仲介会員権動向|東急ハーヴェストクラブ|東急不動産の会員制リゾートホテル

仲介会員権動向について仲介会員権動向について

ハーヴェストクラブ仲介会員権 今月の動向

速報! 2018年6月の動向 「東急ハーヴェストクラブ」仲介会員権

直近の取引件数上位ランキングや、取引動向など、ハーヴェストクラブの最新流通情報をレポートいたします。

6月取引件数 上位ランキング
またもや多くの施設がランクイン

夏休みシーズンを間近に控える6月は、先々月(2018年4月)と同じように、多くの物件が取引数を競い合うようなランキング結果となりました。
3位も続いて5物件とかなり多くなってしまったため、今回は2位までのご紹介です。

先月1位、2位だった「旧軽井沢」、「箱根甲子園」は今月同率1位と、引き続き契約数を伸ばしておりますが、依然売り物件も少ないため、登録制でのご案内となっております。

天城高原」は昨年9月以来のランクイン。高原リゾートということで、夏の需要が多い物件で、昨年も同じ6月にランクインしておりました。

売り物件の総数については、2ヶ月連続の対前月比マイナスとなりました。
勝浦」は登録制解除となりましたが、夏の高原と海を代表する「蓼科」「勝浦」は物件が少ない状況が続いています。

はじめにも記載しましたが、もうすぐ夏休みシーズン。
夏に利用された方がご検討を開始したりと、お問い合わせが増える時期となります。

特に今年は、7月20日に「軽井沢&VIALA」も開業ということで、これが仲介市場に何か影響を及ぼすのかどうか、注目したいところです。

価額一覧表へ

ページトップへ