スタッフがお届けする現地ブログ

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス フロント 柳 昭子 のブログ一覧

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/05/09

やけまちどき どんな漢字?

皆様、こんにちは。フロント柳昭子です。 今年は3年ぶりに規制のないゴールデンウィークでしたが、心身ともにリフレッシュできましたでしょうか? 軽井沢周辺もようやく若葉が眩い新緑の季節となりました。瑞々しい木々に囲まれた中庭で、ぜひゆったりとしたお時間をお過ごし下さい。 ところで皆様は『焼町土器(やけまちどき)』という言葉、聞いたことがありますか?この名前の由来は最初に発見された場所(塩尻市焼町)にちなんで名付けられたそうで、なんと軽井沢の隣町でもある御代田町の川原田遺跡から1990年に大量に出土したのです!それらが展示されているのが同町内にある『浅間縄文ミュージアム』です。 軽井沢からだと車で30分かからない程度でしょうか、国道18号を小諸方面に直進し、御代田のツルヤがある三ツ谷東の交差点を左折、佐久方面に進むと、比較的すぐ右手にあります。御代田町役場も隣接していて看板も出ているので分かりやすいと思います。 ここに展示されている焼町土器は全て実物、そして国の重要文化財で、今から推定5000年ほど前の土器だそうです。エネルギッシュなそのスタイル、ドーナツ状の突起、渦巻く曲線美等に圧倒されているうちに、『もっと間近で』と顔がどんどん展示ケースに寄っていき、最終的にはガラスに額をぶつけてしまいました(恥!) 縄文人の自由で奔放な表現力が結実した焼町土器は常設展示で、有難いことにフラッシュ無しなら写真撮影もOKでした! こじんまりとした館内は常設展示の他に企画展もあり、今年度の春夏季(4/29-8/28)は『浅間山麓縄文発掘ものがたり』と題して、発掘調査で出土したモノやエピソードを紹介しています。受付前のちょっとした物販コーナーやガチャガチャなどはマニア心くすぐる逸品ぞろいで、危うく散財しそうになり、本当に手元に小銭が無くてよかったです(笑)。縄文土器に興味のある方はぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか? ちなみに沿道を更に佐久方面に進むと、ボリューム満点すぎるポークソテーが有名なビストロや、浅間山が美しく見えるパン屋、浅間の寄生火山と同名のそば屋など、突如グルメ街道と化すのもこのエリアの魅力のひとつです!

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/04/05

タリアセンに行ってきました!

皆様、こんにちは。 間髪あけずに4月のブログ番がまわってきて、困っているフロント柳 昭子です(笑)。軽井沢は今月、既に2回も積雪があり冬物がいつまでたってもしまえず、いい加減うんざりしている今日この頃です。 それでも4月になれば各観光施設も長~い『冬眠』から目覚め、続々と今年度の営業を開始するので、先日、パンフレットを頂きにタリアセンに行ってきました。受付では「時間があるなら園内も見学していって下さい」と暖かいおもてなし。お言葉に甘えて園内を散策すると、木々はまだまだ寒々しい冬の様子ですが、園内はスワンボートや水鳥に餌をあげる親子連れでとても賑わっていました。そんな中、私の『お目当て』はズバリ園内に移築された数々の貴重な建築物群です。折しも軽井沢検定の合格通知が届き、来年の1級受験へ向けてモチベーションを高めているところだったので正に渡りに舟でした。園内にはレイモンドの「夏の家」や旧軽井沢郵便局、朝吹常子の睡鳩荘、そして道路を挟んで反対側には堀辰雄や野上弥栄子の別荘が移築保管されており、「検定日までさんざん頭に叩き込んだ建築群が目の前にある」と思うと感慨深かったです。また軽井沢高原文庫にはゆかりのある人物の直筆の原稿や、書斎の調度品なども展示されており、在りし日の姿を思い浮かべる良き手助けとなりました。所々「あー、この人何をした人だっけ?」とか「この建物は何建築だっけ?」と学んだことが既に忘却の彼方へ葬りさられ、若干不安になりましたが、また気長に思い出そうと思います。 軽井沢検定は合格すると町内にあるいくつもの施設が無料で入館できるので、今年こそはその特典を利用して、軽井沢の歴史や文学、自然に対する知識をより深めたいと思います。数年前からWEB検定となったので、皆様もご自宅での受験が可能です!来年の軽井沢検定、チャレンジしてみてはいかがでしょうか? ちなみに今回フロントスタッフ2名が2級に合格、あと1名はフロント以外のスタッフが3級に合格しました! 胸元にサクラソウのピンバッチをしているスタッフが合格者です。皆様、残り1名のスタッフがどこにいるのか、ご来館の際はぜひ探してみてくださいね。

