VIALA箱根翡翠

エクスペリエンス

岡田美術館 周辺情報

清らかな山河をめぐって20もの温泉街が集まる国際的観光地・箱根。その一つ、小涌谷(こわくだに)温泉は、湯本駅から芦ノ湖に通じる国道一号線の半ばに位置しています。


2013年秋、東洋の美の結晶が一堂に会する大きな美術館が、ここに誕生しました。
小涌谷は、江戸時代、小地獄と呼ばれ、噴煙上る荒野でした。この地が生まれ変わったのは明治10年代のこと。実業家たちによって温泉場が開かれ、風情ある旅館やホテルが建造されるようになったのです。
美術館は、明治時代に存在した欧米人向けのホテル「開化亭」の跡地(約6,300m2)に建設。全5階から成る建物の延べ床面積は約7,700m2で、展示面積は約5,000m2にも及びます。この広い会場に、日本・中国・韓国を中心とする古代から現代までの美術品が展示されています。

古くから日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。そして、日本とアジアの文化を世界に発信し、広く文化の創造に貢献することを使命としています。

HVC施設 箱根明神平、箱根甲子園、VIALA箱根翡翠
カテゴリー ミュージアム情報、インドアで遊ぶ・雨の日におすすめ
時期 通年
施設名 岡田美術館