スタッフがお届けする現地ブログ

伊東

2022/05/24

一碧湖ウォーキング

こんにちは、フロントの保坂です。 本日、皆様にご紹介させていただくのは【朝活!スタッフと一緒にウォーキング】です。 今回初めてイベントに同行をさせて頂いたのですが、早朝からお客様とお話をさせて頂きながらのウォーキングなので、とても気持ちよく一日を迎えることができました。 今回私が参加させて頂いたのは【朝活!スタッフと一緒にウォーキング】の中でも何度か行なっている『一碧湖コース』に同行させていただきました。 プライベートで以前、一碧湖に行って一周周ったあとにカフェでお茶をしたことがあったので、イメージはついていましたが、お客様とお話をしつつ朝いちばんにウォーキングが出来るのか不安でした。 またイベントに参加することが初めてだった私はとても緊張しましたが、いつもフロントカウンターにいるだけなので、お客様と交流を深めることのできる良い機会だと期待しつつ同行しました。 イベント当日は雨が少し降っている状態だったので、足元が悪い中歩けるか不安でしたが、今回参加して下さったお客様は、普段から運動されているアクティブな方々だった為、雨の事を少し気にしながらも、明るくイベントに期待されている様子でした。 出発の際にリスを見たり、一碧湖の周りを歩いている際にもたくさんの鳥たちに遭遇をして、癒されるようなスタートを迎えました。 一周周るには足元が悪い場所があった為、半周したのちに折り返したのですが、そのころには天気も味方をしてくれたようで、ポカポカするような暖かさになって歩きやすかったです。 もう少し天気がよかったらと何度も思いましたが、今回はべたつく様な暑さではなかったので、ウォーキング初心者の私にとってはとても快適でした。 一周周った後には、軽食を一碧湖カフェで頂きとても充実した朝活になりました。 お客様も運動をした後も楽しそうにお話をしていたので良かったです。 勿論スタッフとお客様との会話も大事ですが、お客様同士でお話することも大事であると思うので、交流の輪を広げたいとお考えの貴方、ぜひイベントに参加してみてください。 私も機会があったらまた参加をしたいです。 今回参加して下さったお客様にも、本当に感謝しております。

  • 0

  • 0

那須/那須Retreat

2022/05/19

なすやまトレッキング視察に行って来ました!

こんにちはフロントの圓山です。 今回は6月15日に実施予定の「那須岳を巡るなすやまトレッキング」の視察に行ってきましたのでご報告です。今回のコースはロープウェイを使い、山頂駅から姥ヶ平に向かい、またロープウェイで戻ってくるというコースです。比較的、王道の場所というイメージがあるかもしれませんが、道中砂利道や大きな岩が転がっている場所等があり気を付けて進まなければいけません。 私自身登山は前にやってから半年以上経っていますが、体は覚えていたようです。   今年は前年度の積雪が多かった事もあり、まだ山肌には雪が残っていました。 この時期に雪が見られるのも珍しいのではとガイドの方もおっしゃっていました。 また、この日は天気も良く絶好の登山日和でしたので、顔がやけてしまいそうでした。登山に参加される方は、日焼けクリームを持ってきてもいいかも知れません。   山麓駅を降りて歩く事30分程で、「牛ヶ首」に到着します。 茶臼岳を見渡せるチェックポイントであり、「峠の茶屋」や「姥ヶ平」等を繋ぐまさに、中間地点に位置します。 軽く水分補給を行い、姥ヶ平へ出発。 道中、「しゃくなげ」や「いわかがみ」といった植物が見られました。 まだ、花は咲いておりませんが、来月の中旬頃には花が咲き綺麗な光景が見られるでしょう。約25分で目的地の「姥ヶ平」へ到着。新緑のシーズンとの事であたりは青々と緑が広がっており、沢山の「ダケカンバ」とあいまって後方の茶臼岳を引き立てています。 近くには「ひょうたん池」という遠くから見渡すとひょうたんの形をしている池があるのですが、ここはまだ雪が残っており真っ白です。ここでは後方の茶臼岳が水の表面に映る為、天気が良ければ「逆さ茶臼」の写真を撮れるとの事でマニアには有名です。 6月の本番では雪は解けていると思われるので、是非とも期待しましょう。 ここから牛ヶ首に戻るには登りとなっているので下るよりも倍近く時間を要します。ただ、そこまで険しくないのでゆっくり登りましょう。 牛ヶ首からは元来た道を戻るだけなので大丈夫です。山麓駅まで行きロープウェイを下り今日の視察は完了です。 今回の登山の魅力は少しでも伝わりましたでしょうか? 当日参加される皆様は宜しくお願い致します。晴れて本番を迎えられることを祈りましょう!   【行程】 ホテル→ロープウェイ山麓駅→ロープウェイ山頂駅→牛ヶ首→姥ヶ平 →牛ヶ首→ロープウェイ山頂駅→ロープウェイ山麓駅→ホテル

