スタッフがお届けする現地ブログ

箱根明神平 フロント&レストラン 山田真実 のブログ一覧

箱根明神平

2022/12/01

明神平のお料理帖vol.14 ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。山田です。 寒さでお布団から出るのが厳しい 箱根から、本日は冬が美味しい お魚料理のご紹介です!   ●第十四回(12月):樂・焼物 鰤照焼   濃口醤油、酒、味醂で下味をつけた鰤(ブリ)に 焼いて臭みをとった頭と中骨を調味料に漬けた たれをかけ焼きしたお料理です。 鰤の旨味を余すところなく使用した、 香ばしい逸品でございます。   鰤といえば出世魚が連想されますが、 その名称が関東地方と関西地方で 異なる事はご存知でしょうか? 成長の段階で以下のように違いが生まれます↓  関東:モジャコ→ワカシ→イナダ         →ワラサ→ブリ  関西:モジャコ→ワカナ→ツバス         →ハマチ→メジロ→ブリ   大きさによって異なるようですが、 その他の地域でもさらに呼び方が 異なる場合があるそうです。 同じ魚でも地域によってここまで違いが あるとは驚きですね…!   12月の樂会席では、ほどよく脂がのった鰤を 丁寧に焼き上げてご提供します。 この機会にぜひご賞味ください。     会席・樂 9,075円(税込)   皆様のご利用を、心より お待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/11/22

明神平のお料理帖vol.13 ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。山田です。 冬の足音がすぐ近くに迫る今日この頃ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか? 本日は旬彩から、こだわりの逸品を ご紹介いたします!     ●第十三回(12月):雅・旬彩 千枚蕪小袖寿司   海老を乗せて棒状に長く成形した お寿司の上に、千枚蕪の漬物を巻いた 小袖寿司です。   さて、旬彩で提供するお寿司には、 大きく3種類ございます。簡単に ご紹介しますと、以下のようになります↓  ・小袖寿司…着物の袖をかたどったお寿司  ・手毬寿司…一口サイズのお寿司。別名:京寿司  ・棒寿司…細長い木枠にすし飯と具を重ね入れ、       押して作ったお寿司   毎月必ずと言ってよいほど 旬彩のラインナップに登場するお寿司は、 小さく可愛らしい大きさながら、 お米と具材の味わいをしっかりと 感じていただけるひと品でございます。   雅会席の旬彩は、多彩なお料理を 少しずつお楽しみいただけるように ご用意しております。 ご利用の際は、お気に入りの逸品を 見つけていただくのも 楽しいかもしれません(#^^#)   会席・雅 12,100円(税込)   皆様のご利用を、心より お待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/11/03

明神平のお料理帖vol.12 ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。山田です。 箱根は秋晴れの日が続いておりますが、 皆様いかがお過ごしでしょうか?   本日は、明神平で味わう秋の甘味の ご案内でございます!   ●第十二回(11月):雅/樂・甘味  洋梨コンポートと栗羊羹   白ワインと砂糖で煮た洋梨のコンポートと、 栗の渋皮煮を使ったこしあんの羊羹です。 和と洋のやさしい甘さが嬉しい、 明神平の秋スイーツといえます。   ところで皆様、「羊羹」の漢字に、なぜ 「羊」という字が使われているか、疑問に 思った経験はございませんでしょうか? これには、ある国が関係しているようです。   ■会席ひとくち豆知識: 羊のスープがスイーツに⁉   羊羹は和菓子の定番ですが、かつては中国に伝わる 羊のお肉を煮込んだ羹(あつもの=スープ)でした。 冷えるとゼラチンが固まり、煮凝りのように なったものが原型と言われています。 日本には鎌倉~室町時代に やってきますが、日本の禅宗では肉食が禁止で あったため、羊肉を小豆に見立てたのが 羊羹のはじまりと言われております。   いかがでしたでしょうか? 現在の羊羹とはあまりにかけ離れたイメージ かもしれませんね…。日本独自のものと 思われるものでも、実は外国の影響を受けた お料理は意外とたくさんあるものです。 この機会にぜひとも、こちらの エピソードに思いをはせながら 秋の甘味をお召し上がりいただけますと 幸いでございます。   会席・雅 12,100円(税込) 会席・樂 9,075円(税込)   皆様のご利用を、心より お待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/10/24

