スタッフがお届けする現地ブログ

斑尾 フロントスタッフ 永坂 昂己 のブログ一覧

斑尾

2022/05/06

ゴールデンウィークイベント【こいのぼりをつくろう!】延長のお知らせ

皆様こんにちは! フロントの永坂です。   若葉萌える好季節…というには少し暑すぎるくらいの5月ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。   現在斑尾ではゴールデンウィークイベント【こいのぼりをつくろう!】を開催しております。   既に沢山のお客様にご参加頂き、お陰様で写真の通りタングラム棟のラウンジを彩るこいのぼりは見事に三密状態となっております。 本当にありがとうございます。   イベントの開催期間につきまして、予想を超える沢山のお客様からご好評頂き、当初ゴールデンウィーク限定でしたが5月いっぱいまでイベントを延長することが決まりました。 斑尾にお越し頂いた際は、是非オリジナルこいのぼり作りに挑戦して下さいませ。   参加したかったけど、ゴールデンウィークに斑尾へ行けなかった…そんなお客様、まだ間に合います。お子様も大人の方も大歓迎です。 ハーヴェストクラブ斑尾では、スタッフ一同、そして色鮮やかなこいのぼりが皆様のお越しをお待ちしております。

  • 0

  • 0

斑尾

2021/10/09

烏の城

皆様こんにちは! フロントの永坂です。   すっかり日も短くなり、長野では秋を感じるこの頃です。 さて、今回は「烏(カラス)城」という別名で有名な松本城へ行ってきた時の写真です。   松本城の天守は黒壁と白壁のコントラストが美しく、独特な重厚感があります。その秘密は材料に使われている黒漆にあります。 漆は耐水性、断熱性、防腐性に優れていますが紫外線に弱く、松本城では秋ごろに毎年塗り替えをしています。現在でも黒漆が使われているのは唯一松本城のみのため、他にはない美しく艶やかな黒色から「烏城」と呼ばれているそうです。   実はこの松本城、外観は五重となっておりますが、内部は6階建てになっています。なぜそのような造りになっているのでしょうか? 答えは「敵の侵入を防ぐため」です。外観から内部の構造が分かりにくい設計にすることにより、攻め難い構造になっています。 その他にも階段の勾配が急な理由もこのためで、このような造りは日本の城ではよく取り入られています。   長野県には歴史的な建築や文化が数多く残っております。これから11月にかけて紅葉も見頃になって参りますので、ぜひ長野へ観光にお越しくださいませ。

  • 0

  • 0

  • 1