スタッフがお届けする現地ブログ

有馬六彩 & VIALA

2022/09/19

丹波おばぁちゃんの里

こんにちは。今日は敬老の日ですね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。 国民の休日の一つである敬老の日は、おじいちゃんおばあちゃんに感謝する日です。私も祖父母の家は自分の家以上に寛げるので今でも月に1度は会いに行っています。 さて、今日はそんな日にちなみまして、丹波おばあちゃんの里という道の駅をご紹介致します。 春日インター(北近畿道・舞鶴若狭自動車道)を降りてすぐ横。有馬六彩から車で50分程で行けるようになっております。道の駅ですが、中にはフードコートや物産館など丹波の地の物がお楽しみ頂けます! ​​​​​​ 物産館で販売している野菜は、地元の農家さんが心を込めて作った野菜ばかり。 1度は聞いたことがある丹波の黒枝豆、丹波のお米、丹波黒大豆、丹波栗、山の芋などの特産物はもちろん、他にも新鮮な季節の野菜がたくさんありますが、特に秋はこの名産が全て揃うおすすめの時期!私は大好きな丹波栗を購入したのですが、とてもリーズナブルに美味しい栗に出会うことができました。しかしながら、こちらは時期のものですので、つい嬉しくて2回目に訪れた時は残念ながら売り切れ。今年もリベンジに向かう予定です。秋の丹波篠山には美味しいものであふれています。是非収穫の旅に出かけませんか♪   丹波おばあちゃんの里 https://tamba-obasato.co.jp/facility/

  • 0

  • 0

熱海伊豆山 & VIALA

2022/09/18

熱海の和スイーツでホッとする一息を

みなさまこんにちは!フロントの渡邉です。 9月は気温の変化が激しいので、体調を崩しやすい季節ですね。 コロナだけでなく、風邪にも気を付けて体調管理をしていきたいと思います。 皆様もご自愛くださいませ。     さて、今回は熱海の和スイーツを取り扱っている和カフェをご紹介したいと思います。   熱海駅から徒歩3分、仲見世通りに佇むカフェ「藍花」は 自家焙煎珈琲と和洋折衷のスイーツが人気の甘味処です。 おすすめの自家焙煎珈琲は注文されてから、ハンドドリップされるので いつでも新鮮な珈琲を味わうことができます。 また、甘味は丹波産大納言小豆や南伊豆産天草、大美伊豆牧場の搾りたてミルクを 100%使用したソフトクリームを使ったクリームあんみつをはじめ、 自家製のかぼちゃプリンや独自に配合したシロップを使ったブランデーケーキ、 カカオ64%のクーベルチュールを使ったオレンジの酸味香るムースショコラなど、 和も洋も取り揃えられています。 また、茶房内では珈琲豆の販売もございますので、 お店で見つけたお気に入りの珈琲をお土産にお買い求めいただけます。   私は藍花さんおすすめの白玉クリームあんみつをいただきました。 上品な甘さのあんことソフトクリーム、黒蜜はさっぱりとしたフルーツや寒天と 非常にマッチしていてとても美味しかったです。 あんみつにかける蜜は黒蜜と抹茶蜜の2種類から選べるので、次回は抹茶蜜も試してみたいと思います。   熱海の和のスイーツを皆様も是非お召し上がりくださいませ。   茶房 藍花 営業時間:10:30~17:00 メニュー:・ブレンドコーヒー「藍花」:880円      ・お抹茶:550円      ・白玉クリームあんみつ(八女茶付)990円      +440円で珈琲・紅茶のセットにできます。 アクセス:熱海駅より徒歩3分 住所:静岡県熱海市田原本町7-6 TEL:0557-83-5566

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/09/14

【イベント参加募集中!】星の王子さまミュージアムのご紹介

こんにちは。   箱根はまだ暑い日もありますが、夜はかなり涼しくなり 早くも秋の足音が聞こえてくるようです。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。     今回は10月26日(水)に開催される 『箱根ミュージアムめぐり~星の王子さまミュージアム~』をご紹介いたします。   星の王子さまミュージアムは作者サン=テグジュペリ生誕100年を祝した 世界的記念事業の一環としてオープンした世界で唯一のミュージアムです。   展示ホールでは写真や手紙、愛用品などの資料展示を通してサン=テグジュペリの波乱万丈な生涯をたどり、 名作誕生の秘密を窺い知ることができます。 四季折々の花咲くヨーロピアン・ガーデンやサン=テグジュペリが生まれた フランス・リヨンの街並みを再現した園内はとても素敵な空間です。   イベントではそんな園内や展示ホールを現地スタッフの解説付きでより詳しく知ることができる他、 自由時間には園内の散策はもちろんお気に入りの場所で写真を撮るなど ミュージアムを満喫することが出来る内容となっております。   『レストラン ル・プチ・プランス』の星の王子さまやその登場人(?)物をイメージした お食事、デザートなどもとてもおすすめです!   ★イベントの詳細はこちらをご覧ください★ みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