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/03/29

上田の里山、太郎山♪

皆様こんにちは、フロント柳です。 皆様のお住まいの地域ではソメイヨシノが満開を迎えている頃かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか? こちらは先週降った雪がようやく溶け、あとは春のうららかな日差しと桜の便り待ちたい今日この頃ですが、本日も肌寒い一日となりました。 突然ですが、皆様は「太郎山トンネル」をご存知ですか? 上信越道を長野方面に向かうと上田の「ローマン橋」を超え、しばらく進むとあるトンネルなのですが、山が多い長野県の数あるトンネルの名称まで覚えるのは難しいですよね?そんな「太郎山」は実は昔から上田市民に愛されている里山で、 真冬も含め毎日登る人がいて、山頂手前の神社の境内にはなんと「5000回」登頂の記録が、男女ともに1名ずつ掲げられていました!! 5000回…1日1回登っても365回、最低でも13年半ぐらいは登り続けなければなりません。そして、簡単な山かと言えば、私の選んだ裏参道コースは、距離は2Kmほどと短いものの、始めから終わりまでひたすら上り続ける「THE・里山」で、決して楽ではありません。 そこを毎日、雨の日も雪の日も13年半…考えただけで気が狂いそうですが、私は今シーズンの初登りとして楽しく登ってきました! これまで青木村の里山2座と上田の独鈷山と登ってきましたが、この周辺の山で これだけたくさんの人が山頂にいたのは初めてで、さすが「地元民に愛されている山」だなと感じました。 標高1000mの頂上からは上田電鉄の赤い鉄橋や商業施設などのビル群も臨め、山から眺める「都市の風景」が何とも奇妙な感じがしました。 登山道には所々、太郎山にまつわる民話や言い伝えが記された立て看板があり、小休止にももってこいです!本格的なグリーンシーズンを迎える頃には若葉が芽吹き、花々が咲き乱れ登山者を後押ししてくれるはずです。 山好きの皆さん、軽井沢から少しだけ足を延ばしてみませんか?

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/03/07

ろくもんツアー無事に催行しました!

皆様こんにちは。フロント柳でございます。 昨日は雪が舞い、今日の天気が心配でしたが、 快晴の中、無事にろくもんツアーを催行いたしました。 軽井沢駅では旧駅舎を模した改札内にあるカフェで一休み、 また乗車10分前には「ほら貝の汽笛」でお出迎えと、 凝った演出に皆様の期待値も急上昇?!となりました。 しばらくの間、雪化粧の浅間山や雄大な千曲川の流れが 私たちの後を追うように車窓から眺めることができ、 この地域ならではの観光列車として、非常に印象的でした。 そして何よりも沿線沿いの保育園児や各駅のプラットフォームから 手を振って下さる駅員さんたちの温かさが心に沁み、 気が付けば私も全力で手を振り返していました。 列車内での優雅なランチを済ませ、午後は信州を代表する 名刹、善光寺お散歩コースと隣接する東山魁夷館が有名な 長野県立美術館で名画鑑賞コースに分かれての自由行動となりました。 最後に訪れた須坂アートパークは雛壇三十段、千体飾りの雛人形が有名で 学芸員の方の解説を聞きながらの見学は知識が深まり、 皆様、積極的に質問したり歴史的にも価値のある雛人形を まじまじとご覧になったり、思い思いの時間を過ごされていました。 「アートパーク」というだけあって、敷地内には版画美術館や 復元した寺小屋などもあり、盛りだくさんで早足での見学となってしまったのが 心残りですが、「旅はやり残しがあるからまた来るもの」とは 誰が言ったのか分かりませんが(笑)、次回はもう少し時間に余裕をもって 再訪したい場所の一つとなりました。 コロナ禍でのツアー催行も今年で3シーズン目。 常に変化する社会情勢の中で「適切なスタンダード・ツアー」を模索しながら のご案内ではございますが、今後とも皆様に安心と満足をお届けできるツアーを計画できるようスタッフ一同努めてまいります。 最後に今回のツアーは定員20名に対し、55名の参加希望者があり、非常に倍率の高いツアーとなってしまいました。そのような中、抽選に落選された方のご理解のもとに催行できたことを感謝いたします。 また、ご参加いただいた皆様をはじめ、ろくもん乗務員・各駅舎従業員の皆様、 また各見学施設スタッフの皆様、コロナ禍でのツアー催行に際し、 ご尽力いただいたすべての皆様に改めてお礼申し上げます。 今後とも旧軽井沢のツアーをどうぞよろしくお願いいたします。