明神平のお料理帖vol.11  ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。山田です。   私は先日、とうとう電気スト―ブに 手を出してしまいました…。 箱根は日に日に寒くなっています。 皆様もご来館の際は、暖かい服装で お越しくださいませ。   ●第十三回(11月):雅・炊物 聖護院蕪蟹餡掛け   京野菜のひとつ、聖護院(しょうごいん)蕪を 鰹出汁、昆布、水、八正醤油、砂糖で 炊き、こちらの煮汁と蟹の身を合わせて 餡を作ります。 汲み湯葉や里芋など、他の食材とともに 餡を絡めていただく、寒い季節に ぴったりの逸品でございます。   本日の主役は聖護院蕪!…ではなく、 八正(はちまさ)醤油です。 私たちのよく知るお醤油より、 色が薄いのが特徴ですが、味や香りは お料理に使うのに申し分ない働きです。   では、どのような場面でこの 八正醤油が登場するのでしょう…? それは食材の「色」に関係しております。 通常の醤油を使うと、食材の色が濃く なりすぎてしまう…という時、 八正醤油であれば、食材本来の色を残したまま、 しっかり味をつけられるのです。   今回は聖護院蕪や里芋の色を残すため、 この八正醤油が登場しております。 当館でお食事をご予約の際は、 このような縁の下の力持ちにも 思いをはせていただけましたら 幸いでございます。   会席・雅 12,100円(税込)   皆様のご利用を、心より お待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/10/08

明神平のお料理帖vol.10  ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。 先日とうとう布団を冬用に変えました、 山田です。   10月ですが、箱根はすでに日中でも寒さを 感じる日が増えてまいりました。 ご来館の際は、暖かい服装で お越し下さいね(#^^#) 本日は寒い日に嬉しい、秋を感じる 御椀のご紹介です。   ●第十回(10月):樂・御椀 萩真丈 すまし仕立て   秋の七草のひとつ、萩を模した真丈です。 本来は、魚のすり身に海老、銀杏、小豆を 加えますが、今回は、人参、枝豆、小豆で 作りました。ピンク色をした萩の花は、 小豆で再現されております。   7~10月に開花の時期を迎える萩の花。 その花言葉はご存じでしょうか? 小さな花をつける事と、細くしだれた枝の様子から、 その控えめさと柔らかさが特徴の萩。 調べると、代表的な花言葉は「思案」、 「柔軟な精神」と出て参ります。 秋の穏やかな風に揺られる様子に ぴったりの花言葉であるといえます…。   いかがでしたでしょうか? 四季の美しさを食材・お料理に取り入れ、 味わいと共に見た目も楽しんでいただく のも、和食の特徴のひとつかもしれません。 当館でのお食事の際は、お料理の 見た目にも注目し、目でも楽しんで 頂けますと幸いでございます。   会席・樂 9,075円(税込)   皆様のご利用を、心より お待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/10/03

明神平の秋グルメ!10月限定会席のご案内

皆様こんにちは。山田です。   夜風が心地よい季節と なってまいりましたが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。   本日は、「箱根明神平の秋グルメ」と題し、 10月限定でご案内しております 会席料理をご紹介いたします!   【シニア会席】   通常ご提供している雅・樂会席と比べ、 ボリュームが控えめのシニア会席。 旬の食材を楽しみたい、けれど量が多いのは ちょっと…という方におすすめです。   量は控えめでも、旬の食材をふんだんに 取り入れたお料理を取り揃えております。 旬菜の秋刀魚を使った棒寿司や、 萩の花を模したすまし仕立ての御椀など、 秋を感じる彩り豊かな会席となりました。   また、シニア会席という名前では ございますが、ご年齢に関係なく ご予約いただけます。 明神平が誇る調理スタッフが 腕によりをかけてご用意する お料理の数々で、箱根の秋をより多くの皆様に 感じていただけましたら幸いでございます。   シニア会席 10,450円(税込) お得なプランもございます! ★詳細はこちら★ 皆様のご利用を、心より お待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/09/05

