仲介会員権動向|東急ハーヴェストクラブ|東急不動産の会員制リゾートホテル

仲介会員権動向について仲介会員権動向について

ハーヴェストクラブ仲介会員権 今月の動向

速報! 2017年2月の動向 「東急ハーヴェストクラブ」仲介会員権

直近の取引件数上位ランキングや、取引動向など、ハーヴェストクラブの最新流通情報をレポートいたします。

2月取引件数 上位ランキング
取引件数は例年同様、1月より伸長。仲介売り在庫は減少傾向。

取引件数は前月比118%と、前月に比べ例年同様の上昇実績となりました。今月は200万円台以下の施設の取引数が、前月の約2倍と多く取引されていました。

ランキング1位の「熱海伊豆山」700万円台、2位の「鬼怒川」100万円台、3位の「京都鷹峯」600万円台、「那須」400万円台と、やはり幅広い価格帯にて引き合いがあります。 ランキング上位がすべて“露天風呂付温泉大浴場有り”の施設となりました。これは季節的嗜好もあるかもしれませんね。 また、ご紹介可能となった「VIALA箱根翡翠」は先月よりも取引が増え、1,100万円台で流通いたしました。

以上のように取引数も多い状況が続いているため、仲介売り在庫としては目減り傾向にあります。 このままの状況が続くと、今後、ご案内にお時間がかかってしまう物件も増えてくる可能性がありますので、ご入会検討の方は少し早目のお問い合せをお勧めいたします。

価額一覧表へ

レポート記事一覧

ページトップへ