スタッフがお届けする現地ブログ

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス フロント 柳 昭子 のブログ一覧

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2024/06/14

第46回楽打倶楽部開催いたしました!

皆様、こんにちは。このブログを読みながら「おや?」っと思われた方も いるかもしれません。 いつもはツアーのブログを書くことが多い私ですが、本日は先日行われた ゴルフコンペ・楽打倶楽部のお手伝いをさせていただきました。 梅雨入り前の快晴のもと、少し暑すぎるくらいのお天気でしたが 皆様、溌溂とした表情でゴルフ場へチェックイン、開会式を執り行いました。 ゴルフクラブを握ったこともなければ、ゴルフ場へ行ったこともない私は 目に映る全ての光景が新鮮でした! まず、エントランスに入ると「ドレスコード」を記した看板に驚き、 次にプレイヤーの皆さんの少し派手目なゴルフウェアーに目が留まり、 そしてプレーは次の打者が見守る中で、打つというスタイルに勝手に 恥ずかしくなりました… 前述したとおり、この日は快晴で暑すぎるくらいの天気でしたが、 皆様のプレーしている顔がとてもにこやかで、また和気あいあいとした雰囲気も こちらに伝わり、紳士淑女のスポーツの一端を垣間見ました。 初めてのお手伝いということで、表彰式での成績発表のスコア等は 分からないことだらけでしたが、お互いの成績を拍手して称える スポーツマンシップに則った皆様の姿は、素人目ではありますが、 性別や世代を超えてゴルフというスポーツを愛する「ONE TEAM」そのものでした。 最後にご参加いただいた皆様、拙い私のお手伝いを快く受け入れてくださり 誠にありがとうございました。 また機会があれば今後ともよろしくお願いいたします。  

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2024/05/17

川中島の戦いツアー無事に催行いたしました!

新緑が目に眩い季節となってまいりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか? ゴールデンウィークも過ぎ、軽井沢の町も少し落ち着きを取り戻してきた先日、 川中島の戦いを辿るツアーを催行いたしました。 最初に訪れた川中島古戦場跡は地元の語り部の会の会長にお越しいただき散策いたしました。 まず、バスを停めた駐車場が正に戦の「主戦場の中心地」というドラマチックな展開から始まり、遠くに見える上杉・武田両軍の本陣となる山々の位置関係などをご説明いただきました。また、ガイドブックなどでよく見かける「一騎打ち」の像は想像以上に大きく、皆様も驚かれ、様々な構図から写真を撮られていました。 お気に入りの1枚を撮ることはできましたでしょうか? 昼食をはさんで、午後は長野市内(古戦場跡)を一望できる小高い丘、地附山公園へと向かいました。この公園は遊具などもあり、訪れた日は地元の幼稚園児が遊びに来ていました。いくつかあるハイキングコースのうち、本格的なものを歩くと、当時の山城跡まで辿り着く絶景コースがあるようですが、私たちがいる場所から眺めた長野市内の眺望でも十分素晴らしかったです! 語り部の会の会長とお別れした後は、場所を松代に移し、まずは松代焼の陶芸体験を行いました。 湯飲みにするか、茶碗にするか選んでいただき、その後は先生のご指導の下、皆様アッという間に形を整え、高台を付け、底にサインを刻み、約40日間の「お楽しみ期間」となりました。この間に器は「乾燥→素焼き→釉薬→焼き上げ」の工程を辿り、皆様のお手元に届きます。一期一会の出会い、出来上がった作品、機会があればぜひ見せてください! 最後に訪れた松代城跡でも、ガイドさんが丁寧な説明をしてくださいました。 当時のままの状態で残っている石垣や瓦葺きの細かい説明や、地図を交えた当時の攻略法の説明などは皆様、感心なさっているご様子でした。 駐車場に帰る道すがら、急遽立ち寄ってくださった真田邸や松代小学校などのたたずまいは、当時の面影を偲ばせ、夕暮れどきということもありタイムスリップしたような錯覚に陥りました。 今回のツアーは少人数での催行となりましたが、結果的には和気あいあいと ガイドの方々や陶芸の先生とも距離が近く、楽しいひと時となりました。 ご参加いただいた皆様、朝早くから1日お付き合いいただき、誠にありがとうございました。 7月には高山村にある「裏見の滝」(滝の内側にある遊歩道)を散策したり、和菓子を作ったり、味噌蔵を見学するツアーも予定しております。 また皆様にお会いできる日を楽しみにしております!

