スタッフがお届けする現地ブログ

箱根甲子園

2024/06/16

箱根昔ばなし【箱根の親不知(脚気地蔵)】

  神奈川県・箱根町と静岡県との県境の箱根峠近くの平坦な草むらの中に立つ脚気地蔵(親知らず地蔵)と呼ばれる地蔵尊碑があります。この石碑にまつわるお話です。   時は江戸、大阪で呉服問屋を営んでいた堺屋十郎兵衛の一人息子の喜六が道楽に身を持ち崩した上に、行く先が知れなくなりました。十郎兵衛は一人しかいない子供の事が心配で殊に老い先短い事もあって、なんとか探しあてて、家業を譲りたいと方々訪ね回りました。風のたよりで、息子が江戸で放浪していることを耳にしました。なんとかして息子を探し出そうと老の身もいとわず、息子を探す旅へ、大阪から江戸に向かいました。   ようやく箱根峠近くまでたどり着くと、もう日も暮れかけていました。ちょうどそのとき、運悪く持病の脚気に襲われたのです。持っていた薬を口にする間もなくそこに倒れ、息も絶えるほど苦しんでいました。   すると、たまたまそこを通りかかったのが息子の喜六でした。しかし、まさかこの息も絶え絶えに苦しんでいる老人が、自分の父親だとは夢にも思いませんでした。思わず駆け寄って抱き起こしてみましたが、もはや手の施しようもない状態でした。仕方なく石畳の上に寝かせたとき、老人の懐からずしりと重い財布が抜け落ちました。辺りはもう既に薄暗くなり、どこにも人影は見えませんでした。   魔が差した喜六は老人の腰の道中差を抜いて、一気に老人の息の根を止め、金を奪って一目散に坂を駆け降りました。革財布の中の大金に、一度は喜んだ喜六でしたが、財布の底にあった名札「大阪京橋・堺屋十郎兵衛」からその老人が自分の父親であったことが分かり、びっくり仰天しました。   彼は一目散に引き返して、死骸に取りすがり、泣いて詫びましたが、すべては後の祭りでした。 哀れな喜六が、この事実を書き置きとし山中新田の宋閑寺で、同じ刃で自害したのはその翌朝の事でした。   現在あるこの地蔵尊碑は、土地の人々が、この親子のこの上ない不幸な巡り合わせに同情し、2人の冥福を祈って建てたものです。この碑は以前あった場所から移されていて、当時は「墓」であったと思われます。後年この碑が脚気地蔵と呼ばれ「脚気」に効くと言われ信仰を集めました。

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2024/05/17

川中島の戦いツアー無事に催行いたしました!

新緑が目に眩い季節となってまいりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか? ゴールデンウィークも過ぎ、軽井沢の町も少し落ち着きを取り戻してきた先日、 川中島の戦いを辿るツアーを催行いたしました。 最初に訪れた川中島古戦場跡は地元の語り部の会の会長にお越しいただき散策いたしました。 まず、バスを停めた駐車場が正に戦の「主戦場の中心地」というドラマチックな展開から始まり、遠くに見える上杉・武田両軍の本陣となる山々の位置関係などをご説明いただきました。また、ガイドブックなどでよく見かける「一騎打ち」の像は想像以上に大きく、皆様も驚かれ、様々な構図から写真を撮られていました。 お気に入りの1枚を撮ることはできましたでしょうか? 昼食をはさんで、午後は長野市内(古戦場跡)を一望できる小高い丘、地附山公園へと向かいました。この公園は遊具などもあり、訪れた日は地元の幼稚園児が遊びに来ていました。いくつかあるハイキングコースのうち、本格的なものを歩くと、当時の山城跡まで辿り着く絶景コースがあるようですが、私たちがいる場所から眺めた長野市内の眺望でも十分素晴らしかったです! 語り部の会の会長とお別れした後は、場所を松代に移し、まずは松代焼の陶芸体験を行いました。 湯飲みにするか、茶碗にするか選んでいただき、その後は先生のご指導の下、皆様アッという間に形を整え、高台を付け、底にサインを刻み、約40日間の「お楽しみ期間」となりました。この間に器は「乾燥→素焼き→釉薬→焼き上げ」の工程を辿り、皆様のお手元に届きます。一期一会の出会い、出来上がった作品、機会があればぜひ見せてください! 最後に訪れた松代城跡でも、ガイドさんが丁寧な説明をしてくださいました。 当時のままの状態で残っている石垣や瓦葺きの細かい説明や、地図を交えた当時の攻略法の説明などは皆様、感心なさっているご様子でした。 駐車場に帰る道すがら、急遽立ち寄ってくださった真田邸や松代小学校などのたたずまいは、当時の面影を偲ばせ、夕暮れどきということもありタイムスリップしたような錯覚に陥りました。 今回のツアーは少人数での催行となりましたが、結果的には和気あいあいと ガイドの方々や陶芸の先生とも距離が近く、楽しいひと時となりました。 ご参加いただいた皆様、朝早くから1日お付き合いいただき、誠にありがとうございました。 7月には高山村にある「裏見の滝」(滝の内側にある遊歩道)を散策したり、和菓子を作ったり、味噌蔵を見学するツアーも予定しております。 また皆様にお会いできる日を楽しみにしております!

