勝浦

お知らせ

【2018年04月15日掲載】『GWブッフェ』のご案内 4/29、30 5/1、2日はさらにお得!!

期間 期間  2018年4月28日(土) ~ 2018年5月6日(日)
場所 1階レストラン「ラ・ジュール」

期間中はGWブッフェを毎日営業します。(予約制)
大人 4,860円
70歳以上 3,780円
7~12歳 2,700円
4~6歳 1,620円

※4/29、30 5/1、2日 4日間限定でメインディッシュにズワイ蟹を提供致します。数に限りがございますのでお早めにご予約下さい。

【2018年04月03日掲載】今年も開催!SUP(スタンドアップパドルボード)海上散歩

時間 時間 12:50 ~ 16:00
場所 勝浦市

流行のSUP(スタンドアップパドルボード)のイベントを今年も開催します。
大海原を浮力のあるボードに乗ってスーイスイと進む快感は、一度経験したらやみつきになるほど。
運動神経など関係無く、老若男女どなたでも楽しめるスポーツです。
ぜひ一度体験してみてください。

12:50ホテル出発~16:00ホテル帰着予定

【開催日】
2018年4月21日(土)
2018年5月26日(土)
2018年6月23日(土)
2018年7月14日(土)
2018年8月25日(土)
2018年9月22日(土)
2018年10月6日(土)

※ホテル~目的地間はホテルの車にて無料送迎いたします

【2018年02月02日掲載】大好評♪『かずさ和牛ステーキ膳』継続販売中です

場所 2階レストラン『旬彩』

~ご好評につき、通年販売決定~
房総の銘柄牛「かずさ和牛」150gのステーキのほかに
お刺身やお食事、水菓子がつた和洋スタイルの人気のコースです。
料金:かずさ和牛ステーキ膳 6,912円
1泊2食付プラン 11,900円
※数量限定販売となります
※当日の16時までの予約制

【2018年03月01日掲載】3階大浴場温泉導入と入湯税のお知らせ(2018/3/1~)

期間 期間  2018年3月1日(木) ~

2018年3月1日よりホテル3階の大浴場を温泉化いたしました。
それに伴い2018年3月1日よりお一人様1泊に付き150円の入湯税が課税されます。

※入湯税は、かつうらビッグひな祭りや若潮まつりなどの観光振興、ごみ焼却施設改修事業などの環境衛生施設の整備、消防車両等購入事業などの消防施設等の整備といった目的で使用されています。

※12才未満のお客様は免税となります。

【2018年02月25日掲載】新入荷ワインのご紹介

ソムリエの諸田より、今回は新しくグラス販売も行なう2種類のワインをご紹介させて頂きます。

赤ワインは以前にもグラス販売していたカリフォルニアの「アイアンストーン ジンファンデル」がフルボディーの重厚な赤をお好みの方たちのリクエストにお応えしてグラス販売に復活いたします。

黒ブドウの「ジンファンデル」はクロアチアが原産で、昔はフランスを初め、ヨーロッパでも多く作られていたブドウではありましたが、最近ではイタリアで同じブドウですが「プリミティーヴォ」という名前で栽培されている程度でヨーロッパではあまり見ることがありません。
しかしカリフォルニアでは大変メジャーな品種です。
比較的早く熟しやすく色が濃く、スパイシーな味わいで栽培面積は「カベルネ・ソーヴィニヨン」に次いで2番目の栽培面積を誇ります。

この「早く熟す」ということがワイン造りにはとっても大切で、ワインブドウはイメージとして水々しいよりも少し干しブドウのように乾燥したものの方がブドウ自体の糖度が上がり良いとされています。
ですので収穫時期に大雨が降るとせっかく乾いたブドウが見慣れた巨峰のようなブドウに戻ってしまってワインも水っぽくなってしまいます。

だから栽培する上で、「早く熟す」ということは「大雨に振られる可能性が低くなる」ということなのでさらには「良いワインが安定してできる」となるので栽培農家にとても重宝されるブドウです。
味わいもとてもおすすめの1本で、以前に某大手商社でワインを輸入するインポーターのお仕事をされていた方がいらっしゃったときに「この価格でこんな美味しいジンファンデルは飲んだことがない」と2本も飲んで行かれました(笑)

普段フルボトルでは多すぎるという方もこの機会に是非とも「ジンファンデル」をお試しください。


お次の白ワインはニュージーランドのマールボロ地区のワインです。

まだまだ馴染みの薄いニュージーランドワインですが、それもそのはずで有名になったのはここ10年ほど。それ以前は日本にはほとんど入ってきておりませんでした。
というよりも世界に輸出されるワインはほとんどなく、国内で消費される安ワインのイメージしかなかったニュージーランドですが、近年のワインコンクールではお隣のオーストラリアと共に受賞される常連国となっております。

昔から「ワインは歴史も格式もあるヨーロッパにはかなわない」ことが常識とされておりましたが、1976年にカリフォルニアワインがフランスの超一流ワイン達に味で勝ってしまうという事件(パリスの審判)が起きて以来、地球の反対側で半年ずれてヨーロッパに良く似た気候のニュージーランドに注目が集まっています。
ヨーロッパの有名な醸造家たちもたくさん移り住んで素晴らしいワインが造られています。

そんなニュージーランドで最も古いワイナリー「ミッション エステート」のワインをとある食品会社が売り込みに参りまして、持ってきたのは3本。
赤ワインのピノ・ノワールと白ワインのニュージーランドを代表するソーヴィニヨン・ブランとピノ・グリでした。

もう一人のソムリエの黒田副支配人と試飲してみた結果、今回選んだピノ・グリが大変素晴らしい出来だったのでこちらをチョイスしました。

余談ですが、よくブドウの名前で使われる「ピノ」は「松ぼっくり」のことでブドウの房が松ぼっくりに似ていることからブドウの名前によくこの「ピノ」ということが使われます。
そして「グリ」ですが以前のブログで書かせて頂いたときに少し触れましたが白ブドウはマスカットのような白というより多くは灰色だったりピンク色だったりします。
グリは英語でグレーのことで、つまり「グレーの松ぼっくり」という意味のブドウです。

外観の特徴は白にしてはやや濃い黄金色で香りはトロピカルフルーツやアプリコットの香り、味わいは糖度が高いので酸味が少なく、マイルドでコクのある味わいです。
しかしながらこちらの「ミッション エステート」は後味がスッキリしていて和食にもよく合います。

こちらも併せてお試しください。

価格は共に
グラス(120ml) ¥972
デキャンタ(375ml)  ¥2,808
ボトル(750ml)  ¥5,400

  • 1