仲介会員権動向|東急ハーヴェストクラブ|東急不動産の会員制リゾートホテル

仲介会員権動向について仲介会員権動向について

ハーヴェストクラブ仲介会員権 今月の動向

速報! 2019年12月の動向 「東急ハーヴェストクラブ」仲介会員権

直近の取引件数上位ランキングや、取引動向など、ハーヴェストクラブの最新流通情報をレポートいたします。

12月取引件数 上位ランキング
軽井沢の需要が拡大

1位は旧軽井沢。11月に仲介取引を開始した軽井沢も3位と、軽井沢の需要が伸びた月になりました。
夏の印象の強い軽井沢ですが、スキー・スケートなどのウインタースポーツをはじめ、冬もお楽しみいただける方も多いのではないでしょうか。

2位には登録制ながら今月も件数を伸ばした箱根甲子園に加え、勝浦・山中湖がランクイン。
勝浦は冬も比較的温暖にお過ごしいただけますし、山中湖のこの時期は、美しい富士山を望むことのできるシーズンですので、どちらもおすすめの施設です。

夏ごろから伊東と箱根甲子園の取引の多さは目立つのですが、それ以外は月替わりで色々な施設がランクインしています。

売り物件の総数は、先月までの3ヶ月連続減少の反動を受けてか、今月はその3ヶ月前の水準まで件数を戻しました。
ちょうど今週より、箱根甲子園と伊東の登録制も解除となり、登録制の物件は4物件と、最近にしては少ない状況です。
しかし状況によってはまた登録制に、ということも充分考えられます。

年明けから半月ほどたちますが、今年のグリーンシーズンや夏に向けて、少しずつお問い合わせが増えている印象ですので、気になる物件がございましたらぜひお声がけください。

価額一覧表へ

ページトップへ