仲介会員権動向|東急ハーヴェストクラブ|東急不動産の会員制リゾートホテル

仲介会員権動向について仲介会員権動向について

ハーヴェストクラブ仲介会員権 今月の動向

速報! 2019年8月の動向 「東急ハーヴェストクラブ」仲介会員権

直近の取引件数上位ランキングや、取引動向など、ハーヴェストクラブの最新流通情報をレポートいたします。

8月取引件数 上位ランキング
高原リゾートが伸長傾向

新規販売では、軽井沢&VIALAが申込完売となったこの8月、仲介市場の動きはどうだったでしょうか?

気づけば1位と2位の箱根甲子園・那須はすっかりおなじみの顔ぶれ、4月から8月までの5ヶ月で、それぞれ4回ずつランクインをしております。

また、蓼科アネックスは4月ぶりのランクイン。標高1,300mの広大なリゾートタウン内でゴルフやテニス、バーベキューなど夏休みを満喫された方も多かったのではないでしょうか。

また、3施設とも高原リゾートということで、夏らしい結果となりましたね。

売り物件の総数について、今月は増加傾向となりました。「この夏使って売却と決めていた」というお声もいただいており、こちらも少し季節性が出たかもしれません。

一方で先月まで3か月連続ランクインの伊東は、取引も多かったため現在登録制となっております。

さて、10月からは消費税改定が予定されている関係で、「どれくらい総額が上がるのか?」というようなご質問もちらほらいただいております。
取引価格全額に消費税がかかると思われがちですが、実際は仲介手数料や名義書換料など、消費税のかかる一部のところが2%プラスとなります。

詳しくご興味ある方は、ぜひ営業担当へお気軽にお問い合わせください。

価額一覧表へ

ページトップへ