明神平のお料理帖vol.8  ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。山田です。   箱根では雨や曇りの日が続く今日この頃 ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日も、明神平でご賞味いただける 秋の味覚をご紹介いたします。   ●第八回(9月):雅/樂・甘味 蟻の実コンポート   和梨を白ワイン、水、砂糖で煮たシンプルな逸品。 梨本来の甘みと白ワインのほのかな香りが、 和会席の最後を上品に締めくくります。   こちら、メニューの表記は「蟻の実」と なっておりますが、なぜでしょうか…?   ■会席ひとくち豆知識:ありのみ?なしのみ?   「蟻の実」とは梨の異称です。その昔、縁起をかついだ 人々が、祝いの席で「梨」と言うと「無し」とも 意味がとれてしまうため、反対の「有り」と あてたことから、こう呼ばれるようになりました。   当館のレストラン「夢路」では、虫の「蟻」の字を 用いておりますが、これは蟻が寄ってくるほど 甘いからという意味があるのだとか…。   いかがでしたでしょうか? 以前紹介した「利休」のように、忌み言葉を 避けてポジティブな表現にあたるようにと、 和食の世界では工夫が見られます。 このような表現に触れながら お食事をお楽しみいただくのも また一興ではないでしょうか。     会席・雅 11,000円(税込) 会席・樂 8,250円(税込)   皆様のご利用を、心より お待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/08/28

明神平のお料理帖vol.7  ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。フロント・ レストランの山田です。   残暑が厳しい日々が続いておりますが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日は、秋の訪れを感じる あのお料理のご紹介です(*^^*)   ●第七回(9月):雅・御椀 土瓶蒸し   今年も明神平に、土瓶蒸しの季節が やってまいりました。 松茸や銀杏といった秋の味覚の他に、 鱧、海老などを合わせ、 「夢路」こだわりの出汁と共に いただくお料理です   さて、こちらの土瓶蒸しですが、 食べ方に順番があるのはご存知でしょうか? 本日はより美味しく召し上がっていただける様、 その一例をご紹介いたします。   1、お猪口に出汁を注ぎ、出汁本来の香りを楽しむ 2、土瓶に酢橘を絞り、約5秒蒸らす 3、再度お猪口に出汁を注ぎ、香りを楽しむ 4、具材をそのままいただく 5、③と④を繰り返す 6、食べ終わったら土瓶の蓋を閉める   いかがでしたでしょうか? この6ステップはあくまで一例でございます。 お客様それぞれの楽しみ方で、 この時期限定の味覚を味わっていただけましたら 幸いでございます。   会席・雅 11,000円(税込)   皆様のご利用を 心よりお待ちしております。

  • 0

  • 0

箱根明神平

2022/08/04

明神平のお料理帖vol.6  ~会席紹介ブログ~

皆様こんにちは。フロント・ レストランの山田です。   先日、「ただいま日和を見て樂会席を予約 しました」とおっしゃるお客様に お会いし、当ブログをお読みいただいて いることを実感して大変嬉しくなりました! 今回も当館自慢の会席のご紹介を、はりきって させていただきます(*^^*)   ●第六回(8月):雅/樂・甘味 玉蜀黍プリン   玉蜀黍(とうもろこし)のペーストに、 砂糖、牛乳、生クリーム、全卵、卵黄を 合わせ、蒸し器で固めたプリンでございます。 夏の味覚であるとうもろこしの甘さを存分に 引き出した逸品となっております。   とうもろこしは、粒の食感が楽しい お野菜ですが、粒の数とひげの本数には ある関係性がありました…。   ■会席ひとくち豆知識:粒の数=ひげの数?   とうもろこしのひげは絹糸(けんし)といって、 雌花にあたります。こちらと雄花の花粉が 落ちてくることによって受粉するのですが、 絹糸は粒のひとつひとつから伸びているため、 粒の数とひげの数が同じになるのです。     いかがでしたでしょうか? 他にも、とうもろこしは生長の過程で細胞が 二つに分裂するため、粒列が必ず偶数になる など、興味深い特徴をもつお野菜で あることがわかりました!   当館でお食事をご利用の際は、 食材ひとつひとつの特徴に目を向け ながらお楽しみいただけますと 幸いでございます。   会席・雅 11,000円(税込) 会席・樂 8,250円(税込)   皆様のご利用を 心よりお待ちしております。

  • 0

  • 0