仲介会員権動向|東急ハーヴェストクラブ|東急不動産の会員制リゾートホテル

仲介会員権動向について仲介会員権動向について

ハーヴェストクラブ仲介会員権 今月の動向

速報! 2017年6月の動向 「東急ハーヴェストクラブ」仲介会員権

直近の取引件数上位ランキングや、取引動向など、ハーヴェストクラブの最新流通情報をレポートいたします。

6月取引件数 上位ランキング
連続ランクイン記録は・・・

先月に引き続き、どの物件も大きな偏りがなく取引がされた月となりました。
取引物件数としても、4・5月を上回る件数となっております。

6月のランキング1位は「鬼怒川」でした。7月22日には新たな最寄り駅となる<東武ワールドスクエア駅>が開業予定となり、電車でもさらにアクセスしやすくなります。2位の「那須」は、本年10月開業となる新施設「那須Retreat」の会員募集が開始されたことで、那須全体に注目が集まったことも影響したのでは、と考えられます。
そして「熱海伊豆山」は3位にランクイン、連続ランクイン記録が4ヶ月となりました。「天城高原」も今年1月ぶりのランクインなものの、コンスタントに売買が成立しており売り物件が減少しています。

売り物件の数につきましては、この1ヶ月で大幅に減少し、この5年間でみても1番少ない売り物件数となっております。そのため、物件によっては今後、仲介価格が上がっていくことも予想されます。VIALA箱根翡翠が登録制に、天城高原熱海伊豆山という先月取引数にランクインした2物件も新たに登録制となってしまいました。
この状況が続きそうなのか、また来月の動向でご報告させていただきますね。

価額一覧表へ

ページトップへ