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/02/03

軽井沢検定、頑張ります!

皆さま、こんにちは。 最近、国道18号から見える浅間山は少し地肌が見え始めていたのですが、 昨晩の積雪でまた真っ白になっていました。 全国的にもまだまだ「三寒四温」というには早すぎる時期ですが、 軽井沢においてはまだまだ「真冬日」が続いている今日この頃です。 さて、突然ですがクイズです。 軽井沢町の木、コブシは何科の植物でしょうか? ①クスノキ ②キンポウゲ ③モクレン 皆様、いかがでしょうか? この内容を見て既に私が何について書こうとしているのか、 お分かりの方もいらっしゃるかと思います。というか、ブログのタイトルにも書いてしまいましたね… まず正解ですが③モクレンです。 そして今日のブログのテーマは「軽井沢検定」です。 昨年は3級を受験し、合格後に皆様にご報告いたしましたが、 今回はあえて受験前に皆様にお伝えし、少し自分を追い込みたいと思います(笑) 3級では合格ラインの7割が公式テキストブックと軽井沢検定アプリから出題されましたが、2級はそこから出題されるのは5割とのこと。つまりアプリだけでは合格できないということです… そこで町役場で毎年出されている会報誌やネットの記事など ちょこちょこ情報収集していたら、膨大な数になり、 今度は覚えるのが大変になってしまいました(泣)。 そんな中、昨年は時間が無くてなかなか覚えられなかった 動植物を画像と共にまとめてみました。 すると、今まで見たことないような美しい羽色の鳥や、 独特の形をした草花がいくつもあり、思わず目を瞠りました。 まだまだ「学習者」の身ではありますが、 軽井沢は「日本三大探鳥地」ということなので、 いつか「バードウォッチング」などのツアーも 計画してみたいなぁと密かに思っています! (予定は未定であくまで私の個人的な願望です) その時は、ぜひ皆様のご参加お待ちしております!    

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/01/05

初詣に行ってきました!

皆様、明けましておめでとうございます。 年末年始はすっかり雪に覆われた軽井沢ですが、 皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか? さて、今年のお正月(といっても3日ですが)は初めて地元の 長倉神社に初詣に行ってきました。 徒歩で行ける距離にあり、広々として公園のようで、 新緑や紅葉の季節は散歩したり写真を撮ったりしているのですが、 静寂の雪の中、堂々とした佇まいは、凛とした空気と相まって、 普段にはない(?)荘厳さに満ちていました。 古くは平安時代からこの地にあると言われる由緒正しき長倉神社。 江戸時代には、沓掛宿の鎮守産土神(ちんじゅうぶすなのかみ:その土地の神様) として崇められたそうです。 ふと、「天明の大噴火(1783年)の時にも既にここにあったのかぁ」 と思うと、突然、自分も長い歴史の一幕に居合わせたような気分になり、 身が引き締まる思いがしました。 帰り道、振り返ると真っ青な空はどこまでも深く、 真っ白に雪を被った浅間山はどこまでも雄大で、 手前に架かる真っ赤な太鼓橋を優しく包んでいるようでした。 紅白のコントラストに目を細めていると、厳しい吹きおろしが スーッと頬を撫で、真冬の帰り道、たちまち震え上がりました! 2022年、コロナ禍三年目の初春となりましたが、 心身ともに清々しい1年の始まりとなりました。 本年もどうぞよろしくお願い致します。  

