スタッフがお届けする現地ブログ

京都鷹峯 & VIALA

2024/02/08

休館日の過ごし方~鹿児島吾平編~

こんにちは。   レストランオルティーヴォの三林です。     今回は休館日中に行った鹿児島での出来事をお話ししたいと思います!   九州といえば、、、焼酎!ということで、焼酎の醸造所2ヶ所を先輩方3人で見学して参りました。   そのうちの一つ、小鹿酒造さんのお話しさせていただきます。     鹿児島市からフェリーで大隅半島に行き、少し車を走らせて到着したのは豊かな自然が広がる鹿屋市吾平町(かなや市あいら町)の小鹿酒造さん!   元々鹿屋市で焼酎を作っていた小さな蔵元が経営困難になり、何とかしよう!と思い同じ立場の蔵元に声をかけて集まった4つの蔵が協業化した“小鹿酒造”さん。   ”鹿”屋の“小“さな蔵元が集まったことから「小鹿酒造」という名前になったそうです!     協業化当初、企業の合併などうまくいかないと地元の人たちからも言われていた小鹿酒造は今では芋焼酎界でも一目を置かれる企業となりました!   そんな小鹿酒造さんにはいくつかのこだわりがあります。   芋焼酎造りで重要な要素の一つ、仕込み水。 小鹿酒造のある吾平町は照葉樹林に恵まれた国見山地の麓にあります。その山々の地下に貯められたミネラルたっぷりの吾平の水を酒造から車で数分にある玉泉寺公園から汲んだものを使用しているのです。     サツマイモ、もちろんここにもこだわりが、、、 小鹿酒造では確かな品質を得るために「小鹿農業生産組合」を設立しています。種芋(やがて芽がでて苗となるもとの芋)の選別から苗の植え付け、収穫まですべての作業において厳しい目で監修しながら育て上げられたサツマイモを新鮮な状態で焼酎の仕込みに臨める環境をつくりあげています。   契約農家さんからは「小鹿酒造さんは厳しいからな」とほかの企業よりも神経質になるらしいです(笑)       またサツマイモを収穫して工場に運ばれてからも人の目で改めて選別が行われます。 中央のコンベアから流れてくるサツマイモを数人で選別し、しっかりと育った良い芋を選び取ります。↓     一から十までこだわりにこだわりつめてようやく仕上がる焼酎。そうして出来上がる一品はまさに至高の一品でございます。       小鹿酒造さんのお酒を近々レストランオルティーヴォでもご提供いたしますので乞うご期待!   見学の際の写真です! ↓小鹿酒造で最も愛されているレギュラー酒「小鹿」の貯蔵タンクです! ↓小鹿酒造で使われている焼酎の仕込み水のある玉泉寺公園です。 新鮮な野生のクレソンが育つ美しい山でした! 吾平編完   小鹿酒造 〒893-1101 鹿児島県鹿屋市吾平町上名7312番地 https://shochu-kojika.jp/    

  • 0

  • 0

天城高原

2024/02/08

第26回みなみの桜と菜の花まつり

   こんにちは レストラン 本多です。 今回私がご紹介するのは菜の花と桜です。 場所は南伊豆になり距離は遠いですが、開花すると見ごたえがあります。 天城は先日の雪で積雪がいまだございますが、南下していくにつれ気温が 上がり河津桜も開花しだしております。ご参考にどうぞ。   ■第26回みなみの桜と菜の花まつり■ ・2月1日㈭ オープニング神事 ◎場所:日野菜の花畑                                      ◎10:00~桜まつりの成功と無事を願うための神事菜の花畑(日野)   ・2月18日㈰・2月25日㈰ 伊勢海老みそ汁サービス ◎場所:下賀茂商店街「ミロー」駐車場 ◎南伊豆町特産「伊勢海老」のみそ汁を大サービス! ※1日2回(1回約200杯分) ※1回目:11:00~ 2回目:13:00~ ※無くなりしだい終了   ・2月1日㈭~3月10日㈰ 夜桜ライトアップ ◎場所:前原橋付近~九条橋付近 ◎18:00~21:00 毎日開催!   ・2月1日㈭~3月10日㈰ みなみの夜桜と竹灯り ◎場所:①道の駅下賀茂温泉湯の花 ②銀の湯橋付近 ◎18:00~21:00 毎日開催!   ・2月3日㈯~2月25日㈰ ガラガラポン抽選会 ◎場所:道の駅下賀茂温泉湯の花(観光案内所前) ◎10:00~15:00 土日祝開催!   

  • 0

  • 0

VIALA軽井沢Retreat creek/garden

2024/02/07

スタッフの紹介 Part7

皆様、こんにちは。 ソムリエの堀込です。   今年の軽井沢は積雪もあまり多くなく、穏やかな季節となっております。 相変わらず、朝晩の冷え込みは氷点下となり路面の凍結は日常的に起こりますので、お足元には十分気をつけてお越し下さいませ。   さて、今回も堀込恒例の海外スタッフの紹介とさせて頂きます。   またまたネパールから2名新規のスタッフが、軽井沢の地で活躍する事となりました!   『ソムさん』写真左 なんとソムさんですが、過去6年間の滞在を活かし、母国ネパールで日本語の先生をしていたとの事です!ホテルの仕事は初めてですが、相手を思いやる気持ちや、より良くする為にはどうしたらいいかを考える力もあり、私達も勉強になる部分が多くあります。   『スシルさん』写真右 スシルさんも日本にきてから6年程経過しており、流暢に話をされる姿には驚かされる事ばかりです!スマートな対応が多く見受けられ、まさにホテルマンとしての理想な立ち振る舞いで、見ていてカッコいいです!   2人ともブッフェレストランのアサマダイニングで活躍しております! 最近ではブッフェ営業がお休みの日は和食やフレンチレストランでも積極的に仕事を覚えてくれて、即戦力として活躍してくれ大変助かってます。   今度も新しいスタッフが入った際に、皆が働きやすく、個性を活かせるような環境づくりにも努めてまいります。   スタッフ一同、皆様のご来館を、心よりお待ちしております。

  • 0

  • 0

勝浦

2024/02/07

自然あふれる里山の中でいただく“絶品薪窯ピッツァ”

皆様こんにちは!レストラン小林です! 最近の勝浦は、日中も風が冷たく、身も凍える日々ではございますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 今回も私が勝浦三年目になりましたが、まだまだ勝浦や南房総について未熟者ですので、東急ハーヴェストクラブ勝浦から行くことのできる観光地に自ら出向いてみて、すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、改めて皆様に自分なりのご紹介をしようと考えております!   今回ご紹介するのは、千葉県長生郡長生町にあります「PIZZA storia」さんでございます。 こちらのお店では、お米と麹で作った自家製天然酵母を使用し、手練りで仕上げた生地を薪窯で焼き上げた絶品のピッツァを召し上がることが出来ます! ピッツァの種類だけでも、トマトベースとモッツァレラベースの20種類ほどあり、どれを食べようか迷ってしまう程のメニュー数ですが、さらにパスタなども提供しているため、非常に充実したメニューとなっております!   「PIZZA storia」さんは、東急ハーヴェストクラブ勝浦から車で50分程でございます。   当ホテルからお車で少し時間はかかりますが、千葉県産の食材も使っている為、地元ならではのピッツァを召し上がってみてはいかがでしょうか。

  • 0

  • 0