エクスペリエンス

京北の古刹「常照皇寺」 周辺情報

京都市内から国道162号線を北へ紅葉の名所・高雄を越えさらに先に以前は京北町という自治体だった山間の地域があります。
室町・南北朝時代に北朝の光厳上皇により開かれた臨済宗の寺院で、
庭園が素敵なお寺です。

境内には国指定の天然記念物「九重桜」・御所から枝分けされた「左近の桜」・方丈前の一重と八重が一枝に咲く「御車返しの桜」の名木があります。
この3本は一度には咲かない為、少し時期をずらすことで違った景色を味わうことができます。

また、秋は庭園の紅葉も美しいので、都会の喧騒から離れた地で穏やかに里の四季の顔を観賞できることと思われます。


≪DATA≫
 大雄名山万寿常照皇寺
  住所:京都府京都市右京区京北井戸町字丸山14-6
  TEL:075-853-0003
  拝観時間:午前9時~午後4時(閉門)
  ACCESS:京都市内から西日本ジェイアールバス 周山行きで終点の周山(しゅうざん)で下車
      周山から京北ふるさとバス小塩・灰屋行きにお乗り換え
      「山国御陵前」下車 山門まで徒歩5分弱
      ※本数が少なくなっておりますのでご注意ください
       なお、4月1日~11日は臨時バスの運行もございます(2021年3月30日現在)

HVC施設 京都鷹峯、VIALA annex 京都鷹峯
カテゴリー 花のみどころ、景勝地・絶景スポット、歴史・文化に触れる
時期 通年