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2021/12/11

心も体もポカポカに…

皆様、こんにちは。 フロントの柳昭子です。 浅間山は、裾野の方まですっかり真っ白になり寒さもいよいよ本番です! 年賀状や大掃除と師走はなにかと忙しいですが、年末年始の 勤務を前に、先日、佐久にある『みはらしの湯』 に行ってきました。  こちらは一般道からはもちろん、高速道路 からもアクセスでき便利な上、 文字通り 見晴らし抜群の小高い丘の上にあります。 露天風呂のみが温泉(平尾温泉) なので『THE 温泉地』というような 上質な泉質や豊富な湧出量を求めている方には不向きですが、 手軽なリラックスやリフレッシュを求めている方 には気軽に行ける 入浴施設なのでお勧めです。(山部でも下山後にお世話になったことがあります) 今回、私は通常の入浴と岩盤浴、お食事券1000 円分がセットになったものを選び、 更には別料金で全身マッサージも受け正に極楽でした! コロナ禍でマッサージ自体を控えていたので、およそ二年ぶりぐらいに受けたマッサージは、入浴で温まった体に心地よく 、人の手で癒されることのありがたさを改めて実感しました。漫画を読んだり、ドリンクを飲んだり、あっという間に時間は流れ、再び露天風呂の湯船につかる頃には、眼前に見事な「佐久平」の夜景が広がっていました。 冬の軽井沢 はどことなく寂しいですが、凜とした空気感がまた魅力でもあります。 軽井沢の温泉に飽きたら、佐久まで足を伸ばして心も体もポカポカにしてみてはいかがでしょうか? 平尾温泉 みはらはしの湯 http://www.hiraoonsen.jp/

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2021/11/27

青木村の子檀嶺岳(こまゆみだけ)に行ってきました~山部シーズン3(笑)登り納め~

皆様、こんにちは。 ここ2,3日県内各地で雪の便りが届いていましたが、 ついにここ軽井沢でも初雪を観測しました。 お出かけの際は防寒対策とスタットレスタイヤのご準備を 忘れずにお越しください。 さて、ブログのタイトルにもなっておりますが、 寒さが本格化する直前、一昨日に青木村にある子檀嶺岳に行ってきました。 昨年もお世話になった青木村にある里山で標高も1200mちょっとの山ですが、 里山の為「ズル」ができず(例えば富士山なら5合目まで車とか…)、 しっかり麓の登山口からの登山となりました。 登り始めの美しい竹林の中を抜けると、すぐに急登となり、 途中、湧水を横目でやりすごし、ひたすら頂上を目指しました。 季節は晩秋、紅葉は終わりすっかり落葉の時期ですが、 その踏みしめる「カサコソ」とした音が耳に心地よく響きました。 頂上から見える景色は格別で、眼下に青木村や上田市、 遠くに目をやると雪化粧の浅間山、更には北アルプスの峰々が私たちを出迎えてくれました。頂上での突風は想定外でしたが、みんなで飲んだはちみつ生姜茶の温かさが体にしみわたりました。 4月の「京が倉」から始まった今シーズンの山部も、これにて登り納めとなります。 毎回、ブログをお読みいただいた皆様ありがとうございました。 来年こそは「北アルプスの女王」に会えるよう精進してまいります。 (今年はコロナで山小屋の密回避のため断念しました)

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2021/10/21

諏訪大社・上高地 休楽ツアー無事に敢行しました!