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2024/01/21

休館日のご案内

皆様、こんにちは。 激動の年はじめが過ぎ早や3週間あまり、まだまだ心身ともにソワソワと落ち着かない日々を送られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ご家族をはじめ遠方のご親戚、またご友人など皆様と、近しい方々が今年一年、健やかに過ごせますよう心よりお祈り申し上げます。 さて、昨日から軽井沢は一面の銀世界となっております。 晴れやかな冬空にまばゆい雪の光が…と言いたいところですが、 空は鈍色。昨日、帰途につく道すがら雲場池に立ち寄って数枚写真を撮ってきたので、ご紹介します。凛とした静けさの中、水鳥が悠々と水面を滑る姿、 微動だにせず寒さに耐える姿、どちも愛らしくしばらく見入ってしまいました! 今日のブログは休館日のお知らせです。 当館は明日1月22日(月)の午後から26日(金)まで(厳密にいうと、27日(土)の午後から営業再開)メンテナンス休館となっております。 ご予約やお問い合わせのお電話は朝9時半から午後5時半まで、 休館日当日(22日)チェックアウト後のお荷物のお預かりやお車の駐車等は、午後4時頃までとさせていただきますのでご注意くださいませ。 5日間の休館を経て、冬の最も寒く、最も美しい、季節がやって来ます。 朝晩の冷え込みが厳しい分、木々や草花に宿る生命力が垣間見える季節でもあります。 また冬季限定(~2/25日曜まで)で、レストラン彩にてカフェ営業(12:00-15:00)も行っております!早目にご到着の際は、窓ごしに中庭の風景を眺めながら、この時期限定のゆっくりティータイムはいかがでしょうか? 皆様のご来館を心よりお待ちしております!  

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2023/11/26

安東美術館に行ってきました!

皆様こんにちは。日に日に寒さが厳しくなる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか? 軽井沢の今朝の気温は氷点下3度!いよいよ冬支度、お車でお越しの方は忘れずに 冬用タイヤの装備をお願いいたします。 さて、少し日にちは遡りますが、今月の上旬に初めて「お隣」の安東美術館に行ってきました。遠方から友人が来軽し、私自身も久しぶりの軽井沢観光を満喫、しっかり「観光客」してきました(笑) まずは安東美術館の「顔」でもあるガラス張りのエントランスから館内へ入ると、 すぐ脇の小部屋に案内されます。入館券のQGコードをかざし(!!)足を踏み入れると、そこにはゆったりとした空間が。おしゃれな椅子に腰かけて、安東美術館や藤田嗣治の紹介スライドを見ながらフリードリンク(コーヒーや紅茶、ホットココアなどが選べます)をいただきました。 今回は開館一周年記念特別企画「ようこそ 藤田嗣治のお家へ」 という企画展を みてきました。革張りのソファーや豪華なシャンデリアが設えてある各展示室には 程よい感覚で、また時代ごとに絵画や工芸が体系的に展示されており、興味深く鑑賞することが出来ました。 「フジタ=乳白色の肌をした少女の絵」というイメージが強かったのですが、 聖母マリアを連想させるような宗教色の強い絵や南米時代に描かれたやや荒々しいタッチの作品など、一見、フジタのものとは分かりにくいような貴重な作品に出会うことができました。 そんな中、私の目に飛び込んできたのは大部屋に飾られたいくつもの猫の絵でした。フジタが猫をモチーフに数々の作品を残していることは知っていましたが、 日本の猫とフランスの猫で、描き出す毛並みや目の質感の違いを比べながら 鑑賞でき、有意義な時間となりました!更に嬉しいことに、館内の展示作品も「3点以上まとまっていれば撮影可=1点で撮影するのは不可」という案内板があり、いくつか撮影させていただきました。 室内装飾を含め館内をゆっくり鑑賞した後、ミュージアムショップでは迷うことなく、猫を描いたポストカードなどを購入。今では自宅の壁をにぎやかにしてくれています(笑)。 今回は時間が足りず、併設されたカフェに行くことは出来ませんでしたが、 次回、また企画展があった際は足を運びたいと思います。 尚、当館では安東美術館の割引券をフロントカウンターにてお渡しできます。 必要な方はフロントカウンターにてお声がけ下さいませ。

