静波海岸

エクスペリエンス

遠州七不思議「晴明塚」 周辺情報

遠州七不思議のひとつ、「清明塚」は、陰明師・安倍晴明が祈とうしたといわれる塚で、今からおよそ1000年前、この地に立ち寄った安倍晴明が、村人から津波被害の話しを聞き、清明に津波の被害から救ってくれるようにお願いしたところ、晴明が、あずき色の小石を積み上げて熱心に津波防止の祈祷を行ったところ、この村だけはなぜか津波の被害がなくなり、自然の猛威を鎮めた晴明の偉業をたたえてこの塚を祀り、「晴明塚」と呼ぶようになったと言われています。

「晴明塚」は人々の心の拠りところとなり、この塚に祈願すると疫病にもかからないと信じられるようになり、塚で祈願した後、小豆色の石1個を借りて持ち帰り、無事を報告するお礼参りの時に、石をもう1つ持参して2個にして返す、すると返した石がどんな色の石でも一夜のうちに小豆色に変わった。と言い伝えられ、遠州七不思議の1つに数えられています。実際、疫病の流行期には遠近から多数参詣者があったようです。



場所:静岡県掛川市大渕 ※ホテルから車で約40分

HVC施設 静波海岸
カテゴリー 歴史・文化に触れる
時期 通年