スタッフがお届けする現地ブログ

VIALA箱根翡翠 レストラン 稲葉 のブログ一覧

VIALA箱根翡翠

2021/09/21

染まる季節

皆様こんにちは。 唇の乾燥が始まりました。レストラン稲葉です。 自分の唇を守れるのは自分だけ。ケアは怠りません。 夏が終わり、涼しい風が入り込んできました。 季節はいつの間にか「秋」に差し掛かろうとしています。   すなわち、今年の半分が終わりました。 皆様は覚えていますか?   「今年の目標」を。   私は掲げた目標を忘れたまま、このブログを書いています。 何か私の目標に心当たりのあるからは、ぜひご連絡ください。 それらしい目標を正解にします。大喜利会場はこちらです。 「秋」と言われて何が思い浮かぶでしょうか。 「食」、「芸術」、「読書」など様々あります。 私は勿論「食」です。 と、言いたいところですが、今回は「景色の秋」などいかがでしょうか。 写真は去年のものですが、 毎年この時期になると紅葉が道を染め上げていきます。 一歩外に出ればそこは秋。 茜色に染まった景色をお楽しみいただけます。 歩くだけで秋を堪能出来るのは得した気分になりますね。 そこが魅力かもしれません。   紅葉が彩る、箱根の秋をお楽しみください。 

  • 112

  • 209

VIALA箱根翡翠

2021/07/22

夏を告げる、空のシグナル。

皆様こんにちは。 この顔と名前にピンときたら「いいね」をお願いします。 レストラン稲葉です。 お気づきの方もいらっしゃるでしょう。 そうです。ブログの仕様が大きく変わりました。 特筆すべきなのは「閲覧数」と「いいね」でしょうか。 「閲覧数」が見れることで、普段は何も言ってくれないあの子も、 「見てくれているんだ!」という 私の中の安心感が増すようになりました。 「いいね」を使うことで、「ブログ見てます!」と言えなかったあの子も、 陰ながら応援することが可能となり、私の中のモチベーションが上がることに繋がりました。 ぜひご活用くださいませ。 梅雨の夏休みが始まり、本格的な夏の到来を予感させる暑さを日々感じます。 今までの雨や湿気はどこへやら。 曇り空を切り裂くような飛行機雲に、見惚れてしまいました。 空の青さと、自然が織りなすコントラス。 今年の夏が始まった合図なのかもしれませんね。 夏といえば、やはり虫取りでしょうか。 虫や昆虫を怖がらない子供達を羨ましく思えるのは、私が大人になったということかもしれません。 しかし、まだまだ負けてはいられません。 半袖短パン、虫かご、虫あみ、麦わら帽子のファッション対決なら自信があります。 ぜひ、お手合わせお願いします。 外出時は、熱中症対策はお忘れなく。 箱根は、都内と比べると比較的涼しいと感じますが、油断は禁物です。 因みに、私はすでにこの暑さでバテ始めています。 夏始まりは、汗が流れ始める合図でもあります。 まだ7月だというのにこの汗の量。 8月になったら私は原型を留めておくことが困難になると思われます。 溶けていく私は、ぜひイチゴシロップでお召し上がりください。 安全と味は保証しません。また、練乳の貸し出しはお断りしております。 暑さ対策を忘れずに、快適な夏をお楽しみください。 夏が来るたび、今年は何をしようかと考えてしまいますね。 あの頃の夏は戻りませんが、今年の夏はやって来ます。 昔の自分に自慢出来るような「熱い」思い出を作ってみませんか。 今だけの夏をお楽しみくださいませ。

  • 49

  • 348

VIALA箱根翡翠

2021/05/18

甘い誘惑、取引の香り

皆様、こんにちは。 おでこ地方にて、汗の梅雨入りが発表されました。レストラン稲葉です。 自分自身によると、例年より早い梅雨入りのようです。 失礼、ハンカチを用意させて頂きます。 5月に入ったばかりだと言うのに、箱根でも蒸し暑い日が続きます。いかがお過ごしでしょうか。 今回もブログを始めていこうと思うのですが、その前に。 皆様、少し違和感を感じませんか? いつも通りのブログ、変わらない導入、しかしそこに潜む違和感。 私はその正体を知っています。 「ブログの更新が早すぎる。」 前回のブログで更新未定と言っておきながら、まさかの半月でブログを更新。 何かがあったに違いない。私は記憶を巡らせます。 「新入社員のブログが始まるので、少し早いですがブログの更新をお願いします。ドーナツ奢るんで。」 この取引が全ての始まりでした。 後輩の中では、私が食べ物あげてれば動くちょろい奴、という認識なのでしょうか。 ここはやはり、認識を改める意味も込めて断ることも大切なはずです。 そう思い、横に振るはずだった私の首は、いつの間にか縦に振られていました。 食欲は意思にも勝る、それが証明されてしまったのです。 皆様、こんにちは。食べ物あげれば動くちょろい先輩です。 ドーナツで首輪をされた男の哀れなブログをご覧ください。 きっと今頃ドーナツの穴からこちらを観察しているでしょう。早く食べさせなさい。 しかし、取引を受けてしまったからには、先輩という緩衝材として後輩を導いてみせます。 ですが、私はプチプチではありません。 どちらかと言うならムチムチです。 どの部位が?という質問は野暮でございます。 あえて言うなら、全てを受け入れる私の心が緩衝材なのかもしれませんね。 ありがとうございました。 新入社員が入社し、早一ヶ月が過ぎようとしています。 慌ただしいGWが終わり、レストランも落ち着きつつあります。 初めて経験する繁忙期にも関わらず、しっかりと自分の仕事をこなしてくれた後輩達には感謝の気持ちで一杯です。 私が入社した頃と比べても凄まじい成長速度です。 しかし、本当に怖いのはこれからです。 数ヶ月もすれば仕事にも慣れ、徐々に私への呼び方が雑になることは間違いないでしょう。 入社した時は「稲葉さーん」と呼ばれていたのが、「稲葉さぁん!?」に変わる日もそう遠くありません。 「!?」マークは成長の証。時の流れには逆らえません。嬉しいながらも耳が痛くなる日を待ち続けます。 レストランご利用の際にはぜひ、声をかけてあげてください。新鮮な笑顔が皆様をお待ちしております。 因みに、例のドーナツは『まだ』渡されていません。 写真は衝動を抑えきれずにコンビニまで走り、手を出そうとしている様子です。 やはり甘いもの食べた後は筆が捗りますね。 次回の内容は、これからいただくドーナツを食べた後に考えましょうか。 執筆は甘味の後で。それでは。

  • 3

  • 56

  • 1