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2023/10/06

10月4日「美食の秋・松茸会席と信州食巡りツアー」無事に催行致しました

皆様こんにちは。ここ数日ですっかり秋の装いとなった軽井沢、朝晩は一桁代まで冷え込むことが多くなってまいりました。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?さて、少し遅くなりましたが、今日は一昨日催行した松茸ツアーのご報告です。 前夜から降り続いていた雨の中、まずは小諸の松井農園に向けて出発すると、徐々に雨脚は弱くなり、皆様の願いが通じたのか(?) 到着時にはすっかり止んでいました。しかし、リンゴ畑は高台にあり、畑の足元もぬかるんでいるとのこと、今回は諦めざるを得ませんでした。代わりに農園のスタッフさんが、沢山の種類の試食用リンゴと、種類ごとに並べたリンゴの大篭を用意して下さり、「即席リンゴバイキング」の誕生!皆様お持ち帰り用の篭いっぱいにお気に入りのリンゴを詰め込み、満足そうでした。 昼食は今回のツアーのメインともいうべき松茸会席です。毎年、少しずつ内容を変えてご案内していますが、今回の目玉は松茸の天ぷらです。皆様のアンケートをもとに、初めて天ぷらを加えてみましたが、お味はいかがでしたでしょうか? 午後は場所を東御(とうみ)に移し、郷土の画家・丸山晩霞(まるやまばんか)記念館にて絵画鑑賞、そしてユニークな館長さんが制作したオリジナルフィルムで、この画家への造詣を深めると共に、皆様にもハガキサイズの水彩画塗り絵に挑戦していただきました! 「数十年ぶりに絵筆を握ったわ」等、ウキウキした声で筆を進める皆様は芸術の秋に相応しい立派なアーティストでした! 塗り絵終了後は完成した作品と共に記念撮影を行いました。皆様、数年後にこの塗り絵ハガキがどこからともなく出てきたら、今日のことをぜひ思い出して下さいね☺ 最後に訪れたワイナリーでは、スタッフの方が各所で丁寧にご説明してくださいました。圧巻だったのは通常非公開のワインセラーで、ズラリと並んだビンテージワイン(記録として残しているものが殆どで飲料用は少ないとのこと)、更に奥へ進むとVIPルーム、とそこだけまるでヨーロッパの古城ホテルの一室に迷い込んだような、完全な異空間でした!上を見上げればブドウ形のシャンデリア、横に目を向ければズラリと並んだワインに関する蔵書。なんという贅沢な演出!こんな空間でワインを口に含んだら…と考えるだけで酔いしれてしまいそうです(苦笑)。 一通り見学を終え、最後はお待ちかねの試飲タイムです。食巡りツアーの最後を飾るに相応しい、4種類の飲み比べ、アルコールが苦手な方には高級ワインと同じブドウから製造したブドウジュースをお召し上がりいただきました。小高い丘の上から小諸の町を見下ろしつつ飲むワインの味はきっと格別だったと思います。 こうして信州の食と芸術を満喫するツアーは皆様の食欲と知的好奇心を満たし(?) 無事に終了することができました。久しぶりの大所帯ツアーで、開始前は不安になることもありましたが、始まってみれば皆様のご協力のお陰で楽しいひとときを過ごすできました。 改めてご参加いただいた皆様にお礼申し上げると共に、今後も旧軽井沢企画のツアーにご参加いただけるよう、スタッフ一同知恵を絞って企画を作りあけていきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2023/08/18

