勝浦

エクスペリエンス

燈籠坂大師 切通しトンネル 周辺情報

「燈籠坂大師(とうろうざかだいし) 切通しトンネル」
は千葉県富津市竹岡にある、かつて弘法大師が行脚中に腰を休めたといわる
東善寺の飛地境内地です。

元々明治時代からある隧道(トンネル)を
城山(造海城)の尾根の関係で上り下りが急であったため
昭和初期の頃に「切り下げ工事」がなされ現在の形になりました。
横幅は車1台分くらいですが、高さは15m近くあります。

また、その特徴的な作り方から出来たトンネルは、見た目がきれいな長方形をしており
このトンネルを写真で収めると、形と明暗の具合でどこか幻想的ものになることから
インターネット上で話題を集め、現在注目のスポットとなりつつあります。

HVC施設 勝浦
カテゴリー 景勝地・絶景スポット、歴史・文化に触れる
時期 通年
施設URL http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000606.html