皆さん、こんにちは。フロントの柳 昭子です。 ここ数日、秋を飛び越えて真冬並みの寒さが続いていた軽井沢、昨日遂に浅間山がうっすらとですが冠雪しました! 快晴に雪化粧の浅間山が映える軽井沢から、諏訪大社を目指し出発した頃は、なんと気温5度。それでも緊急事態宣言が解除され、晴れ晴れとした気持ちで今日を迎えた皆様の顔はとても輝いていました。 最初の訪問地、諏訪大社下社春宮では、ガイドの方が丁寧に御柱や万治の石仏について説明して下さいました。 『諏訪大社』や『御柱祭』など言葉として聞いたことはあっても、具体的なイメージをふくらませることは難しいですが、ガイドの方が具体的な数字(長さや重さなど)を挙げて説明して下さったことで、皆様興味深く見学していました。 お昼は諏訪名物『うな重』を頂きました。甲州街道と中山道が交わる諏訪では『関東風』と『関西風』の両方が味わえる、うなぎの激戦区で、今回捌きは関東風、焼きは関西風、たれは甘めの岡谷風と贅沢な味わいのうなぎを堪能いたしました。 うなぎで活力をつけ、午後は残りの三社を精力的に見学しました。ガイドの方の話に耳を傾けつつ、時折、御柱に触れながらパワーをもらいつつ、 寒さが厳しくなる中、日暮れ前には無事に四社参りが完了しました! 御朱印帳をお持ちの方が、四社参りが一日でできたことをとても喜んでいらしたのが印象的でした。ツアー1日目のしめは、ハーヴェストクラブ蓼科本館での優雅なイタリアンディナーでした。次々と運ばれる料理の数々は目にも美しく、1日の疲れを癒やしてくれました。 2日目は早朝の集合となりましたが、そのぶんホテルのロビーからは『ご褒美』の雲海が見られたり、朝日に染まる八ヶ岳や南アルプスを拝むことができました。 上高地直前のトンネルを抜けると、目の前に大迫力の穂高連峰が、なんと雪化粧で出迎えてくれました!秋を飛び越えて、一気に冬の装いの山々に戸惑いながらも、車内からは歓声がドッとあがりました! 私は大正池から河童橋までのコースを担当し、竹花は河童橋から明神池までの往復を担当しました。各々ガイドの方が同行して下さったので、上高地の地形や生態系などの理解を深めることができました。 2日目はとにかく『絶景』と『最高』の二語に尽きると思います。 天気にも恵まれ、雪化粧の峰峰をバックに梓川沿いを歩く、なんて贅沢な時間! 非日常の世界を満喫し、記念写真は河童橋と穂高連峰をバックに。 前日の四社参りでパワーをいただいたお陰か快晴、無風の中、素晴らしい旅の記念写真が撮れました。 2日間の道中、歩くことが多かった行程でしたが、誰一人怪我もなく最後まで気を抜かず歩ききって下さった皆様にまずは感謝申し上げます。 そしてコロナ禍の催行というとで、衛生対策等を行って下さった関係各所の皆様にも深く御礼申し上げます。 『WITHコロナ』の時代も二年目を終えようとしている今日この頃、少しずつではありますがようやく慣れて参りました。 今後とも皆様の記憶に残るツアーを計画してまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2021/09/11

浅間山を眺めつつ…

皆さん、こんにちは。フロント柳 昭子です。 先月末、長雨があがり少し肌寒い日々が続いていたのですが、もう一回ぐらい暑さが来るかなと思っていました。しかし、今年は残暑もなく、朝晩は15℃前後ですっかり秋めいて参りました。 さて、本来なら今日は山部の『泊登山』のご報告だったのですが、山小屋の密を回避するため今回は断念し、来年まで待つことにしました。それまで、更に経験を積み、気力、体力ともに充実した状態で『北アルプスの女王』に挑みたいと思います。 写真は、しなの鉄道中軽井沢駅に隣接したキッシュ屋さん『A-WOTO』のランチセットです。美味しそうな瑞々しい野菜のサラダに、信州の食材をふんだんに使ったキッシュ、そして大粒のシャインマスカットがこぼれ落ちそうなチーズタルト。信州という『小宇宙』がここに凝縮されています!!キッシュ1つとサラダのワンプレート+デザートで、1,400円ですが、このタルトは+200円でした。 それでもこの時期にしか味わえない贅沢を買ったと思えば大満足です。 私はよくここで、浅間山を眺めながらのんびり図書館で借りた本を読んだりしています。店内には電車が出発するアナウンスも流れるので、待ち時間(しなの鉄道は本数が少ないです)の利用にもうってつけです!ハルニレテラスや小諸の懐古園など少し足を伸ばすときに利用してみてはいかがでしょうか? ちなみに浅間山の写真は今回載せていません。是非一度ご自分の目でお確かめください!

  • 0

  • 0