当館で秋と言えば…

皆様、こんにちは。 昨晩、軽井沢では矢ケ崎公園で4年ぶりに盛大な花火大会があり、夜空を彩る大輪の花に、会場のあちらこちらから、歓声やどよめきが起こりました。 余韻に浸りながら歩いていると、ふと肌に触れる風がいつもよりひんやりとした心地良いものに変わっていることに気が付き、間もなくやってくる秋の気配を感じながら、帰路につきました。 さて秋と言えば、当館・毎年恒例の松茸ツアーがございます! 今年も「美食+芸術」をコンセプトに午前中は小諸でリンゴ狩りを、お昼はこのツアーのメインでもある松茸会席を、(今年は昨年の銀蒸しに代わり天ぷらをご用意いたします)午後は東御で郷土の画家「水彩の明星」とも言われた丸山晩霞(まるやまばんか)記念館で芸術鑑賞、そして最後に小諸のマンズワイナリーで通常非公開のワインセラーの見学やワイン試飲(アルコール苦手な方はジュースに変更可能)を予定しております。 「毎年恒例」とはいえ、常に確認事項は散在し、今年もしっかり下見に行って参りました! 最初に訪れた松井農園ではちょうど、リンゴの実がふっくらとし始め、果実はまだまだ青いながらも、しっかりと枝にぶら下がり、完熟の時を待っていました。リンゴ畑を散策中には「リンゴ飴」の定番、小ぶりで可愛らしい「アルプス乙女」や、しなのリンゴ三兄弟(シナノスイート・シナノゴールド・秋映)が一つにまとまった面白い「接ぎ木」を見せていただきました。 ツアーで訪れる頃には、それらの木々も食べ頃を迎え、きっと皆様の「ほっぺ」をほころばせてくれることと思います! 昼食会場はシーズン前の為、場所の確認のみとなりましたが、松茸小屋までの緩やかな坂道が、舗装された階段へと変わっており、いくぶん歩きやすくなっていました。 午後は場所を東御に移し、丸山挽霞記念館へ。東御市文化会館に併設されたこじんまりとした館内は、一つ一つの作品をじっくり鑑賞するにはちょうど良い大きさで、また館長さんからも、「ツアー当日はぜひ晩霞を紹介したい」とご要望があり、作品理解がより深まる貴重な時間となりそうです。 最後に訪れるマンズワイナリーでは、広大な日本庭園や地下にあるワインセラーの見学など、ただ試飲するだけではなく、ブドウを取り巻く環境も含めて、広大な自然が広がる敷地の中で、豊かに成長するブドウをじっくり観察することが出来ました。 松茸ツアーは毎年好評で、申込開始と同時にキャンセル待ちが相次ぐ大人気のツアーですが、今年は現時点で、9/22があと2名分空きがあり、10/4もキャンセル待ちが「一組のみ」待っている状態でございます。 ツアーは松茸ツアーに限らず、多かれ少なかれキャンセルが出ることが常です。 申込時点ではキャンセル待ちでも、実際ツアーに参加できたという方も多数いらっしゃるかと思います。 このブログを読んで、もしこのツアーに興味を持たれた方がいらっしゃったら、 9/22分への申し込み、また「ダメもとで」ひとまず10/4分の「キャンセル待ち」に申し込んでみてはいかがでしょうか?(ツアーのご順番が必ず回ってくるという確約をするものではありません) 皆様と信州の食を巡りながら楽しいひとときが過ごせることを楽しみにしております! 美食の秋・松茸会席と信州食巡りツアー~リンゴ狩りからワイナリーへ~│イベント・ツアー│東急ハーヴェストクラブ -TOKYU Harvest Club-

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2023/05/14

志賀高原空中散歩ツアーの下見に行ってきました!

