで少しあるけれど、反対側の南口のアウトレットに行くには時間が足りない… ちょっと小腹が空いたので、ホテルに行く前に何かつまみたい… そんな時にふらっと立ち寄れる駅近なお店のご紹介です。 バス乗り場と同じ軽井沢駅北口、エスカレーターを降りて徒歩10秒に位置する Au Depart Un fers(オーデパールアンフェール)さんです!   軽井沢の地ビールや長野のワイン、ちょっとしたおつまみを気軽にお楽しみいただけます。 何度かご利用されている方もいらっしゃるかと思います♪   8月中は食べログさんとのコラボで、生ハムひと皿サービスという嬉しい企画が開催中でした! 数量限定との事でしたので、ゲットできたらラッキーですね♪   路線バスの4番乗り口へもすぐなので、優雅な時間を過ごしながらお待ちいただけるかと思います。   Au Depart Un fers(オーデパールアンフェール) 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178 定休日 毎週水・木曜日(変動有) 14:00~23:00 (FOOD L.O22:00 DRINK L.O22:30) ​​TEL:0267-31-6233      

  • 0

  • 0