  • 0

  • 0

浜名湖

2024/05/14

可睡斎の由来は居眠りが原因?

こんにちは。フロント酒井です。 今日の浜名湖は雨模様で、日中はジメジメとした湿気に見舞われ、これからしばらく入る梅雨の予行演習をしているようでした。   今日は、「遠州三山」の一角として名高い、可睡斎をご紹介致します。このお寺は、春には雛祭りの飾りつけや美しいユリ園があり、夏には連なる風鈴の音が涼やかに癒される…という、季節折々に富んだ場所となっています。   そんな可睡斎の歴史を少しお話しますと、、、 時の天下人・徳川家康が駿府時代から尊崇している禅僧・仙隣等膳が可睡斎の住職となった折、家康の浜松城を訪ねたことがありました。昔話に花を咲かせる中で、和尚はなんと家康の前で居眠りをしてしまったとの事です。天下人の前で居眠りなどお咎めは免れませんが、家康は老体の恩師に「ただ眠るべし」と語った伝説があります。 このことから、「可睡斎」という一見不思議な名前の寺院となったとの事です。   このように、県外からも多くの人を魅了する、可睡斎。 ぜひ行かれる際は、和尚よろしく「リラックス」してホテルでお休みくださいませ♪

  • 0

  • 0

箱根甲子園

2024/05/01

箱根ドールハウス美術館に行ってきました♪

皆様こんにちは!フロントの小出と申します。 先日、芦ノ湯温泉の近くにございます、「箱根ドールハウス美術館」に行ってまいりました! ドールハウスとは、私もなじみ深いシルバニアファミリーの元にもなったような縮小サイズの模型でして、添付の写真のように家具などかなり細かい部分まで造られてました! 展示品に触れることは出来ませんが、近くで写真を撮ってみるとまるで本物の部屋の中の写真を撮っている様で、写真が不得意な私でも楽しく写真を撮れました! 皆様の自信の1枚を是非見せてください! 当館の最寄りのバス停、大原から天悠行きにご乗車していただき、芦ノ湯バス停のすぐ目の前にございます! 是非皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか? 住所: 神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯 84-55 入館料  ¥ 1,800(大人) ¥ 1,500学生(中高大) ¥ 1,200小人(小学生)   駐車場:45台(施設利用者無料) 開館時間 4月〜10月 10:00〜17:30(最終入館 17:00)      11月〜3月 10:00〜17:00(最終入館 16:30)

  • 0

  • 0

天城高原

2024/04/24

伊豆国 一宮

皆様、こんにちは。   この度、ハーヴェストクラブ京都鷹峯から異動して参りました、フロントの高畑 正巳と申します。 ハーヴェストクラブでは、有馬六彩 → 京都鷹峯にてフロント勤務を経て、この度、天城高原に着任致しました。 長らく関西におりましたので、この地方は初めてなのでわくわくしております。 天城高原は自然豊かなロケーションなので私自身も癒されつつ、訪れる皆様にはのんびりした時間をお楽しみいただけるようにお手伝いさせていただきたいと考えております。 これからどうぞ宜しくお願い致します。   さて。 引っ越し作業や手続きも大分落ち着いて参りましたので、昨日は趣味の一つである寺社仏閣めぐりの初めとして、伊豆国の一宮である「三嶋大社」を参拝して参りました。 一宮に相応しい由緒と歴史のあるお社で、総門から入ると境内は三島の街中にありながら喧騒を離れ、神社特有の空気感が感じられます。 神池の周囲は桜は散っていましたがツツジが咲き誇っていました。 秋には国の特別天然記念物に指定されている金木犀が見事なようすなので、また訪れたいと思います。   西のほうからお車で当館をご利用になるお客様は通り道になりますので、ご参考にしていただければ嬉しく思います。

  • 0

  • 0