仲介会員権動向|東急ハーヴェストクラブ|東急不動産の会員制リゾートホテル

仲介会員権動向について仲介会員権動向について

ハーヴェストクラブ仲介会員権 今月の動向

速報! 2018年1月の動向 「東急ハーヴェストクラブ」仲介会員権

直近の取引件数上位ランキングや、取引動向など、ハーヴェストクラブの最新流通情報をレポートいたします。

1月取引件数 上位ランキング
2018年3物件は相変わらずランクイン

年始ということで、例年通りお問合せの多い月となりました。

今月は比較的、高額物件に取引が集中した月でした。
ランキングでは、那須熱海伊豆山有馬六彩の3ヶ月連続の登場となり、この下半期は継続して活発な取引がされていることが分かります。
VIALA annex京都鷹峯はVIALAシリーズとして久々のランクインです。京都鷹峯(ハーヴェスト)も4位と、京都の取引も堅調といえるでしょう。

また、この時期でもお出かけしやすい、伊東勝浦箱根などのご見学のご希望を多くいただいている状況です。この動きが今後のランキングに反映されていくかもしれませんね。

売り物件の総数は2月連続の微減から、ようやく微増となりました。また、先月は登録制だった有馬六彩熱海伊豆山は揃って登録制解除となっております。
お待たせせずにご入会が出来るようになったので、今後お問合せや取引数が伸びていくことも考えられますが、そのためにまた売り物件が少なくなる、という可能性もございます。

厳しい寒さが続いておりますが、予約のできる2ヶ月先はもう4月。グリーンシーズンを見据えたご検討もぜひご相談ください。

価額一覧表へ

ページトップへ