箱根明神平

エクスペリエンス

古稀庵 周辺情報

古稀庵は、明治の元勲・山縣有朋(首相、枢密院議長、陸軍元帥)が、明治40年(1907)、70歳のときに構えた別荘です。
相模湾と箱根山を借景し築造された古稀庵は、有朋の所有であった目白椿山荘・京都無隣庵とともに、近代日本庭園の傑作といわれています。
庭内を流れる水は、山縣水源池に貯められた水を使っていました。
これは山縣が個人水道として荻窪用水から取水したもので、その総延長は1860mにも及びます。

HVC施設 箱根明神平、箱根甲子園、VIALA箱根翡翠
カテゴリー 景勝地・絶景スポット、歴史・文化に触れる
時期 通年
施設名 古稀庵
施設URL http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/corridor/villa/p10007.html