  • 0

  • 0

蓼科

2022/09/07

美ヶ原高原を散策

蓼科はすっかり秋めいてきました。晩夏、初秋を楽しむ高原ハイキングにぴったりの、美ヶ原高原をハイキングしてきましたのでご紹介します。 美ヶ原高原は、日本有数の絶景ドライブルートとして名高いビーナスラインの北の終着点に位置します。ホテルからは車を走らせること約1時間で到着します。日本有数の絶景ドライブ→どこまでも果てしなく続く牧場の中を爽快なハイキング→王ヶ頭ホテルでランチ&ソフトクリーム。こんな行程が楽しめます。天気のいい日に是非おすすめしたい観光ルートです。 ビーナスラインを気持ちよくドライブ。車山高原、霧ヶ峰を経由して、草原を縫うように続くワインディングロード。軽快なハンドルさばきに鼻歌が混じります。高原を颯爽と走り抜け、ほどなく美ヶ原に到着。 山本小屋ふる里館前の駐車場に停めてハイキングを開始。目指すは、美ヶ原高原にそびえる王ヶ頭ホテル。遠く眺める王ヶ頭ホテルは、周囲のTVアンテナとともに不思議な景観を湛えていて、まるでモンサンミッシェルのよう。ここを目指して片道約1時間のハイキングです。はじめは比較的フラットな道で、果てしなく続く牧場の中を歩く、気分のいいコースです。360°視界が開ける広大な牧場は、とても絵になります。のんびり草を喰む牛を眺め、視線を奥に落とせば北アルプスの雄大眺め。そして、この日は雲海が広がり、幸運にも雲上ハイキングが楽しめました。なんという非日常感、もう最高すぎます。 雄大な牧場の景色の中を1時間歩き、王ヶ頭ホテルに到着。日帰り客でも利用できるカフェがあり、ランチ・喫茶が楽しめます。フォカッチャとコーヒーを注文し、少し肌寒かったのでテラス席ではなく、室内で食事をしました。 10年前に、スイス・フランスの山岳リゾートをハイキングした際、必ずといっていいほど眺望のいいところにレストランがあり、キチンとした食事ができるようになっていたのを思い出しました。そうそう、なんだかそんな雰囲気。よく似ていて、海外の山岳リゾートを楽しんでいるような気分でした。 美ヶ原高原には来たことがあったものの、王ヶ頭ホテルまで歩いたことがなかったので、とてもいい場所を見つけ、お気に入りの場所になりました。今後も足繁く通いたいと思います。(標高2,000mあります。肌寒いのでこれからの季節、長袖が必須です)  

  • 0

  • 0

熱海伊豆山 & VIALA

2022/09/06

マイナスイオンを感じて♪

残暑が続く9月ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回はそんな暑さを感じさせない癒しとパワーをもらえるスポット「来宮(きのみや)神社」をご紹介致します。 来宮神社は日本屈指のパワースポットとして全国的に人気となっており、私が参拝しに行った際も土曜日ということもあってか、たくさんの参拝者の方がいらっしゃいました。 まずは「来宮の社」の入り口となる大きな鳥居の前で軽く一礼をしてから中に入ります。参道の中央は「正中」といい神様がお通りになる道の為、なるべく端を歩きました。 来宮神社は来福・縁起の神様として古くから信仰され、境内の左奥にある「大楠」は①健康長寿②心願成就③幹を1周廻ると寿命が1年延命する伝説④心に願いを秘めながら1周すると願い事が叶う伝説があるそうです。また、本殿近くの「弁財天」には芸能や財運の神様が祀られ、古来神々が宿っていたと伝えられる磐座の「弁天岩」もあります。   神聖な来宮神社ですが、境内には写真映えするスポット、グルメもたくさんあります。 大楠では夕暮れから23時までの間、社の草木に宿る木霊をイメージしたライトアップ(the Kodama Forest Project)が開催されています。スタイリッシュな造りのお守りやお札の参集殿の横にはカフェ「茶寮 報鼓」が併設されており熱海紅茶などのドリンクメニューの他、來宮神社の神様が古来召し上がったといわれる麦こがしや橙を使った来福スウィーツを頂くことができます。 当館にご来館の際は、癒しも元気も両方受けられる来宮神社に皆様も一度足を運んでみてはいかがでしょうか。   ------------------------------------------------------------------------------------- 住所:静岡県熱海市西山町43-1 TEL:0557-82-2241 アクセス:JR熱海駅より西山方面行きバスにて約20分→来宮神社前下車 開頭時間:9時~17時(御祈祷の受付は16時30分まで) ホームページ:http://kinomiya.or.jp/ -------------------------------------------------------------------------------------

  • 0

  • 0