  • 0

  • 0

蓼科

2022/05/18

今の見頃は・・・

こんにちは。 レストランの石崎です。 季節の変わり目、皆様いかがお過ごしでしょうか。 5月から夏に変わるこの時期、自律神経が乱れがちなのでぜひともご自愛ください。   そんな時、リフレッシュがてらに蓼科の大自然と  いい空気を存分に吸いながらお散歩はいかがでしょうか。 レストラン「ラコルタ」で 壮大な八ヶ岳連峰を眺めながら、ディナーもおすすめです。   この時期は 新緑が美しくなってきたのと同時に、タウン内は、つつじが見頃を迎えております。   レンゲつつじが多く咲き誇っています。 このレンゲつつじは、同じタウン内にございます東急リゾートホテルの代表花にもなっております。 コースターや、レストランスタッフの名票にも印されておりますので ぜひ機会があればご覧になってみてくださいね。   ところで、 レンゲつつじの花言葉を皆様ご存知ですか。 わたくしはあえて調べませんので、ブログを読んでレストラン「ラコルタ」にお越しの際には、ぜひわたくしにも花言葉を教えてください。   また、ラコルタでは、バードウオッチングができるレストランとして 前回ご紹介致しましたが、今ならツツジと鳥たちの両方をお楽しみいただけますよ この土日、ぜひ蓼科に足をお運びくださることを願って 結びとさせていただきます。  

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/05/18

廃線ウォークに行ってきました!

皆様こんにちは! フロントの古澤でございます。 私は先日「アプトの道」の往復、 いわゆる廃線ウォークに行ってきました。 鉄道文化村の横道からスタートして歩き始めると、 早速電線の上に猿の家族を発見🐵 住宅地からさほど離れていない辺りで出会えるのがとても新鮮でした。 一時間ほど歩くと「めがね橋」に到着です。 橋を降りて下から眺める光景は圧巻でした。 レンガ一つ一つを積み重ねて出来上がったこの橋は いったいどれほどの年月と労力がかかったのか…。 考えれば考えるほど感慨深くなります。 そんなことを考えながら橋を出て5本のトンネルを抜けると アプトの道の折り返し地点「熊ノ平」に到着です。 片道おおよそ2時間弱程歩き(上り)続けました。 そして復路はひたすらに下ります。 下りの傾斜があるので無意識に足早になり、 帰りはとても早く感じました。 この日は終日薄曇りで一時小雨が降り不安になる場面もありましたが、 その影響で時々現れる霧やトンネル内のライトアップがとても綺麗で 無事に楽しく終えることができました。 次はぜひ晴れた日、紅葉の時期に行きたいです🍁 皆様も是非廃線ウォーク行ってみてはいかがでしょうか。

  • 0

  • 0

裏磐梯グランデコ

2022/05/15

ヨカデミー“新緑の五色沼”を開催しました!

本日、今年度1回目のヨカデミー“五色沼トレッキング”を開催しました! 数日前の週間予報では雨マークも出ており心配をしておりましたが、 ご参加いただいた皆様の日頃の行い?のおかげで天候にも恵まれ、 和気あいあいと3.7kmの探勝路を歩きました。   五色沼探勝路は、美しい色合いを見せる様々な湖沼が点在するコースで、トレッキング初心者でもエントリーしやすい、比較的平坦なコースです。 雪の積もる冬を除いてどなたでも散策することができますが、 この時期にイベントを設定したのにはわけがあります。 “新緑×湖沼”のコントラストが見事なんです!!   画像からも伝わっておりますでしょうか。 若い緑と一つの沼の中にも様々な色合いを見せる青沼。 名称は“青”ですが、青・藍・黄緑・水色・群青色などなど。   このほかにもエメラルドグリーンが印象的な毘沙門沼や、 水中の藻やコケから茶褐色や黄色にも見える深泥沼(みどろぬま)などなど 3.7kmのコースに次々と現れる湖沼の数々。   五色沼探勝路の入り口へは、ホテルで運行する無料のシャトルバス(JR猪苗代駅行き)をご利用いただくと便利です。 この機会を逃した皆様も、ぜひこの神秘の沼を訪れてみてください。 紅葉×湖沼群を楽しめる10月下旬もオススメです♪   第2回ヨカデミーは“黄色い絨毯を歩く!ニッコウキスゲと雄国沼”です。 https://www.harvestclub.com/Un/holiday/detail.html?CN=140383 ハーヴェストタイムズ6月号にも掲載中。現在好評【募集中】です!