皆様こんにちは。日ごとに緑の濃さが増し、陽に透ける葉の眩さが心地よい 今日この頃、いかがお過ごしでしょうか? さて私は先日、7月の志賀高原・空中散歩ツアーの下見に行ってまいりました。 今回のツアーはちょうど未曽有のコロナ禍に見舞われた2020年に「幻の企画」となってしまったもので、今回ようやく実現する運びとなった、私たちスタッフの思い入れも強いツアーです。 午前中はロープウェイに乗り、北志賀・竜王マウンテンパーク内にあるSORA terrace(ソラテラス)までぶら~り空中散歩すること約10分。標高1770mから見下ろす「下界」は中野市から遥か長野市まで一望でき、また自分の目の高さには北信五山の一つ、妙高山や斑尾山、その背景には残雪を被った北アルプスの絶景が見渡せました。SORA terraceは雲海発生率が高いことで有名ですが、個人的には 皆様に青々とした緑を眼下に、脈々と連なる山々をご覧いただきながらゆったりとした時間をお過ごしいただきたいな~と思います。 昼食会場も前回企画時同様、発酵料理をメインに地産地消にこだわった 「HAKKO YAMANOUCHI」にお願いしました。 こじんまりとした店内は一部座敷席を含め、ご参加の皆様の親睦が深まるひと時になるようなアットホームな雰囲気です。残念ながら、下見日当日は営業日ではなかった為、料理を頂く事が出来ませんでしたが、当日までのお楽しみとしてとっておこうと思います!! 午後の前山山頂散策はサマーリフトを使い、山頂までひとっ飛び、ガイドの方と一緒に渋池やひょうたん池までの散策を行います。下見日は所々残雪があり、雪解けによる大小の水たまりも多く、石だらけのでこぼこ道や木道を歩くだけで靴が泥だらけになり大変でしたが、ツアー当日はぜひ快晴の中、凛とした静寂の中に佇む池の神秘的な雰囲気を皆様に感じ取っていただきたいなと思いました。 下界の暑さとしばしお別れし、初夏の魅力あふれる志賀高原で一日のんびり過ごしてみませんか?  

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2023/03/17

4月20日のお花見ツアーの下見に行ってきました!

皆様こんにちは。フロントの柳 昭子です。 お住まいの地域ではそろそろ桜も開花し、すっかり春めいてきているかと思いますが、明日からはまた「寒の戻り」とのこと、軽井沢にお越しの際は暖かいお召しものをお持ち下さい。さてブログのタイトルどおり、昨日、4月20日催行予定のお花見ツアーの下見に行って来ました。今回のツアーは久々に地元東信のお花見ということで、レストランから2月に異動してきたばかりのフレッシュな阿出川と共に信州の春をお届けできればと思っております。 ツアー当日、最初に訪れる上田城跡公園と最後に訪れる小諸城址懐古園は、ガイドの方と共に散策しました。今年は桜の開花が全国的に例年より早くなっており、ツアー当日の開花状況は満開をすぎてしまう可能性が高いとのことでしたが、園内での解説が、所々上田城と小諸城で呼応しており(例:上田城の真田氏に対して小諸城は敵対する武田氏の逸話等)非常に興味深いものでした。また「あ、その呼称、上田城の解説時にもでてきた!」とういうような知的好奇心をくすぐる話題がいくつかあり、(ここであまり書くと当日の楽しみがなくなってしまうので)万が一、ツアー当日、お花見が難しくても知識を深めるには充分楽しめる内容でした。 *ツアー当日と下見日のガイドさんが同一とは限りませんので、予めご了承下さいませ。 昼食会場のはりこし亭の立派な外観や内装、また食後に訪れるいちご園の完熟しきったいちごの甘さ、更には車窓から見える、雪解けが始まった北アルプスの峰々にもきっとご満足いただけるかと思います。信州での「春探し」ぜひご一緒にしてみませんか?   2大名城址を深堀り散策!お花見&いちご狩りツアー│イベント・ツアー│東急ハーヴェストクラブ -TOKYU Harvest Club-

