スタッフがお届けする現地ブログ

勝浦

2024/06/12

服部農園あじさい屋敷

皆様こんにちは!フロントの龍野です! 今回私は茂原市にございます、服部農園あじさい屋敷をご紹介させていただきます。 服部農園あじさい屋敷は総面積27,000平方mの広大な敷地の中であじさいを見てお楽しみいただける施設でございます。 6月上旬~7月上旬のシーズンになると、約18,000平方mに250品種・10,000株以上のあじさいが色彩豊かに咲き、辺り一面があじさいの花で埋め尽くされ、そのお花が山の斜面を覆うように植えられているため、上から見ても下から見ても素晴らしい景色が広がります。 千葉県の方以外にも多くの観光客が遠方からも訪れ、茂原の観光名所になっています。 雨の後などは足場がぬかるんでいることもあるため、スニーカーなどの履き慣れた靴と汚れても良い服装で訪れることをおすすめいたします。 この時期ならではあじさいを皆様も是非見にいかれてはいかがでしょうか。   開園期間  6月1日より7月上旬 開園時間  午前8時より午後6時まで 入園料   大人(中学生以上)600円 (10名様以上の団体大人500円)       子供(小学生)300円 休園日   開園期間中は無休 電話番号  0475-24-8511

  • 0

  • 0

熱海伊豆山 & VIALA

2024/06/12

熱海でフォトコンテストが開催されているらしいですよ!

皆さま、こんにちは。フロントの尾石です。 ブログではすっかりご無沙汰してしまっておりましたが、 今回はフォトコンテストのご紹介です。 こちらは当館ではなく、熱海市観光協会が主催しているフォトコンテストです。 部門がふたつ、①海と花部門、②花火大会部門があり、 花火大会部門の対象花火大会はすでに終了しておりますが、 海と花部門はこれから撮った写真でまだまだ応募が可能ですよ!!   そしてなんと、当館もまだ少し空室があるようで…。 これはもう、熱海伊豆山に宿泊して素敵な写真を撮り、 フォトコンテストに応募するという道筋ができているではありませんか!!   熱海は今、いろとりどりのお花が咲いていて、海や空、緑とのコントラストが とても美しい季節です。 梅雨が迫ってきていますが、雨の合間の景色も、熱海は美しいなと感じます。 昨年熱海に赴任してきて、十数年ぶりの梅雨が怖かったのですが、 熱海は石やコンクリートの階段などが多いせいか、苔などがとても綺麗で びっくりしました。 これから日々育っていく苔を観察するのが楽しみです♪   さあ、ちょっと熱海伊豆山の空室状況でも確認して、 ちょっと「映える写真の撮り方」なんて検索してみると… 熱海を訪れるのがだんだん楽しみになってきますね☆ ぜひぜひ、お待ちしております♪♪

  • 0

  • 0

軽井沢 & VIALA

2024/06/11

タリアセンで遊んできました!

皆さまこんにちは!   早いものでもう6月…。どんより曇っている日も時々ありますが、 青空が見える日はだいぶ暖かく日中は半袖でも過ごせるようになってきました🌞 夕方になると風がひんやりとしますので、夜どこかお外へお出かけされる場合は、 軽く羽織れるものをお持ちくださいませ。   先日お休みの日にお隣のタリアセンへ久しぶりに遊びに行ってきました。 お昼過ぎに入園したので、まずはタリアセン内のハンバーガーショップで遅めのお昼ご飯を🍔 オーダーしてから作り始めるため、できたては熱々、そして信州黒毛和牛を100%使用したビーフパティでとても肉々しくおいしかったです。   その後ボートに乗り、塩沢湖を一周してみました。 アメンボボートという一人乗りのペダル式のものがあり、 他ではあまりみたことがなく面白そうだったのと、食後の運動を兼ねて挑戦してみました。 最初は水に落ちてしまうのではないかと少し怖かったのですが、 徐々に慣れていき風が気持ちよく感じられました。 自転車に乗る感覚で水の上を走ることができ、とても面白かったです。 コイやカモにもえさをやりながら進んでいると、カモ達がえさをもらえるのではないかと後ろから一緒に着いてきてかわいかったです🦆 塩沢湖が思った以上に大きくて、塩沢湖の周りを歩いてみる視点とまた違った視点からタリアセン内を楽しむことができ、とても有意義な時間になりました。   その後も園内をのんびり散歩したり、ゴーカートに乗ったり… 遊べるところが多くて時間が足りないくらいでした。   以前私が訪れたのが冬だったためとても寒くて、園内の美術館をみることしかできなかったのですが、 今の時期は緑が豊かで景色を眺めながらゆっくり散歩するにはとてもぴったりです。 6月下旬頃になれば園内のイングリッシュローズ・ガーデンのバラが咲き始めて色とりどりの花を楽しめるようになると思います。   タリアセンは当館から歩いて5分程の距離です。 駐車場が有料なので、歩いて行かれた方がおすすめです。 また、タリアセンの入園券はハーヴェストのポイントカードをお持ちの方であれば、当館フロントにて無料で発行いたします。 お持ちでなくても通常の半額で発行いたしますので、スタッフにお気軽にお問合せくださいませ。   新緑の季節の軽井沢をぜひお楽しみください。 皆様のご来館心よりお待ちしております。   【軽井沢タリアセン】 開園時間:9:00~17:00(冬季期間は時間変動あり) 入園料:大人900円→当館ご宿泊の方450円or無料     小人400円→当館ご宿泊の方200円or無料     0~5歳のお子様→無料 ※園内の美術館やボート、ゴーカート等の施設を利用する際は別途料金の支払いが必要になりますので、ご注意ください。  