  • 0

  • 0

那須/那須Retreat

2022/05/15

森林浴、しませんか?

こんにちは。ハーバルスパの小針です。   春が訪れる度に、「花鳥風月」という四字熟語が頭に浮かびます。 以前、タレントの柴田理恵さんがテレビに出演されていた際「人間、花鳥風月の順番に年取るんだって。加齢とともに、花・鳥・風・月へと興味の対象が順番にうつっていく」とテレビでお話しされていたことがありました。 花鳥風月の本来の意味は「自然の美しい景色や風物。また、自然の風物を題材とした詩歌を詠み、絵を描くなどして、風雅な趣を楽しむこと」とされていますが、関連したWebサイトを拝見すると、 「花鳥風月とは "年齢を重ねていくこと" 」と意味を変換されてる方もいらっしゃいました。本来の意味と一緒に考えると、確かに自然の美しい風物を楽しむという境地に達するには、年齢を重ねていくことが必須なのかもしれません。 自然の一部として、森林も風物としては欠かせませんね。お客様の中では、ハイキングやトレッキングなどで森林浴を楽しまれてる方が多くいらっしゃいます♪ 私も昔から森林浴が好きで、特に神社にそびえ立つ木々が大好きです。コロナ禍前はしょっちゅう旅先の神社に出向いては、森林浴ならぬご神木浴を楽しんでました。   今回は、そんな森林浴の魅力をお伝えさせていただけたらと思います。   ゴールデンウィークが過ぎ、あっという間に5月中旬になりました。この時期は「五月病」もしくは「六月病」という言葉が存在するくらい、心身の不調を来しやすい時期でもあります。 新入生や新社会人の皆様。あるいは転職や異動などで新しい環境を迎えた皆様。もちろんそういった方だけに限りませんが、この月は心身のバランスを整えていく大事な時期です。 色んな調整方法があるかと思いますが、ここでは【森林浴】に着目させていただきます。 森林浴とは、「樹木に接し、癒しを求める行為」として、その言葉が生まれました。森林浴=リラックス効果というイメージがありますが、正に然りで、実際に欧米では「森林浴セラピー」や「自然療法」として医療の現場で実用化されています。   ~森林浴の期待できる効果といたしまして~   ①とにかくリラックス 森の中に入ると、人間の体は様々な変化が起こります。 ◇前頭葉の働きが沈静化 ◇交感神経が沈静化し、副交感神経が活発になる これらの変化は、どちらも人の体がリラックスした時に起こる反応です。森林浴は、脳をはじめとした神経をリラックスさせてくれると言われています。森の中を歩くと、風の音、鳥の鳴き声、水のせせらぎ、木漏れ日、木々の緑色、、といった、自然ならではの感覚と出会います。五感を通して自律神経系に刺激を与えることで、自律神経機能をより良いバランスへと変動させる働きもあります。   ②ストレスホルモンの低下 人の体がストレスを感じると、コルチゾールというホルモンを分泌します。このホルモンが高すぎると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが高まると言われています。森林浴によるリラックス効果は、このコルチゾールの上昇を適度に抑え、ストレスによる体の不調から身を守る手助けをしてくれています。   ③思考のリセット 家や職場など、同じ場所で過ごす毎日が続くと、五感は刺激に慣れていきます。その結果、思考の切り替えが難しくなり、悩みや気疲れなどの原因となります。 森林浴のように、あまりなじみのない場所を訪れて五感に刺激を与える事を「転地療法」と呼びます。転地療法により、五感から自律神経が刺激されるので、リフレッシュ効果を生み出します。プラス「あれ?いつもと何か雰囲気が違う」と頭が認識し、新しい気持ちや思考に切り替わるのも森林浴のメリットです。   ④免疫力の活性化 森林浴には、心をリラックスさせ、ストレスに強い状態を作るだけでなく、免疫力を高める事で病気に強い体作りの手助けもしてくれます。気持ちが安定し、ストレスが軽くなることで、ナチュラルキラー細胞が活発に働き始めます。ナチュラルキラー細胞とは免疫細胞の一種であり、この細胞が活性化していると、ガンをはじめとした大きな病気にかかりにくくなるとされています。   心理的にも身体的にも、健康的に導いてくれる森林浴ですが、そういえば最近「チル」という言葉が若い方たちの間でよく使われているそうですね。チルとは「くつろぐ」「まったりする」「落ち着く」「のんびりする」など、心身のリラックス状態を意味する言葉で使われているようです。近ごろ放映されているドリンクのCMでも「チルする?無理する?」というフレーズが話題となっており、やはり心身をリラックスさせることが常々大事なことなんだなぁと感じます。 森林の中を歩く楽しみ方はそれぞれ個人差があるので、のんびりと歩いてみたり、風に揺れる枝葉を眺めたり、葉が擦れる音や鳥の声に耳を傾けたり、大木に触れてみたり・・・ご自身にとって心地よいと感じる方法で、休日やちょっとした時間に森の中で体を休ませてみてはいかがでしょうか♪   そんなわけで、森林浴で「チル」しませんか??  