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2023/03/02

サクラ………咲キマシタ♪

皆様こんにちは、フロント柳 昭子です。 昨日から3月、啓蟄ももう間もなくの今日この頃ですが、本日の軽井沢は時折雪も散らつき、真冬の寒さに逆戻りとなりました。 お住まいの地域はいかがでしょうか?何気ない日々の生活の中で「春」を感じたり、見つけたりすることが多くなってきたのではないでしょうか?冬から春への移り変わりはこうした「小さな幸せ」を感じることができ、個人的には好きな時期です。 さて本日のブログですがタイトルと写真からお察しの通り、先日行われた軽井沢WEB検定で、私とフロントスタッフもう1名、 無事、1級に合格しましたことをご報告いたします。 試験内容は思ったよりも細部にまで及んだ質問が多く、焦ることが多かったのですが、時折出題される既出の3級問題や自作のクイズで学んだ内容などが出題された時などにメンタルを立て直し、(実際、深呼吸を何度したことか…)100問をなんとかやり抜くことが出来ました。 そうしてやってきた「ご褒美」のお知らせ♪ 先日、観光協会に立ち寄り、1級の合格バッチ(軽井沢彫)の見本を見せてもらいました。 3種類どれも歴史と伝統を感じる重厚感と木彫ならではの光沢が素晴らしく、じっくり考えた末、写真左のバッチを選択しました。 4月頃には襟元に桜の花が咲いているかと思います!またこれまで3年間学んできたことを忘れないためにも、少しずつブログ等で軽井沢にまつわるトリビアを皆様にもご紹介出来たらと考えておりますので、どうぞお楽しみに!! 桜つながりでもう1つ。 当館2023年度、最初のツアーは4月20日(木)催行予定の毎年恒例・お花見ツアーです! 去年は高崎の芝桜、一昨年は松本エリアの桜(3年前はコロナ禍で不催行)と地元・東信からしばらく遠ざかっていましたが、今年は「王道」の上田城址公園と小諸・懐古園という東信を代表するお花見スポットを訪れます。2カ所ともガイドの方と散策する時間を設け、歴史の深堀りもできる知的好奇心をくすぐるツアー内容となっております。桜の開花が首都圏より1か月ほど遅い信州で、ぜひ今年2度目(1度目は皆様お住いの地域で)のお花見をお楽しみください♪ 皆様のご参加、お待ちしております!詳細はHarvest times3月号、または当館ホームページでご確認下さい。 2大名城址を深堀り散策!お花見&いちご狩りツアー│イベント・ツアー│東急ハーヴェストクラブ -TOKYU Harvest Club-  

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2023/01/09

毎年恒例のご報告

お正月も過ぎ、成人の日の三連休も最終日ともなると、町もだいぶ落ち着いてまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか? さて本日は久しぶりのブログ番ですが、山部は冬眠中(笑)ですので、この時期恒例となりつつある「ご報告」です。 私とフロントスタッフもう1名で来月初旬に軽井沢検定1級にチャレンジします! 一昨年から少しずつ学習を進めている軽井沢検定ですが、いよいよ1級に挑戦となりました。正直、2級もけっこうギリギリでしたので、受験するかためらいましたが、やはり1級合格者だけに許される「軽井沢彫の合格バッチ」に魅かれ、申込をしてしまいました… 公式ホームページでは3級の模擬試験しか公開しておらず、テキストも1級が具体的にどの程度細部まで問われるのか全く見当がつかず、正に「暗中模索」の中、 オリジナルクイズを作成したり、「軽井沢案内」を資料として活用したりして 「来るべき日」に備えています。ちなみ写真にも載せた「軽井沢案内」ですが、読み進めていくと意外に「トリビア的知識」がふんだんに詰め込まれており、文字通り軽井沢の案内本として楽しめる1冊です。 町役場や観光案内所に置いてあるので、ご興味のある方はぜひ手に取ってみてください! 合格発表は来月末、合格バッチは1つ1つが手作りの為、すぐには手元に届きませんが、4月頃には襟元に軽井沢彫のサクラソウ(町の花)が咲いているはずです! 襟元に今までと同じ銀縁にサクラソウのピンバッチが付いていたら…察してください(泣) とにかく泣いても笑ってもあと1か月弱、三年間の集大成、悔いのないよう「軽井沢オタク」になろうと思います(笑)。ご声援、よろしくお願い致します!

  • 0

  • 0