  • 0

  • 0

鬼怒川

2024/06/11

晴天に恵まれ開催しました。“小田代ヶ原から戦場ヶ原へフラワーハイキング”

皆様、こんにちは。フロント 我妻でございます。 本日、YOCADEMYフラワーハイキング “小田代ヶ原から戦場ヶ原へ” があり、参加者9名で湿原周辺を散策してきました。   最近の日光は雨続きでしたが、本日は晴天に恵まれ、最高のハイキング日和を過ごすことができました。   男体山も見事!クリンソウも見頃に咲き誇り、皆様大満足! とても喜んでいただけたかな、と思います。   日光出身の私でも、奥日光の景色はいつ見ても飽きないいい場所です。 皆様にまだまだ素敵な場所を紹介できるよう、いろいろ考えていきますね!   さて、8月にはVIALA鬼怒川渓翠と合同で“西の湖の巨木とヒエヒエ川めぐり”を企画いたしました。   西の湖ってどこ?聞いたことない…   そこは、小田代ヶ原より先にある湖でとても神秘的な湖。 そして、源水がポコポコと湧き出ている箇所も見られ、自然がとても豊かな場所です。   こんな素敵な場所、皆様に紹介したい、と思いこのイベントを企画しました。   皆様のご参加、お待ち申し上げております!  

  • 0

  • 0

浜名湖

2024/06/11

春華堂プロデュースのスイーツ専門店へ!!

こんにちは。フロント酒井です。 浜名湖は休館日の3日目を迎え、夏に多くのお客様をお出迎えするために設備点検を各所でしております。 休館日明けは6月14日からとなりますので、再びお目にかかれるのを楽しみにしております。   さて、今回のブログでは浜松市のNicoeに行ってきましたので、写真を共有いたします。 当館から車で下道を行くこと40分ほど。特徴的なパステルカラーの建物が見えてきます。 この施設は、うなぎパイで名高い「春華堂」がプロデュースする、スイーツ・コミュニティーです。中には、春華堂が手掛けたうなぎパイをはじめとしてクッキー、お団子やお煎餅もありました。   館内で食べられるイートインスペースもあり、今回は「coneri chibeta(コネリ・チベタ)」という館内カフェで苺のスイーツを頂きました。 ソフトクリームの上についているパイはうなぎパイを彷彿とさせるサクサク感で、アイスを食べ進めると下にゴロッと苺のコンポートがありました。甘さはくどくなく満足感が大きかったです。   お子様連れの方、甘党の皆様、この機会にぜひ春華堂さんが手掛けるスイーツを、ご賞味ください。   【Nicoe】 所在地:〒434-0046静岡県浜松市浜北区染地台6丁目7-11   アクセス:天竜浜名湖鉄道/都田駅 →遠鉄バス/染地台3丁目 もしくはニコエ・春華堂浜北工場   お車では当館よりお車の下道で40分程度

  • 0

  • 0

VIALA箱根翡翠

2024/06/10

大浴場露天風呂「大涌谷温泉」の白濁の差異について

【箱根翡翠は6月10日~14日まで休館日でございます。休館中の電話受付は朝9:30~夕方5:30まででございます。お不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。】   皆様こんにちは。フロントの赤堀です。 時々お客様から「今日の露天風呂は白色が濃い(薄い)けど何で?」とか「昨日の露天は濃かったけど(男女入替後)今日の方は薄いね」等、質問をお受けすることがあります。「設備の関係で」や「時季によって」等、都度簡単にお答えしておりますが、今回はこの場を借りて少し詳しくご説明申し上げます。 まず、当館露天風呂の大涌谷温泉は温泉供給元の会社より管を通して温泉を引いております。最初に一次タンクに入り、一次タンクから家族風呂と二次タンクに入り、二次タンクを経由した物が最後に大浴場露天風呂に注湯される仕組みです。このため家族風呂は大浴場と比べて濃いめの白色が出ることが多いです。   ※家族風呂は今年1月の休館日にタイルと浴槽のリニューアル工事を行いましたので、この機会に是非お試しください。料金は1時間3,300円でございますが、障碍をお持ちの方、介助が必要なお客様等は無料でご案内しておりますので、フロントスタッフまでお気軽にご相談ください。   続いて、二次タンクから各露天風呂へ注湯される仕組みについてでございます。 東湯(ひのき風呂、岩風呂)、西湯(ひのき風呂、岩風呂)、この東西浴槽の設置には若干の高低差があり、その為タンクからの注湯にも差が出まして、➀西ひのき②西岩③東ひのき④東岩の順番で温泉が張られますが、➀の方が濃くなる傾向がございます。 最後に、年2回の休館日に行う温泉タンク清掃時にはタンク下部に沈殿した湯の花が攪拌され、特に休館日後の数週間は比較的白色の濃い温泉が出て参りますので、ご機会があれば是非お試しください。 従業員一同、皆様のご来館を心よりお待ち申し上げます。

  • 0

  • 0