  • 0

  • 0

勝浦

2022/04/28

貴重な体験をご一緒にいかがですか??

こんにちは! 真夏日に迫る暑さを感じると、今年もプールが待ち遠しくなりますね。 勝浦の屋外プールオープンは7月中旬を予定しています。 さてさて、今回はまだまだ絶賛募集中のイベントのお知らせです。 勝浦にお越しになる皆さまの約半数は通っている!!(かもしれない) 神奈川県と千葉県を繋ぐ道「東京湾アクアライン」。 今となっては当たり前のようにある唯の便利な道路としか思われてないかもしれませんが、 初めて通った時ちょっとわくわくしませんでしたか?? よくよーく考えてみれば、海の底に全長約15㎞の長さのトンネル(道路)なんてそもそもどうやっ て作られたの?とか、トンネルの中でトラブルが発生したらみんなどこへ逃げるの?とか、いろんな疑問浮かびませんか?? そんなアクアラインに関する不思議を実際にトンネルを探索しながら解明していく貴重なツアーイベントを初開催します!! 又、お昼には千葉県側アクアライン入口のまち「木更津」で名物の煮穴子重をお楽しみいただきます。 皆さまのご予約をどうぞお待ちしております♪ 詳しくはこちらをご覧ください ≫≫アクアトンネルに潜入~東京湾アクアライン裏側見学~≪≪

  • 0

  • 0

旧軽井沢/旧軽井沢アネックス

2022/04/13

晴天の雪山登山!

皆様こんにちは!フロントの古澤でございます。 軽井沢でも日中は20℃を超える日が続いており、 半袖で歩いている方々を見かけるようになりました。 さて、私は今月初めに長野県茅野市にある 【北横岳】に雪山登山をしてきました! 北横岳は八ヶ岳連峰の中でも北部に位置し、 北峰(2480M)と南峰(2472M)の二つの岳を総称した場所です。 北八ヶ岳ロープウェイで山頂駅まで昇り、そこから登山開始です。 ちょうどこの日の前日に雪が降ったので、当日はフワフワの新雪の上を歩くことができました。 またなんといってもこの日はとても快晴で、絶好の登山日和となりました。 山頂駅に到着するとその周辺に広がるのは溶岩台地の坪庭です。 坪庭は33万平方メートルの自然庭園で、30種類以上の高山植物が観察できます。 雪が解けた時期には遊歩道で是非散策してみたいです。 その後は傾斜の緩い登山道を歩き、途中で人生初のアイゼン装着! アイゼンを付けた途端に一気に登山家になれたような気がして嬉しくなりました。 そして北横岳ヒュッテを抜けて約50分で山頂に到着しました。 山頂の目の先に見えた蓼科山が綺麗なプリンの形をしており、なんだか可愛らしく思えました。 北横岳や坪庭は全体的にパノラマを楽しめるのが特徴で、 初心者の方にもオススメできるスポットです! 皆様も是非一度は訪れてみてはいかがでしょうか?  

  • 0

  • 0